不妊手術後、 腹がふくれる、 キョーコちゃん。

今は元気で、 食欲もあるが、 正直、 今後はとても心配。

でも、 シマちゃんの時のように、 病院に閉じ込めるのは、 もうしないよ。

腹水がたまっても、 長生きしてる子もいることを知り、 がんばろうと思う。

 

そんなんで、 ワラにすがって、 最近試しているのが、 酵素健康法。

キョーコの腹がこれ以上膨らまないように、 又他の子の諸症状にも。

まだ信者にはなれないが、 便秘の子には、 大変調子が良い感じ。



キョーコの、 ビッグスマイル~。



ずっと元気で、 凶暴で、 いなさい。



***


病院のよっちゃん。

今日は、 若い猫おばちゃんが、 いっしょにお見舞いに行ってくれました。

相変わらず、 写真は、 無理、 ブレブレ。



実は、 昨日病院から電話があり、 外科医のスペシャリスト?曰く、 

手術は可能で、 成功すれば、 ある程度ノーマルに歩くことができる、

成功の確率は50%で、 失敗しても、 今と同じぐらい、 どう?

と問われました。

ネットで調べる限り症例をみたりしましたが、 よっちゃんの骨折は、

粉砕骨折で、 素人目にも、 その手術はとても難しいと思われます。

さらに、 骨折してからすでに1カ月近くたっているのです。

このまま放置することによって、 後々問題がでてくるかもしれません。

今日面会したドクターは、 排せつの問題がでてくるかもしれないと、

言ってました(現在は大丈夫)。

後は、 高い場所からの着地の時が、 危険なので(再骨折)

ケージ飼いした方がいいかもねとも、 おっしゃてました。



今日少し、 ケージからだしてみたのですが、

骨折の足を床に着けたとしても、 踏ん張ることはできません。

3本足で歩いているようです。

もしかしたら、 もっと検査をして、 今の段階で手術する方がいいのかも

と思う一方、 失礼ながら現地の医療に、 信頼不足も多々なのです。

まして、 ヒフティヒフティって、 怖すぎですね。



死んだと思ったよっちゃんが、 生きてたことは、 素晴らしい。

あんなケガをして、 どんなにか痛かったでしょう。

独りでずっと耐えて、 姿を現してくれた、 よっちゃんの生命力。

欲張っちゃいけないです。

そんなんで、 今日は、 手術はしませんと、 お断りもしてきたのです。



***


そして帰りに、 先日猫が居た食堂に。


どんだけ、 猫ストーカーなのか(笑)。 



この前、 カリカリは食べれなかった、 チビのために、 パウチを持参。

ありえない、 仔猫のくせに超キョウボーを発揮して、 食らいつきました。

耳デカ逆三角顔の、 東南アジア系、 なかなか美形。

足のケガは、 乾燥してきたようですが。 膿まないといいですが。。



この食堂は、 とってもおいしいので、 又来ます。


日曜日から入院してる、 よっちゃん。

とりあへず、 とっても元気、 アマアマ全開。 

動きが止まらず、 写真が撮れない。

お写真ではふっくら見えるが、 お腹はスカスカ。

事故前ちょっとデブだった、 よっちゃん。

でもそのおかげで、 生き延びられたのかもね。



手術に関しては、 骨がくだけちゃってるので、 どうしようもないというのが、

ドクターの共通認識のようだ。

レントゲンを見ると、 裂けたかのような骨が、 斜めに鋭くなっていて、

後に、 筋肉や組織に食い込まないかが、 心配。

細かくくだけている骨のかけらも、 そのままでいいのか?とも思うが、

痛みがないので、 ご飯も食べるし、 排せつにも問題ないとのこと。

強いぞ、 よっちゃん。



1週間は抗生物質投与中。 あわせて、 回虫、 ノミダニの駆除など。

薬が終わって、 数日おいて、 初回のワクチン。

その後、 体調が大丈夫であれば、 1度風呂に入っていただく。。

すぐに隔離できる部屋があれば、 家に連れてきてもいいんだけど、

なにしろ、 スペース不足なもんで、 ある程度OK状態にせんといけんのよ。

よっちゃん、 もう少し、 我慢ね。

トータル2週間の入院で、 家猫準備完了~に、 なるかな。

また、 お見舞いにいくからね。



***


午後は、 マチャルをいつものクリニックに連れていき、 2年目のワクチン。

来年は、 皆と期日をそろえて、 往診一発で、 終わらせたいものだ。

車の中では、 聞いたことない、 野太い声で鳴く、 マチャル。



今のところ、 身軽なデブなだけで、 特に問題ない、 マチャル。

元気で、 とにかく元気で、 ずっとだよ。

1410266.jpg
車にはねられて、 24日目。 よっちゃんが、 居た!

