喉元過ぎて、熱さを忘れています。

猫をつれてきて、もうすぐ3年たっちゃうが、誰かのためになるかもなので、
動物検疫所の写真を、置いときます。
写真は全て2010年の様子です。

動物検疫所はスカルノハッタ空港の近くではありますが、
道路事情で20~30分かかった記憶。



ガランとした部屋に、2階建てのケージで、2週間係留されます。

室内はエアコンがついてます。

この部屋に隣接して、個人部屋が1つあります。

個人部屋は、病気の子や特別な理由がある子が入るようです。



トイレは毎日、掃除されます。

ご飯も(たぶん)朝夕2回いただきます。

この餌をあげてね、と頼むことも可能。

マイベッド、爪とぎなども入れられました。

周りが怖いので、箱とか、隠れられるベッドが良いかも。



毎日面会することはできます。

時間も自由です。

当時は、面会に来てる方は少なめでした。

お写真は、 知らない猫さんたちです。



ワンちゃん係留所も、別棟にあります。

ワンちゃんは、面会して連れて帰ってもらえないと、すごいショックで

悲しいので、面会には向いてないかもです。



この2週間の係留日程を、短くしたり、突破できる裏技もあると聞きます。

どんな手段も辞さないのが親心ですが、うちの3猫は2週間係留されました。

今ノリノリのこの国ですから、たくさんの邦人の方々が家族と共にやってきます。

ワンちゃん猫ちゃん、人間にとっても辛い係留期間ですが、

強い気持ちと信頼で、のりきって欲しいです。