rumiko1
ぼやきを読んで、いっしょに切なくなってくれた方へ、心よりありがとうございます。


現在、2匹は、アパートの地下の駐車場の隅で、ヒタムのケージに入れられて無事にいます。
もう1匹は、気付くのがおそかったので残念だと思います。


私がとりみだして早合点してすみませんでした。
昨夜、真相がわかりました。


rumiko3
そのスキマの側面は、鉄枠のように見えたのですが、
換気ダクトになっていて、わずかなスキマがあったのです。
不可能に思えるそのスキマを通って、奥側に入り込んでしまったようです。


rumiko7
おそらく中から、鳴いていたでしょうが、何度もチェックしてるのに気づきませんでした。
ルミちゃん(母猫)も、最初はわからなかったので、探し回っていたのでしょう。


rumiko8
でも昨夜、懐中電灯で照らして見てたら、お手がでてきたので仰天しました。
それから、アパートのスタッフ&ヤジ馬とスッタモンだで、ダクトを破壊し救出。


rumiko4
さあ部屋にもっていけと言われるのを、ゴネ勝ちで駐車場に置いてもらいました。
シェルターの病院、そのままシェルターに入れてもらおうと、決心しましたが、、

明るいところでみた仔猫は、あまりに美しくて、又、
個人的に思い入れの深い、縞の少ない茶とらで、息が苦しいです。


rumiko5
ヒタムと違ってこれだけ美しければ、もらい手もあるかもと考えます。
まだ痛んでないので、2猫とも元気でカリカリを食べて、ウンコもトイレにしてました。
問題は、この国のアパートはペットが禁止で、とはいうものの飼っている人は(私も含めて)
居るのですが、いつまでもこの駐車場に置いておくわけには、いかないのです。
鳴き声が目立つ前に、何とかせねば。。


rumiko6
現実、わが家でこれ以上頭数を増やすのは、難しいと実感してます。
ヒタムと取り換えれば?なんてジョークも恐ろしいピョロ~です。


rumiko2
ああ~、 猫神は、おばちゃんを試している。。
しかも、、周期早すぎ。。。。
1101301
すばらしい、試合だった。
前回、川島くんのボールの抱擁時間が長すぎなどと、ほざいたことを、深くわびるのである。
ネコ界に入り浸りのおぼちゃんの頭に、すがすがしい風が流れるのである。


妄想サクセスストーリは、こうだった。
ルミちゃん(仮)3匹の母は人間に慣れているので、このまま餌付けして、
子育てが終わったところで不妊手術して現場にもどす。
子供たち(すでに2匹)も、人間慣れさせ、順次TNR.
健康状態をたもち、あわよくば良い縁を探し、だめでも地域猫にする。
明るい色の猫は、割と好かれる。


しかし現実は、雨よけ&ベッドを置いた翌朝は確認できたのに、その数時間後に全てが消滅。
あまり良いDIYを作ると人々に持っていかれることを危惧して、
古いシャワーカーテンとボロ布で仕上げたのだが、子供の目には
動く猫付きのリカちゃんハウスだったかもしれない。。
別のスキマにも何か良い物はないかと、探し回る子供たちを目撃した。
大人は、ゴミやタバコの吸い殻を、そのスキマに入れるが、
猫の存在などはどうでもよいこと。
仮に日本的金持ち人種が捨て猫を拾ったとしたら、その汚いDIYは
置き去りにされるだろう。


冷静になり恥じるのだが、子供が猫を持っていったと直感した私は、
近くのコンビニのお兄ちゃんを揺さぶり問いただしてみた。
心優しいお兄ちゃんは、怪しすぎる外国人おばさんの血のあがりようと、
何言ってるかわからない下手くそな言語にもめげず、
何色の猫なの?と問うてくれた。
最後に私は習いたての言語で「私は猫を心配している」と告げたが、
お兄ちゃんはクエスチョンマークだった。


そう、このおばさんは言語の使い方をまちがっている。
心配するというのは、家族や友人であり、火山の爆発であり、テロであり、
バスのドアに指を挟まれないようであり、狂犬病の犬にかまれないようであり、、
猫 ではない。


外にでれば、ルミちゃん(母猫)が必死の形相で仔猫を呼び探していいた。
私を見つけたルミちゃんは、走りよってきて訴えたが、つかえないと思い、
去っていった。


1101302
そして更に数時間後、消えた2匹のうちの1匹、一番弱々しかった子が、
そのスキマに戻されてた。
あまりに動かず、おもちゃとして用なしだったのか、
1匹にしなさいと親に注意されたか?
とにもかくにも、同じスキマに戻してくれたことは、感謝。