できることなら、 あまり苦しまず、 最後を迎えることを祈った、 よっちゃん。

生きてたよ~!!



やせてやせて、 尻尾が長く見えたけど、 よっちゃんだった。

ご飯も、 食べれた。 とりあへず、 元気。

ちょうど先日下調べしてた、 24時間オープンのクリニックにて、 診療。



後ろ右脚の骨が、 ポッキリ折れて、 完全にクロスしちゃっている。

すでに時間がたっているので、 痛みは軽減しているよう。

手術するが良いかどうか、 明日以降ベテランドクターと、 話し会うことに。

当然外観の形状も少し変で、 足はひきずってピョコピョコするが、 歩けてはいる。

事故というと、 横隔膜ヘルニアが心配だったが、 それはなさそう。



しかしながら、 手術をしてもしなくても、 普通にはもう歩けないとのこと。

今後外での暮しは、 難しいと思うので、 回虫やノミの駆除や、

ワクチンなどの、 家猫準備も、 お願いしてきた。

とりあへず、 1週間入院させて、 処遇を考えねば。。 なのだ。

不妊手術は6月に、 無事に終了してる。

よっちゃんは、 人は大好きで、 久しぶりの再会にも、 覚えていてくれた。

とりあへず、 命に別条がないようで、 ほっとしている。



***



帰りに寄った食堂の近くで、 お客さんにご飯を、 ちょっともらえた猫さんたち。



病院で買ったばかりの、 フードがあったので、 お裾わけ。



チビッ子は、 まだドライフードは、 食べれなかった。

この子も、 後ろ足の爪が、 車にひかれたか、 ケガしてた。



***


あきらめてた、 よっちゃんが、 再登場して、 希望がわく。

この先の難問が、 あると思うけど、 とりあへず、 マル。

今日で6日居ない、 メチも、 出てこい!

2014.10.24 雨季

モナちゃん、 7歳、 シニアの仲間入り!?



昔っから、 固いところで寝るのが、 好き。



そろそろ雨季到来。

昨晩は、 ひさしぶりの大雨。

2014.10.23 メチが居ない

腹がけっこう膨らんでいる、 キョーコ。 

水がたまっているのかもしれないが、 今のところ、 食欲旺盛。



自分の子供のことは、 すっかり忘れたが、 ミケぴんの面倒を、 みる。



人はあいかわらず怖いが、 食べてる時なら、 背中を触れる時も、 ある。

一方、 人なら怖くない、 かっちん。



食べたら、 その辺に転がって、 居眠りする。

時には、 腹を拡げて、 リラックス。 

いいんだけど、 猫好きじゃない人もいるから、 気をつけてほしい。



最初見た時は、 頭ばかり大きくて、 体がちいさかった、 かっちん。

食が満ちて、 バランスがよくなってきました。



出産をおえたばかりの、 サエちゃん。

前回は6月に出産してるから、 4カ月目にして、 次の出産ということ。

子供はどこに居るのか、 まったく解らないし、 連れてもこない。

いつも不妊手術を考えるが、 凶暴で捕まえにくいので、 後まわしに。

来年の初め、 授乳が終わったら、 やってみようか。

 

誰よりも臆病な、 クーカイ。

今日は、 ドラとクロちゃんのケンカで、 時間をずらして、 そっと登場。


14102310.jpg
クーカイは、 静かな子。

もう長いつきあいだが、 いまだ、 触れたこともない。




不妊手術を予定してた、 白黒チビのメチ。

この3日、 餌場に登場しなくて、 心配してます。

ミケピンと遊んでいたので、 メチを入院させたら、 ミケピンさみしいかな~と、

と思ってたりしたのですが。。

猫好きおじさんも、 そういえば、 見てないな~、 とのこと。



メチは100%餌場に来るというわけではないのですが、 やっぱり心配です。

明日は、 やって来ますように。

2014.10.20 新しい大統領

本日、 新大統領就任&祝賀パレードが、 今まさに進行中。

大通りが閉鎖され、 大勢の市民も集まって、 祭りの騒ぎなので、 

家に引きこもるが、 よろしかろ。



外国人といえど、 住んでる国が、 より良い方向に進んでくれたら、

そりゃ、 嬉しいことだよね。



ヘビメタと、 猫が好きな、 ニュープレジデントは、 お歳も同級生で、 



ちょっと、 親近感を、 覚えるのです。


夜の大運動会を、 避けるために、 寝る前に、 じゃらしを振る。

 

