1110311
フミと、 ヒタムの、 関係は、 モナが、 クッション材。


1110312
大きくなってしまった、 ヒタムは、 フミちゃんも、 怖い。


1110313
フミちゃんの、 教育が、 モナのように、 完璧ではないことが、


1110314
とても、 腹立たしい。


1110315
それにつけても、 ノ~天気の、 コダヌキと、


1110316
マイペースの、 コグマの、 コンビだことよ。。
1110281
ヒタムが、 来て、 もうすぐ、 1年。


1110282
ここんとこ、 おばちゃんストーカーも、 ほどほどで、


1110283
独りで、 寝ることも、 多くなったようだが、


1110284
ちょっと、 怖いことが、 あると、 オバ恋し。 


1110285
モナと違って、 抱っこされるのは、 嫌いだが、


1110286
足元で、 時々、 踏んづけられたり、 するのが、 極上らしい。
1110278
ここ数回、 むきだしで、 放置されている、 ウンPが、 確認されました。


1110271
そうね、 ワタルくん。 毎朝、 エベレストのごとき、 山が、 そびえているわ。


1110272
はい、 モナちゃんは、 アイドルだから、 ウンPは、 しないんですよねぇ~。


1110273
ごめんね、 フミちゃん。 失礼な、 質問して。。


1110274
君は、 どうなの? 黙っていちゃ、 解らないでしょう~。


1110275
あら、 モナちゃん、 いったい、 誰の仕業なの??


1110276
犯人は?


1110277
つづく。。 のか?
2011.10.26 もぐりもぐり
1110263
何を隠そう、 小学生の頃から、 北杜生氏の、 ファンだった。

氏の書く、 純文学は、 小難しく、 ユーモア作は、 おもしろく、 なかった。


1110262
さまざまな思考や、 素晴らしい感動、 多くの共感を、 もたらせてくれる、

本との出会いは、 たくさんあったように、 思うが、


1110261
氏は、 勝手に、 特別な、 存在だった。


1110264
ご冥福を、 お祈りします。
2011.10.24 たぶん・・
1110241
いろいろあるが、 たぶん、 ワタルは、 ここんとこ、 調子が良い。


1110242
相変わらずの、 薄毛ではあるが、 行動に、 積極性が、 でてきた。


1110243
顔を洗う、 ふりを、 したり、


1110244
タヌキ寝入りを、 して、 気をひこうと、 している。


1110245
そんな事、 するニャ~という、 顔をして、


1110246
実は、 結構、 楽しんでいる。


1110248
そうでしょ? ワタル。
2011.10.22 大人になる?
1110222
そう、 それは、 成長することだ。

昨日まで、 できなかった事が、 今日は、 できる。

この、 心なしか、 身体を縮めて、 顔を洗っている、 長男ヒタム、


1110223
フミちゃんですら、 問題ない、 短距離ジャンプに、 失敗。


1110221
ソプラノで、 救出を求め、 お尻を押してもらった、 ばかりなのだ。。
1110211
先生が、 往診に来た時、 フミちゃんの目薬も、 もらった。

 
1110212
だから、 モナも、 フミも、 タワーの上で見学してた、 ワタルも、 確認。


1110213
大きくなった、 ヒタムも、 見てもらおうと、 思ったら、


1110214
ベッドの下に、 詰っていた。 


1110215
人見知り、 しなかったくせに、 もう、 大人になったようだ。
2011.10.19 モナ菌が!
1110191
大騒ぎで、 診察を終えた、 モナちゃん、 3歩歩いて、 全てを、 忘れる。


1110192
そうだ、 イケメンの、 助手のお兄さん、 来なかったねぇ~。


1110193
オラウータンに、 酷似の、 お兄さん。

腕力ではなく、 説得する手法を、 試みるが、

モナのハートに、 届かず。。。


1110194
検査の結果、 今回は、 立派な、 カビ菌、 イタ~~~。


1110195
今回は、 軽傷なので、 消毒と、 塗り薬で、 良いそうです。


カビ菌は、 他猫にも人間にもうつります。
清潔を保ち、ホントは他猫との接触を避けるのがベストですが、
うちで一番危ないのは、ヒタムの足と、おばちゃんの顔です。
タンスの服にも増殖中でしょうか?? ひぇ~~。
カビ菌に負けない、体力を。
1110171
シーツ交換は、 猫sの、 お手伝い、 タイムだ。


1110172
独占したい、 ワタルくん、 フミちゃんを、 追っ払う。


1110173
今週は、 珍しく、 山のイノシシが、 欠席なので、

 
1110174
ワタル、 ご機嫌で、 はりきる。


1110175
ワタルは、 何でも、 押さえ魔、 なのだ。


1110176
一方、 フミちゃんは、 もぐり魔。

シーツの上から、 おばちゃんに、 ガブガブされるのが、 大好きなのだ。


注)高度な遊びなので、人目は避けましょう。
1110163
モナちゃん、 またまた、 円形脱毛、 勃発。。


1110161
今度は、 ちと、 大きめ。


1110162
先生は、 水曜日まで、 来れませんよ。



モナのハゲは、もう数回目。
カビ菌だったことは一度もなくて、心因性かと言われる。
ヒタムのケリが、喉に当たるので、よろしくない。
先生が来るまで、前にもらった消毒液で清潔を保つよう、アドバイスされた。

