はがいじめの刑


帰宅しても、 迎えがないばかりか、 大の字で、 寝ている奴がいた。

カメラの音で、 目が覚める。



そいつは、 伸びをしてから、 寝がえりをうって、



又、 寝ようとした。



声をかけると、 迷惑そうに、 振りかえり、



おざなりに、 あいさつを、 した。


繋がった~


2日弱ネットがきれて、 やっぱりないと困るのよね~。

プロバイダーのカスタマセンターに、 電話すると、 

すぐには直せない感がアリアリだったけど、 やればできるじゃん。




腹のふくれは変わらずだけど、 とりあへず元気な、 キョーコ。

最近は食後に、 うたた寝するのが、 日課。

このまま、 問題ないことを、 せつに願う。



現れては消えてしまう、 チビッ子の中で、 定着してきた、 茶とらのチビ。

排水管に入った時は、 ダメかと思ったけど、 最近は朝ご飯に、 出席。



まだまだ、 人間も猫も怖いけど、 いろんなルールを、 学習中。



かわいい、 よっちゃん。 ちょっと凶暴進化中~。


食卓は職場だぜ!


大きくて、 フカフカ。 みんな大好きカイちゃん。

先日は、 恐ろしいものを咥えて、 驚愕させてくれました。



今日は、 食卓から、 レンコンのきんぴらを、 ゲットしたようです。



まずは、 動作確認。



お手手が、 ネトネトするようです。



もう一度。



ってか、 どうやら狙いは、 レンコンではなく、 からんだ調味料、

舐めてるな、 こいつ~



カイちゃんは、 生れた時から、 母親と人間に育てられましたが、

なぜか、 根っからの、 ドロボー猫、 なんです。


白黒街道


ワタルの血液検査結果が出たのですが、 いろんな問題でとん挫中~。

慣れてはいるけど、 海外ぐらしのはがゆさとゆ~か、 ありえないとゆ~か。。

日本もそうだと思うけど、 ドクターまかせにはできないし、

だから自分で勉強して、 判断しなきゃなんだけど、、

なんか難しくて(笑)。

ちょっと、 まってね~、 今脳みそ、 使うよ~。


肝が冷えて熱も下がるわ


かわいいハゲワタルが、 本当に急に、 膀胱炎のような症状に!



それこそ、 トイレに出たり入ったりを、 1時間ほど繰り返す。

しまいには、 風呂場や台所の床でふんばる様子。

少し吐いて、 落ち着くも、



青ざめて、 クリニックに連れていくが、 原因不明。



ワタルは、 トイレは大も小もすっきり、 タイプ。

ブツ後は、 山を盛大に積み上げて、 失礼するのがツネ。

なんだろう、 何がしんどかったのだろう。。




膀胱炎の疑いは薄いとのことで、しばし様子をみることとなりました。
どのみち来月やろうと思ってた血液検査だったので、採血してもらいました。
結果は明日夕方or来週。
去年の入院時に血液検査をしていますが、今回は甲状腺ホルモンもチェック。


お家に戻ってきたワタルは、おPっこを普通にして、
夕飯はスープかけカリカリをウマウマ食べて、
クリニックの道中鳴き叫んで疲れたでしょう、血も抜かれたし。
今はぐっすり、カゴの中です。

