天使さま、がんばって


ここで、 暮すためには、 避けては、 通れぬ、



天使さまによる、 直接指導。



心配すること、 なかれ。



来年の今頃は、 喉元、 過ぎる、 ことよ。



最近は、 天使さまも、 お疲れだし、 一度に、 2人(猫)だから、



短縮、 されるかもよ。。


仕事に行き詰まる


少しづつ、 慎重に、 皆との共有の時間を、 作っていく。



お利口、 カイくん。 タワーが、 大好き。



ジローも、 ちょっとづつ、 自立心、 めばえ中。



ヒタム部長も、 人気者を、 めざす。



悲しいかな、 動きが、 雑で、 引かれっぱなし。。



女子軍に、 多少、 シャー、 フーされても、


  
13052910.jpg
ああ、 楽し、 二人(猫)の世界。



ヒタム、 仕事は?



子供の動きには、 全くついていけないけど、 ちょっと楽しい、 かも。



女子はみな、とても甘えん坊中です。
今まで以上に、気持ちをくんで、かまって遊んであげます。
ストレスで病気になるのは、もう怖いです。
レメディも飲み水に混ぜてます。
まだ遭遇する時間が短いので、今のところ想定内という感じ。


1年ぐらいかけて、全てオープンスペースにできたら良いですが、
難しいようなら、リラックスタイムは別空間もありかなと、思ってます。
まあ、ゆっくりあせらずに、取り組んでゆきたいです。



子育てじゃない寝不足


全く、 頼りには、 ならないが、



ヒタムに、 役職を、 与える。



大人げないので、 人気は、 まだない。。



子供たちは、 隔離してるものの、 除々にその範囲が、 拡大中。



ワタルと、 深夜に、 甘アマするのが、 日課です。


カイ 1.4Kg、 ジロー 1.2Kg
今日は1回目のワクチンを打ってきました。
カビ菌が治りきらないので、消毒液と塗り薬もいただきました。


フライング キャッツ


カイとジローの遊びは、 激しさを増し、 時々すごい音が、、



フミちゃんは、 テリトリーが侵されてない分には、 寛大め。


1305247.jpg
何が転がっても、 楽しくて、 しょうがない、 少年たち、 宙を舞う。



カイの得意技、 視線キャッチ。



ジローのできること、 靴下脱がせ。。



意欲満々、 年長ぐみ。



はい、 今日も、 よくできました。


お友達に、なりたいピョ?


仔猫は、 遊ぶのが、 仕事ですよ~。



ジロー、、 ジャンプ~。



カイも~、 ジャア~ンプ。



ジロー、 気が、 それました。



日光浴は、 休憩タイム。



垣間見る、 男。。


シマちゃんファミリー復活


シマちゃんに追い出された子も、 調子が悪かった子も、 復活。

外猫さんの子育ては、 いろんな障害が、 あることだろう。

とりあへず、 シマちゃんが、 母に戻って、 ほっとした。

色の濃い子の方は、 カリカリが食べれなかったが、 今朝は食欲旺盛。





年頃が同じだろう、 家のちびっ子たち。 元気。

いくら裏玄関といえど、 も少しましな、 寝場所をあつらえてるんですが、



ここが、 いいみたい。。 カイ、 頭に血のぼるよ~


にぶモナ


チビっ子たちの、 お騒ぎは、 まだ序の口で、

2人(猫)で、 仲良く過ごしている。



長いおつきあい、 ゆっくりゆっくり、 慣れていこうね。



まあ、 モナちゃん以外は、 もう知ってるけどね。。



カビ菌は、 もう随分よくなって、 自然と消滅するらしいが、

毎日の、 短時間の日光浴を、 推奨された。

そんなんで、 人目と猫目をしのんで、 ベランダで、 猫の陰干し。。



余裕の、 カイと、 甘ちゃんの、 ジロー。


帰ってきたよ


すっかり、 風邪がよくなって、 退院した、 2人(猫)。



スーパー元気に、 遊ぶ、 遊ぶ。



月上の、 カイは、 目的のある、 動きができる。



ジローは、 ムダな動きの、 連発。



とっても、 ワイルドな、 裏玄関に、 なってます。。


量か質か


ごきげん、 ワタルくんを、 発見。



昨晩も、 お刺身用マグロを、 満喫。



ワタル~、 今晩のマグロは、 お刺身用では、 ないんだよね~。



でも量は、 たくさんあるかもよ~。



ちびっこたちは、 明日退院です。


シマちゃんの消えたお子を別の場所で発見。
シマちゃん基地につれ戻したものの、シマちゃんはもう受けつけません。
ガンガン追い払います。
一方、調子が悪かった子の方が、行方不明??