10歳のワタルは、 今でも上手かつスピーディーに、 じゃらしを扱う。



ジローとマチャルが平均点、 7ポイントとすると、 ワタルは10ポイント、

カイちゃん、 ちょっとスローで、 5ポイント。

ヒタム、 やる気はあるが、 あまりにスローで、 1.5ポイント。

モナ婆、 参加せず。



ちょっと、 桜モチの腹がタルタルだが、 ワタルは、 りりしいのだ。

2014.10.16 歯は大切に

ありがたいことに、 当地にも日本人の歯医者さんが増えて、

安心して治療が受けられる。 ジャパニーズディンティスト、 万歳。



今日の抜歯、 いざ抜くだんになって、 先生が、 「ちょっと現地のドクターに、 

やらせてみますね~」と、 おっしゃる。

「ゆすれ! ゆっくり! 引っ張れ~」などと、 指示されているのを、

まな板のコイ状態で、 拝みながら聞いていた。

でも現地ドクター先生は、 大変おしとやかで、 歯を抜くとこまではいかず、

ジャパニーズ先生に交代して、 グッバイ マイ テースとなった。



できれば、 避けてとおりたい歯医者なのだが、 昔に比べて、

麻酔も痛くないし、 技術はとっても進歩してる感、 よかったね。

現地ドクターの練習台にもなれて、 少しは貢献できたかしら。



あ~怖かったぜよ。

2014.10.15 大根あめ

また、 風邪ひいちゃったみたいで、 喉が、 痛いのよ~



明日、 歯抜く予定なんだけど、 大丈夫かしら??

くしゃみ嫌いのジローに、 ブーブー言われています。


お写真ひさびさ、 ハナちゃん。 手足短か。 デブかもだけど、 元気。



ちょっと心配、 ルミちゃん。 今日はお休み。 1日おきに来たり来なかったり。

たぶん便秘が続くと、 食欲がないのでしょう。



1週間行方不明だった、 目の悪い母。 戻ってきました。



問題児になった、 ドラ。 去勢は済みなのだが、 テリトリー意識が強い。

最近、 興奮して荒くれるので、 手におえない。



お年頃になってきた、 メチ。 今月末から来月にかけて、 計画せねば。



よっちゃんが居なくなって、 甘え放題の、 キョーカ。



きっともうすぐ雨季がはじまります。 時がすぎるのが、 早い。


キャノンのブサかわ猫ちゃんコンテストに、 応募したろかと、 思ったが、



グランプリになったら、 恥ずかしいので、



やめときまひょ~

2014.10.07 変わりゆく

ご飯の後の、 まったりタイム。


よっちゃんが戻らず、 早5日。 

車にはねられてすぐに、 川の方にヨロヨロと降りて行ったという話。

猫好きおじさんが、 川のほとりを探したけど、 見つからず。

かわいい、 よっちゃん。

呼べば飛んでくるよっちゃん。 お腹をみせて遊んでくれるよっちゃん。

家猫にしてあげられなくて、 ごめんね。

早く戻ってきて、 いいよ。



よっちゃんが消えた頃、 うす茶トラのチビも消えた。 こちらは全く不明。

ただ前日、 食欲はあまりなくて、 缶詰をあげたら少しなめていた。

場所は別だけど、 目の悪いお母さんも居ない。

いっきに、 猫が消えて、 新しい子も入ってくる。

先週土曜日、 写真はないが、 痩せたグレーの仔猫もいた。

栄養状態が悪く、 目があまりよく見えないようだし、 足も悪そう。

でも、 ご飯を食べたら、 消えていった。

だから、 定着しているのは、 この白ミケちゃんだけ。

まだ人間は怖いけど、 最初よりは、 距離が縮まったかな。



綺麗な三毛ちゃん。 ミケだから、 女の子だね。



マミちゃんのお尻をかいで、 叱られる。

マミは、 怒らないから、 新参の子に、 つきまとわれること多し。



今日のキョーコ。

毎日ナデナデされて、 甘えん坊になる?