明日は同じ症状がでませんように。





おかゆウマウマ~


人間が、 ひさびさに体調をくずしまして、 流行りのデング熱かと思ったけど、

今日は熱は下がって、 クリニックも行って、 ちょっと落ち着いたのれす。



ゴミ場にいた、 猫も人も怖い茶とらの子。

今朝、 ごはんを食べれました。

体が、 すごい小さい。



ルミちゃんコーナー。 昨日から急に参加の落ち着きはらったチビ。

今朝はまぁちゃんに叩かれて、 意気消沈。

誰か人間が持ってきて、 ここに置いたんじゃないかな~という登場ぶり。



キョーコちゃんのお子ザスリー。



身体がヘロヘロで、 床に転がるおばちゃんを怪しむ、 猫s。

健康第一! ね~。


お上品なので


ガブ飲みしたりは、 しません、 ピョ~。



時間かかるし。。



***


タイムリーなコラムを読みました。
**
特に野良猫さんを、血液検査やウイルス検査をしないまま不妊手術をして、
後に病気が発症するということがある。
お金がかかるという理由で、そのうような乱暴な事をして、本当に猫を愛しているのでしょうか?
乱暴な不妊手術を10頭するより1頭の猫を確実に安全に処置することの方が大切です。
又、猫を保護するということは、金銭面や猫にかけられる時間、最低限の猫に関する知識が
なければ、逆に猫を苦しめることにつながるかもしれない。
安易で無責任なかかわりより、外の猫として生きて行く方が幸せな場合もある。
**
厳しいけどもっともな考えで、頭があがりません。
このコラムを書いている方は、たくさんの猫を保護して立派に育てていらっしゃいます。
当地では、人間の医療も遅れているわけで、まして動物病院は、あって良かったねという
感じもまだまだゆがめません。
何が良くて何が悪いのか、時に判断は非常に困難をきわめます。
自分の立ち位置が、あまりにこっけいで嫌気がさすこともあります。
それでも悲しいかな(笑)、猫が気になってしょうがないのです。
本当にできることはわずかで、そのわずかにできる限りの責任を果たしていきたいと思っています。