もうシマちゃんの子育ては、終了したのかもしれません。


見つけた子の方はとても元気に遊んでいます。
カリカリも食べられるので、独立するしかなさそうです。


なかなか厳しい世界です。


お見舞い/消えたシマちゃんのお子

写真は4月12日撮影。

お見舞いに行ったけど、 カメラを忘れた。

ちょうど1月まえの、 カイ。



まだ、 幼い。



目と鼻が、 すでに赤い。



1月前の、 ジロー。

体重は増えたけど、 現在と印象は変わらず。


病院の2人(猫)は元気です。
たまにくしゃみがでます。
お熱は平熱、涙も改善してきましたが、 カイの目も鼻もまだ赤いです。
カビ菌のせいか、傷があちこちにあります。
菌は少し時間がかかるとのこと。
まず風邪をやっつけるのが、先だとのこと。


早く思い切り遊びたいね。
ジローの爪が伸びてて、タオルにひっかかってました。
次回、切ってあげようと思います。

****

シマちゃんのお子さんの1人(猫)が消えました。
勇敢な子で、少し人慣れしてきていたのです。
あの場所は、昼間は人がわんさかいます。
シマちゃんが居ない時に、さらわれてしまったのでしょうか。。


そのせいか、親の免疫きれる時期だからか、残った1匹が元気ありません。
シマちゃんも昨日今日と、居なくなった子を探している様子。
言える立場じゃないのは、承知ですが、、居なくなった子に
少しでも良い環境が、ありますように。
戻すなら、同じ場所に早く戻してくれますように。
そして、残った子も早く体調が回復しますように。


雨ふりサンデー


雨季も終わっただろうに、 朝から雨。



カイもジローも、 お注射効いたのか、 回復にむかって、 ほっと一息。



ワタルは、 お気に入りの、 王様ざぶとんの、 上。




お外のシマちゃん。

とても、 キュート。 でもワイルド注意。。



シマちゃんのお子さまも、 ご近所では、 まれな美形。


1305129.jpg
もう1人(猫)も、 やはり、 美し。




模様は似てるけど、 別のチビ。 シマちゃんの子よりは大きい。
 
風邪も自力で治して、 立派に成長中。


13051210.jpg
人間大好き。 警戒心ないので、 車に轢かれないか心配。




ちょっと、 ボロンボロンのボス。
前右脚の怪我と、 風邪症状。
お薬飲んだ時だけ良くなるが、すぐに症状が再発。

食欲は旺盛。

そして入院


今回は、 完全隔離にしたものの、 当然、 皆には、 バレている。



朝、 病院へ行って、 戻らないという情報も、 おみとおしだ。



早く、 戻れると、 いいねぇ~。



カイ 1.05Kg、 ジロー 750gでした。



里親募集がかんばしくなかったので、カイとジローを養子にもらうと決めました。
でもカイが疥癬と言われ、治療中だったので少し待っていました。
そうこうしてるうちに、母親の免疫がきれる時期で、次から次に猫カゼ症状がでました。
又、本当の母ではない母猫も、体調がすぐれません。
ジローはいまだお乳を吸ってましたが、なんとかカリカリも食べれます。
素敵な世話人ダデさんと話し合って、カイとジローは引き取り、治療を続けることにしました。


今日の診察では、猫風邪、猫カリシと猫クラミジアウィルスと言われ、
集中して5日ほど抗生物質を投与します。
感染症はいろんなウィルスが混合すると治りにくいので、幼猫ゆえ心配です。
ジローは一番最後に風邪の症状が出たとの事ですが、
カイは以前から目や鼻が赤かったのです。
以前のドクターに疥癬と言われた皮膚は、今日は真菌性と言われました。
かゆがらないので、それが正しいかもです。


やっと家に来たばかりで、入院はさみしいですが、
仔猫にしてみれば、環境が変わるのはいっしょ。
感染症は、家の子たちにも危険があります。
一晩使ったケージやシーツを、全て消毒して、回復を待ちます。


たぶん1月も違わないお兄ちゃんカイは、何事も積極的でしっかり者。
一方ジローは、まだまだ赤ちゃんぽい(顔はジジくさい)ままです。


早くよくなれ。


来たよ!