ご本人は、いつもどおりで、元気です。
1110132
壁の絵を、 落とす、 遊びは、 すぐ飽きた。


1110133
なぜなら、 もっといいものを、 落とすことを、 覚えてしまった、 から。


1110131
お料理中は、 火の元、 包丁、 ヒタム に、 ご用心、 なのだあ。



ヒタムは、台所の上の物をとりあへず大量に床に落として、
おばちゃんが、叫んだり片付けるスキに~、
ピョロっと、口にいれます。。。
でも、人参、トマトだと、去ってゆきます。。。。。。

やりがいを感じる

床舐めの栄養
1110121
ごきげん、 ワタルくん、 久々に、 モデル、 志願。


1110122
あ、 そういう感じで、 いきますか?


1110123
えぇ~、 毛穴の、 お手入れ、 大丈夫ですか?


1110124
修正、 しませんよぉ~。


1110125
はい、 お耳を、 綺麗な、 三角に、 しまあす。


1110126
お疲れさまです。


1110127
よしよし、 ヨッチ~
2011.10.09 社長の工夫
1110081
横だけじゃなく、 縦にも、 伸びてる、 ヒタム坊、 クレームする。


1110082
団子なら、 10匹だって、 可能ラブルな、 そのスペース。


1110083
確かに、 頭は、 少し、 つかえているが、


1110084
腹の、 桃、 伸ばしすぎだろ!


1110085
丸くなって寝る、 習慣は、 ないようだ。


社長になる男
1110071
昼間の、 モナちゃんを、 起こすと、 不機嫌だ。


1110072
12時間前の、 3時に、 おばちゃんを、 起こしたくせに。


1110073
ああ、 そうだったのね~、 ありがとう。

じゃあね~、 あんまり、 散らかさないでね~。


1110074
最近は、 モナハウスを、 お貸しいただいている、 という形成で、


1110075
なんだか、 このタンスは、 とっても、 使いづらい、 のニャあ。。
1110061
ヒタムの、 あくびは、 


1110062
こっそり、 静か。


1110063
ワタルは、

 
1110064
顔の、 変貌、 激しすぎ。


1110065
フミちゃんの、 あくびは、 小唄のごとく。


1110066
最後に、 ちょっと、 怒ります。


モナピンは、タンス在住で撮れませんでしたぁ。
2011.10.04 天使の狩
1110031
おとなしそうな、 フミちゃん。 


1110032
実は、 とっても、 野性味あふれる、 キャット、 なのだ。


1110033
構えの、 姿勢を、 バッチリ、 決めて、


1110034
獲物の、 様子を、 注意深く、 伺う、


1110035
伺う、 伺う、 うかがう。。


1110036
はい、 終了。


1110037
ちなみに、 獲物は、 黒いイノシシ、 でした~。
1110021
ある朝、 洗濯物のカゴに、 ヒタムが、 飛びついていた。


1110022
狙いの、 品を、 見極めると、


1110023
カゴから、 ひきずり出し、


1110024
匂いを、 かぎまくった。


1110025
こいつは、 いつまでも、 ソプラノ声で、


1110026
またたびにも、 反応できない、 


1110027
子供のくせに。


1110028
そうか、 


1110029
そういう、 ことか。。。
1110011
ほぼ引きこもりなので、 ネット猫ストーカーを、 してしまう。

ここんとこ、 追いかけていた、 ドーレンという猫、


1110012
背中には、 内臓が見えるかの、 大きな穴が開いて、 顔も手もケガだらけ、

汚くやせ細って、 フラフラの、 雄猫。


1110013
facebookの資金集め、 猫ボラ団体の応援と、 レスキュー姉さん(?)の愛情で、

ドーレンは、 少しづつ、 よみがえりつつ、 ある。


1110014
検査の結果、 穴は内臓要因ではなく、 更なる医療は必要ないと、

お姉さんは、 集まった残金を、 さっさっと猫ボラに、 寄付してしまった。


1110015
こんな話は、 よくある。 世界中に、 きっとある。

リフレインは、 私なら、 その汚い大人猫を、 見過ごしただろう、 という事。
自分が外人だとか、 後ろ盾(ボランティア団体など)がないとか、
医療費も、現地の人のように安く済ませられないとか、、、 いろんな言い訳を考える。

他所のおばちゃんに、話したら、
「 じゃあ、 背中に穴の開いてる、 人間が倒れていたら、 どうすんの? 」と
つっこまれた。
なんだか日常的にありそうだよ、ここでは。。
たぶん答は、 「 走って、 逃げる。 」

つまり、 背中に穴が開いてる人が倒れていたら、 ダッシュするくせに、
猫が弱っていたら、悩む。

できることを、 できる限り、 やってゆきたいと、 思うのです。
懺悔でした。