以上、反省でした。
がんばろーね~。


サンデーお外つれづれ


やりきれない思いがあるが、おそらくキョーコちゃんは、病気のようだ。

不妊手術後およそ1月目。

ワクチン接種後や麻酔後に、病気を発症する割合が多いことを考えると、

やっぱりそうなのかもしれない。麻酔は2度もかけた訳だし。。

先日から、ドクターと相談して、薬を与えてる。

お腹が大きいのは、やっぱり水がたまってるのかな。

今は食欲旺盛で、日増しに凶暴さが増すキョーコ。

調子が悪いから、益々凶暴なのか、わからない。

近々に捕まえて、クリニックに連れて行く予定。



昨年FIPと思われる腹水がたまって亡くなったシマちゃん。

その時は不妊手術との関連を考えていなかったが、調べてみたら、

術後3カ月目に亡くなっている。



本来なら術前に麻酔のリスクを調べるのだろうが、そんな検査はしていない。

とてもとても恐ろしいことなのかもしれない。

ひたすら申し訳なく感ずるが、できることしかやってあげられない。

むしろ、おごってるだけなのかも。。l



***


2、3週間前に登場の茶とらチビ。

排水管に入り込んだりして、あせったが、自力で脱出したもよう。

人が怖いので、ご飯にありつけず、ゴミ場へ。

これから雨季になるし、ゴミ場はよろしくない。。



***


ルミちゃんファミリーの現場。
昨日、子供の泣き声を聞いた気がするが、発見できかなった。

まあちゃんのお子登場。

記録をたどると、現在ちょうど3カ月、4カ月目になるところぐらい。

ルミちゃんファミリーの食卓が、まあちゃんファミリーに進撃されて、

肝心のルミちゃんが、嫌がって場所を移動してる。

まあちゃんはうるさいから、どうしたものか。



***


キョーコちゃんの3匹のお子。

名前をつけた。

キョーイチ(写真なし、白目が多い子)、 キョージは男子。



この兄弟めちゃくちゃ仲悪し。



女子、キョーカ。

皆そろって、かなり凶暴。 キョーコの教育なので(笑)。



***

見てて安心の、とりあへず現在問題なし組。

でも、 いがみあい~。


マンガみたいな


モナの顔。。

マル書いて、 ちょんちょん。

鼻の穴も、 ふがふが~。



ボーイの時期は短いの


幼少のころ、 長いことクリニックで暮してた、 マチャル。

今でも、 お世話していたスタッフさんが、 近況を聞いてくる。



クリニックでの、 彼の呼び名は、 「 タルン 」。

闘う、 ファイティングみたいな、 勇ましくて、 かっこいい名前。



日本語読みで、 ワタルとかぶるので、 マサル(マチャル)に変更。



小さくて子供っぽいと、 思ってたら、 ある日を境に、 急激成長~。



立派な、 成猫に、 なりました。



ってか、 すでに、 オヤジ入っちゃったし、 ねぇ。。


心配事項


不妊手術をして3週間たつ、 キョーコちゃん。

しかし、 なぜか腹が膨らむ。。

以前のシマちゃんみたいに、 FIPとかだったらどうしようと思ったが、

今のところ、 食欲旺盛、 いたって元気。

調べたり、 ドクターに聞いてみたりするが、 確実なことは解らない。

もしかしたら、 想像妊娠中なのかも、 しれない。

ずっと、 妊娠出産を繰り返していたキョーコ。

手術した時にも、 すでにお腹には初期の子がいたとのこと。

キョーコの中ではまだ、 腹の子育て中なのかもしれない。

まるで妊娠期間中のように、 周囲に対しての威嚇が激しい。

ちょっと、 要注意、 厭なことがおきなければいいが。



***

この前、 犬飼いの人が言っていた。

犬は、 最初の半年は、 家が壊れるかと思う程に、 物を壊すが、

すぎれば、 そんなに問題ないよ~って。

わが家は、 男子3+1が、 走り回るだけでも、 すごいことになるのに、



もう、 7歳女子の、 落ち着きのなさ、 なさ。。


本当にあった怖い話


昨夜おそくに、 獲物をくわえたカイちゃんが、 うなっていた。



先日から、 チビヤモリ君が居て、 皆がエキサイトしていたので、

いよいよ、 捕まってしまったかと、、 

食わないとは思うけど、 とりあげなきゃ、、 と思って、 覗きこんだら、、、



黒くて、 触角のある人(じゃないっ)、 だった。。



凍りつくぜ。。



かっちん退院


帰りは漏らさず、 大鳴きだけして、 戻った、 かっちん。

かっちんは、 リリースしても、 ぐずぐずしてそうなので、

ごほうびに、 チュール(おやつ)を、 持っていった。



そしたら、 いつもの場所に、 よっちゃんと、 キョーコちゃんが潜んでいて、

チュール取り合いになったのだ,、 の図。


かっちん、 元気で長生きしよう~。


ジローのやきもち


朝、 外猫さんのご飯から戻ると、 ジローは甘えたがるのが、 常。



抱っこ抱っこを無視して、 洗いものをすませ、 さらにからむジローの、

ブラシをかけて、 爪をきる。 (この時、 もっとかまえばよかった)

ジローは、 あまり、 身だしなみを整えられるのは、 好きじゃない。

 

そしたらありがち、 ワタルが甘えてきたので、 ベッドの上で、 かまう。

おもしろくないジロー、 ワタルの邪魔をするために、 ベッドにのぼる。

普通この時点で、 ワタルは退散。

しかし、 今日のワタルは、 ジローが来ても、 少しアマアマ。

そしたら、 ジローちゃん、 行動に出るナリ~。


1409035.jpg
おもむろに、 抱き枕に馬乗りになって、 揺れる抱き枕を抱え込み、

アンビリーバブル、 大量だぜぃ。

ありえない。。。


携帯の写真2014.9


小雨が降って、 マミちゃんとチャッキが大すきな、 ボロ傘をもっていく。

マミちゃん、 さっそく、 蹴る蹴るっ。



マミ姉さまとは、 ライバル関係にあると自負する、 よっちゃん。

さっそく、 横取りに。

マミは、 争いは嫌いなので、 あっさり引きさがり。



写真はよっちゃん、 元気いっぱい。

実は、 マミのお腹が痒いのか、 赤くただれているのが、 心配。



***


不妊手術が終わって、 半月ほどの、 キョーコちゃん。


手持ちぶたさになったのか、 わが子と追いかけっこ!?



すぐに、 我にかえる。。

キョーコちゃんは、 手術してからも、 ますます凶暴。

ご飯が、 茶碗によそわれるまでに、 周囲の猫10匹を叩くのが、 日課。



***



この前、 気の横にいたニューフェイスさん。

こんな美人な母です。

まだ他の猫も人間も、 怖くて怖くて。

子供が居るはずなのですが、 どうしてるでしょうね。



***

術後のかっちんは、順調に回復中。
食欲もモリモリのようです。
退院は木曜か金曜日かな。