準備の続きで、 トイレも、 1つ追加。 マットを、 新調。



そのマットが、 えらく気にいった、 小僧。



お前が、 ずうっと、 マットの上で寝てたら、 せっかくのトイレを、



誰も、 使えないじゃ、 ないか~~!

そして、



到着。



血のつながらない、 兄弟。 カイ と ジロー です。

どうぞ、 よろしくお願い、 致します。。


乳飲み子、 キタ~~!!

ジローの身の振り方

偉大な母と、素敵な世話人

ジロー便り

4猫の里親募集


2人(猫)とも、病気がいろいろで、明日早速、病院へ直行です。
とりいそぎ、食べて出してます。


準備(続)


段ボールに、 燃える女、 モナちゃん。



火がついた、 木ネズミ魂を、 止めることは、 できない。



やるだけやって、 去ってゆく、 木ネズミちゃん。



そんなんで、 段ボールで、 いびつ箱を、 作りました~。



出なさい!


準備


お楽しみは、 先だけど、



いろいろと、 準備を、 はじめる。



箱には、 うるさい、 モナちゃん。



さっそく、 取り組む。



広くはない、 我が家だけど、 工夫すれば、、



猫の1匹や10匹(ウソ)、 住める場所ぐらい、



できるに、 違いない。



そんな気がして、 きた。


脳内スパークリング


ここんとこ、 ずいぶん、 たくさんの猫さんと、 出会いました。



有難いことに、 お家の猫sは、 皆、 落ちついて、



緊張感、 なしなしで、 暮しています。



いろんなことを、 考えるのです。


愛しい愛しい子たちのシェルター

以前に紹介した、ayang-ayang shelter(ayangは愛おしい人という意)に、
今日はじめて行くことができました。

食事も終わって、遊びに行ってる猫さんもいるので、少なめ。



いろんな理由で、行き場のない猫さんたちが、お世話されています。



気持ちよさそうです。



こちらは、チビっこスペース。



山もし、います。



お約束の、かわいいお子たち。



水飲み場も、いたるところに。



このお家は、世話人メニクさんの、お母上のお家だったそうです(実家)。



あっちの部屋から、誰か走ってきました。



この子は、両目ともありません。



でもめちゃくちゃ、スイートです。



昔がしのばれる、素敵な家具と、素敵な猫さん。



昔、結婚式の衣装を作ったりしてたので、素敵な布が残ってます。



家の裏側にも、たくさん猫さんがいます。



病気治療中のお子も、この涼しい場所で、静かに療養してます。



新聞紙を使うと、匂いが近所に迷惑なので、砂を使っています。
砂は洗える砂を使ってます。
どこも綺麗に掃除されてます。



猫以外にもワンちゃんが1匹と鳥さんが保護されてました。



そんなシェルターに、



今日つれてこられた、お譲さん。
あっというまに、新しいお家をセットしてもらいました。


本当は連れてくる猫さんは3匹なのですが、どうしても1匹が捕まえられず、
母猫とともに、再挑戦ということになりました。
このシェルターもすでに満杯なのですが、今までお世話していた方が、
ご飯代や不妊手術代を支払うということで、特別に入れていただきました。

以前このシェルターを紹介した時に、日本から送金してくれた方がいらっしゃって、
お世話人メニクさんは、とても感謝しています。
そんな縁があって、大変なところを快く受け入れてくださいました。

メニクさんは自宅にも30匹あまり居るそうで、
妹さんたちと猫のお世話にあけくれています。
イメージしてた通りの素敵な猫おばさまで、お会いできて本当に嬉しかったです。
そして、ちょっと手厳しい妹さんの真実の言葉とか、、
未熟な私には、胸にささるものがありました。。

今日猫を連れてきたお世話人の方も、又猫に会いに来ると言うので、
私も便乗するチャンスがあるかと思います。


シェルター