夜、ご飯と弱っちい子の簡易雨よけとして紙袋を差し入れた。
ルミちゃん(母猫)は、私を疑っているのか、ガラリと警戒心が強くなった。


1101303
自分の勝手な価値感を、押しつけてはいけない。
学校にも行けず、汚いシャツをまとい、棒きれを持って遊ぶ子供たち。
あまり良質ではないとされるキャットフードでも600円ぐらい、
35円でどこまでも乗れるバス、それも高くて乗れない多くの人々。
貧しく心やさしい少年が、自分のご飯とおかずを、ほんのちょっぴり
仔猫に与える姿をイメージしよう。


不自由な足をひきずり、目が飛び出している物乞いのおじさんにも
麻痺してゆくのに、大きなお腹をかかえた猫さんの後姿に食い入る。
まあ、おばちゃんははイカれてるのだということを自覚せねば。。

ヒタムくんよ。 
お前は黒くて良かったねぇ。
あんな道のド真ん中に1週間ころがっていても、誰も拾っていかないんだから。

rumi4
いや、 その猫さんとは、 顔見知りで、 仔猫搬送中に、 バッタリと、


rumi1
雨にあたるから、 そこは、 どうかしら? と、 注意してみたけど、

いいえ、 こちらで結構と、 その若母は、 3匹とも、 入れちゃったのね。


rumi2
風は、 さけられるけど、 やはり雨が、 吹き込む。

覗いてみると、 そこには、 ヨダレものの、 茶々とサビちゃんが・・・

ところが、 ほんの数時間の間に、


rumi3
サビちゃんが、 たぶん、 連れ去られて、、  一番、 大きかったし、、

まあ、 そんな訳で、 雨よけと、 ベッドと、 食糧を、 闇にまみれて、、


rumi5
聞いてる? フミちゃん?
1101291
すっかり、 お尻が白くなった、 ワタル。


1101292
やせて見えるが、 ちょうど良いとの、 ドクター談。


1101293
ハゲでも、 かわいい、 ナイーブな、 ワタル。 


1101297
人の心を、 読む、 ワタル。


1101295
心配すな。 ワタルが、 大すきニャ。
1101281
雨季なので、 仔猫の数も、 少ないと、 思っていたら、


1101282
ミー、 ミー、 ミーが、 団子に、 なっていた。。。


1101283
そして、 この娘は、 朝から、 みつあみを、 せがむ、、、

ヒタム登場以来、 少しお姉さんになったかと、 思いきや、

子供がえり、 真っ最中なので、 ある。。

2011.01.26 心配ごと
1101261
ワクチン打って、 2週間。 ヒタムに、 しこりが、 できた。


1101262
しこりには、 問題ない場合と、 問題ある場合と、 深刻な場合が、 ある。

日本人は、 心配しすぎと、 現地ドクターに、 いなされるが、

正直、


1101263
めちゃくちゃ、 心配ピョロ~よ。

1101264
不妊手術が、 近いので、 しこりが消えなければ、 更に詳しく、 調べてもらう予定。
1101241
金をうならせて、 猫砂を、 大人買いした。

デリバリお兄ちゃんの、 腰が、 心配だ。。


1101242
紙製、 木製、 シリカゲル。。。

安くて、 軽くて、 安全で、 環境に優しくて、 猫が好きな(ここ重要!)、

猫砂の、 発明を、 待つしかない。

1101243
ところで、 ヒタムくん。


1101244
トイレの後で、 水のみ場に、 手を突っ込むのは、 やめたまえ。
1101231

1101232

1101233

1101234
はい、カッツ。 もうちょっと、 笑顔があると、 いいねぇ。


1101235
1101221
気持ちだけは、 乙女のモナちゃんが、 妄想していると、


1101222
現実が、 訪れた。


1101223
ひとしきり、 騒いで、 


1101224
寝ようと、 思ったら、


1101225
王子様が、 タンスに、 忍び込んでいた。


1101226
ちょっとだけ、 お腹が、 へこんだのでした。。
1101201
珍しく、 ワタルが、 タワーで、 遊んでいると、


1101202
嫌な、 奴が、 来てしまった。


1101203
ワタルパンチを、 お見舞いして、 やったら、


1101204
逃げてった。。


1101205
ちょろイニャ!
1101191
フミちゃんに対して、 態度が、 超ワルの、 ヒタムと、


1101192
挑発に、 すぐにのってしまう、 フミちゃん 。.