食事前は変わらず、 チョー凶暴。


先日のワタルの血液検査について疑問があったので、
ウェブの獣医さん相談に問合せしていた。
でも、なぜか私の質問はとばされて、待てどくらせど回答がない。
なんかまちがえちゃったのかな~。


勉強してみたところ、甲状腺ホルモンの数値は高いのだが、
現地ドクターによると、異常なしと言う。
去年死にかけた時の血液検査時もそうだったが、血小板の数値が
非常に少ない。
血小板の値は間違いが出やすいという記事も読んだ。
前回も今回も同じラボを使っているので、信用度はなんとも。。


素人で解らないのだが、甲状腺機能亢進症のいろんな症状が
あてはまる気がする。
だからそうなのかもしれない、ワタルもお年ごろだし。


いろいろ考えてみたが、以前にも話してた永田先生のおっしゃる
動物力を信じることにしようと思っている。


マチャル回復


「血液検査の数値が悪くても、生活の質が落ちていないのであれば
気にする必要は無い。」


ワタルは去年の回復以来、食欲もあって、吐く回数もめっきり減って、
子供たちが怒らせることもあるが、夜になればおばちゃんの横で
ちゃんと寝てるし、毎日の甘え甘えはかかさない。
ハゲも現状維持だし、夜中にアオアオ鳴くこともあるが、 
お刺身もおいしく食べれるし、きっと現在は悪い状態ではないのだ。


そんなんで、現地ドクターは血小板数値を回復させるために
抗生物質を飲ませろと(なんらかの炎症があるからと考えてる?)
言ったのですが、やめました。
気をつけて、見守りたいと思います。
ただ、甲状腺ホルモンに関しては、別のラボで調べる機会があれば
もう1度調べてみてもいいかもと思っているのです。
日本は今どうか知らないのですが、採血の量が多いので、
猫の負担もけっこうあると思います。
もうあまりストレスはかけたくないですね。


ワタルは先日のおしっこ異常事件以来、問題なくやっています。
元気で、変わらずかわいい奴で、あります。




今朝、 よっちゃんが来ないと思ったら、 昨日、 車にはねられたとのこと。

足をひきずって、 消えていってから、 行方不明。(目撃者情報)

**

先日車にはねられたのは、 ドラではなくて、 クロちゃんだった。

クロちゃんはしばらく、 餌場にこなかったのだが、

最近は、 回復したのか、 元気にやってくる。



もう何匹車にはねられたか。

車の下が住居のようなものなので、 しかたがないのか。

ああ、 よっちゃん。

ケガは軽くて、 少し休んだら、 戻ってきますように。



***

随分前の写真

ヤエちゃんも、 交通事故で亡くなった。

もともと、 このルミファミリーのヘルプで始まった、 朝の餌やり。

今は、 知合い猫の数が増えてしまって、 だからそのぶん、

別れなければならない猫も、 多くなる。



ルミちゃんは、 ひどい便秘が続いているようで、 すこし心配。

ヨーグルトをなめさせたり、 ウェットを多くしたりしている。

注文中のサプリが届いたら、 試す予定。



***

ルミちゃんコーナーの近くに居た、 目の悪い母猫。

2匹の子供は早々に消えてしまったが、 母はもう3月ほどごはんを食べていた。

その母も行方不明中。

片目が少し見える程度なので、 何かのはずみで移動したら、 戻ってこれないのかも。



***


家の中の子だっていろいろあるのに、ましてやお外の子はいろんな問題がある。
外猫の寿命は長くて4,5年とか聞いたことがあるけど、現地の子たちはどうなんだろう。
事故や病気で若くして亡くなる子が多くて、かといって産まれてくる子も多くて、、
全体の数は減りはしないか、、むしろ増加してる、人間と同じ。

自分が餌やりしてる子だけでも、救いたいとおごっていたこともあったけど、
それが全く無理だと思い知って、別れの時がきたら受け入れるしかないんだと
少しは悟ってきた、今日このごろ。
さみしくて切ない、勝手な思いはあるけど、 猫さんは、自らの猫生を精一杯
生きてるだけなのよね。。


明日は、よっちゃんが現れますように。

2014.10.01 新参2

この前、 若いねこおばちゃんにもらった、 バッチ。

人間の生活があってこそ、 少しばかり、 助けてあげることができるもの。。

笑えるけど、 なんだか、 胸にズンときて、 感慨深いニョだ。



昨日、 今日、 登場の、 素敵な柄の、 綺麗子ちゃん。



まだ、 チビッ子。 定着するかな?

割と最近登場した、 シロタさんの関係筋かも。

ご近所だけでも、 まだまだ猫は、 いっぱい、 いるんでしょうね。 



やっと顔が撮れた、 排水管に居た、 茶とらチビ(男女不明だけど、男の子?)。

この子は、 ほぼ定着だけど、 も少し人慣れしてくれないと、

後で捕まえるのに、 大変そう。。



キョージと追いかけっこするようになった。

ゴミ場にしばらく居たからか、 体がカイカイみたいで、 可哀そちゃん。