サンデー明日はマンデー

2502181.jpg
ワタルは昨日から、 処方食とお薬で、 ちょっと調子がよいみたい。


2502182.jpg
お味もよろしいようで、 お薬混ぜても、 ぺろっと食べてくれる。



**


2502183.jpg
シャッターチャンスの、 お二人(猫)さん。


2502184.jpg
グリちゃんと、 エモン、 共にチビ体型。


2502185.jpg
あっち向いて、


2502186.jpg
そっち向いて、


2502187.jpg
仲良しですね~。


2502188.jpg
誰とも仲良くない、 テイちゃん。

昨日は、 ワタルといっしょにクリニック行って、 ついでながら定期ワクチンを。


2502189.jpg
大泣きしました~。



ワタルの膀胱炎とか


すっかり台所で寝るのが定番の、 ワタル。

どうやら、 またまた膀胱炎のようだ。

10歳過ぎたころから、 定期的に膀胱炎になってしまう。


2302183.jpg
スープとか、 水分をたくさん与えて、 良くなることもあるのだが、

今回は微妙。

クリニックに連れていくのは、 いいのだが、 薬を飲ませるのが、

ぴか一に難しいから、 その戦いで、 エネルギーを消耗してしまうのが怖いのだ。

食欲もあって、 ご飯もスープも、 良く食べる。

おPっこの量も出てるのだが、 気持ち悪いらしい。


2302182.jpg
明日、 クリニックかな~

サダの足もぱっとしないし、、

クリニックに連れていっても、 それ自体がパッとしないのが、 一番の憂鬱じゃわい。



**


2302186.jpg
怖がりダイちゃん。

水の業者が来ただけで、 夕飯食べれないほど、 ひきこもる。

なんかトラウマあるんでしょうね。



**


2302184.jpg
玄関横で寝る、 キー坊。

ご飯を持っていないおばちゃんは、 まだ怖い。


2302185.jpg
そろそろ来週、 とっ捕まえてみたいのだ。




困ったオマケ

2102181.jpg
いつものごと大量に猫フードを買ったら、 オマケをくれるという。

えらく待たされて、 ワンちゃんのウンP袋と、 このベタ(魚)を渡される。

いや、 待てよ、 困るでしょ。

こんな大量にキャットフード買ってる客に、 魚はどうよ!?


2102182.jpg
お断りしようと思ったけど、 ベタはもうビニール袋に入れられていて、

しょうがないので、 餌を買って、 持ち帰ることとなった。


2102183.jpg
青色のベタ。

ベタは観賞魚の中でも、 ブクブクなど使わずに飼える、 お手軽なお魚。

コードネームは、 ヒサオ。


2102184.jpg
猫sは、 ヒサオにはさほど関心がないのだが、 ヒサオの餌の香ばしさに、 夢中。


2102185.jpg
ついてくる。


2102186.jpg
ゾロゾロとついてくる。


2102187.jpg
ひいては、 ヒサオの命の保証もできないので、

ザご主人のオフィスへ、 出向の身と、 あいなったのであ~る。



実は以前にも、 ベタは居ました。

そん時は、 フミ、 ワタル、 モナ、 ヒタムだったので、 

ちょっと高い所で、 長生きしてました。


新参者と懐かしのアルバム

そして大昔、 猫に手を出す前は、 わが家は、 水族館。

毎週、 大量の水槽を洗うのが、 大変で、、

そして現在は、 大量の猫トイレを洗う、、  なんだかな~な人生いろいろです。



消えた切り身


時は、 ピョンチャン。

クールな19歳が、 ニュースに出たので、 料理の手を止めて、 見入ってしまった。

ほんの一瞬のことだ。

はぁ~カッコよすぎだぜ、 と、 台所に戻ってみると、、


1602181.jpg
あれ!? なんだこの空間は??


1602182.jpg
確かにさっき、 3つに切ったような記憶が、、


1602183.jpg
オイ! タク!

こういう事は、 だいたいタクの仕業と思っているが、

テーブルの上で、 よいよいしていたようだ。

なんだこの、 裏の方から聞こえる、 アムアム音は、、


1602184.jpg
オーマイガーの、 グリちゃんでした。


1602185.jpg
チビのグリちゃん。

この前まで、 飴玉ぐらいしか運べなかったのに、 大漁しちゃったのね。

グッパイ、 サーモン。



**


1602186.jpg
可愛く撮れた、 キー坊、 マチャルじゃないよ。

子供のうちに去勢してないので、 顔デカ男子で、 日本の猫みたい。


1602187.jpg
尻尾はマチャルより短いけど、 アライグマ風のシマシマ。

いいとこの猫さんみたいだけど、 耳や顔に外暮らしの傷が。


1602188.jpg
朝だけやってきて食べてたけど、 夕方にも飯サービスがあるとわかり、

近辺から離れなくなった、 キー坊。

ジローのたいしたことない威嚇は、 へのカッパ。




サダの足と隊員見習い


サダの後左足は常に前側に真っすぐになってて、 麻痺しているので、 動かせない。

サダはその足を利用して、 耳をゴシゴシして、 その後、 足を舐めるのはいいのだが、

感覚がないせいからか、 ひどくかじってしまう。

もう長いことそんな感じで、 傷になっていたのだが、 ひどくなってしまったので、

クリニックで化膿止めをもらって、 なるべくかじらないように、 包帯で防御。


1402182.jpg
起きてるうちはいいのだが、 寝ている間にケージの中で取れてしまって、

いまひとつ治りがぱっとしないのです。

本人は痛くもないので、 無関心ですが。



*


1402183.jpg
ボンボンが居なくなって、 サルも来たけど、 外猫もどんどん攻めてくる。

唯一の男子ジローでは、 全くもって、 役にたたないのだ。

その中の1匹、 マチャルにそっくりの、 キー坊。


1402184.jpg
この子はまだ若くて、 ボンボンが居た頃は、 外でよっちゃんやマミの尻を追いかけていた。

ボンボンが居なくなったので、 ご飯もここで食べるようになってしまった子だ。

綺麗な子なので、 子供のころは、 人にご飯をもらっていたと想像される。

もう少し慣れさせて、 うまくいけば、 去勢してあげたい。


1402185.jpg
おい、 キー坊、 お前大食いだね。

ここの飯は、 タ〇タ〇と引き換えだって、 教えてあげるよ~ン。