1101193
今日も、 悲鳴が、 こだまする、 のである。
1101171
ヒタムくん、 また、 トイレの、 出しなに、 やられたようだね。

君は、 だいたい、 トイレの、 出入り、 多すぎ。


1101172
そういう時は、 向きを変えて、 するの。 トイレ、 広いんだから。

皆、 よく、 そうしてるよ。


1101173
なぜ?

君は、 絶対、 ウンPと、 チ~を、 同じトイレで、 しないよね。


1101174
育ちの良い、 お坊ちゃまに、 なったの!?
1101151
カゴに入って、 こっそり、 くつろぐ計画の、 モナちゃん。


1101152
なんと、 フミ姉~さまが、 詰っていた。


1101154
力づくで、 カゴを、 奪うかと、 思いきや、


1101153
叩かれて、 身体で覚えた、 先住猫ルールに、 従う。

 
1101155
叩かなかった、 ワタルは、 簡単に、 奪われてしまう。


1101156
同じことが、 モナの身に、 降りかかるかも、 かも、 し れ な い 。 。
4猫、 揃い踏みの、 ワクチンも、 無事(・・)終了。


1101121

ワタルの、 逆さ耳毛が、 チクチクする、 かもしれないとうことで、 カット。


1101122
確かに、 耳カキカキが、 減ったかも。

アップの、 写真は、 NG、 ということで、


1101123
ちょっとご機嫌、 薄毛っ腹を、 ご披露。
1101111
すっかり、 悪役が、 定着してしまった、 フミちゃん。


1101112
叩かない時も、 ヒタムに、 吠えられる。


1101113
さすが、 フミちゃん。

ただの、 イジメじゃ、 なかったんだねぇ。


1101114
フミちゃん先生、 素敵!!

でも、 あの威圧的な、 近寄り方が、 良くないんじゃ、 ない?


1101115
とっても、 気高い、 フミちゃん。

気さくで、 フレンドリーな役は、 根っから、 演じられない、 のであ~る。
1101101
調子が良くても、 悪くても、 


1101102
ワタルは、 猫に、 寄られたくない。


1101103
大すきな、 緑のボールを、 降らせましょ。
2011.01.09 身だしなみ
1101093
甲子園球児ばりの、 短毛、 ヒタムは、 割と、、


1101092
几帳面、 男子。
1101081
人の食物を、 盗み食いする、 おぜう様は、 かつて、 存在しなかった。

正月特例の、 まぐろの刺身だって、 悲しい顔で、 遠慮する。

はて

「 ヒタムくん、 あなた、 子供なら、 遊んで、 運動しなさい 」


1101082
拾い食い、 盗み食い、 異物食い、 ルール無用の、 ハンターDNAか?

ヒタムよ、 いいかげん、 家猫の自覚をもって、

  
1101083
玉ねぎの皮などに、 食らいつくのは、 やめてケレ。 
1101071
大切な、 用事が、 あるというのに、


1101072
ど~しても、 身体が、 ついてこない。


1101073
いやいや、 事は、 大きい。


1101074
なんとか、 奮い立つも、、


1101075
断念す。。
1101051
どうした、 ワタルくん。 うかない顔して。


1101052
「 モナが、 寝ながら、 しゃべってるニャ 」


1101053
モナちゃんも、 お疲れ、 だからねぇ。


1101054
「 子供は、 キーボード、 叩いてるし! 」


1101055
まあまあ、 将来が、 あるから・・・。


1101056
「 だから、 ワタルは、 反対したニャ・・ 」
1101041
モニター、 大すき、 ヒタムくん。


1101042
その仕組みを、 すばやく、 理解するも、

 
1101043
確認は、 おこたらず。


1101044
安心したところで、


1101045
希望を、 述べてみる。
1101031
フミちゃん、 ヒタムを、 お仕置き中。


1101032
特に、 トイレを、 使うと、 許せないらしい。


1101033
たくさん、 トイレが、 あるのにねぇ~。


1101034
かつて、 怖くて、 おもらしばかり、 していた、 モナちゃん。


1101035
全く、 他人事、 のようだ。
2011.01.02 新春大の字
1101021
わ~、 ヒタム、 黒いカエル、 かと思った。


1101022
いや、 そういう、 ことかも、 知れないが。。


1101023
そうねぇ、 ベッドの下から、 出られないことも、 あるしね。。


1101024
はいはい、 ごゆっくりぃ~。