次から次へと、 定着しない仔猫が、 出入りする。

かっちんに、 嗅がれているのは、 新人黒さびちゃん。



弱虫かっちん、 腰がひける。



綺麗なお子。 人は怖い。



サエちゃんの子供疑惑あり。

餌やり第1ポイントでは、 みけピン以来、 仔猫で定着した子はいない。

大人猫で準レギュラー化した子は数名いる。



みけピンは、 傷口がだいたいふさがってきて、 来週中に退院予定。

長い入院となる。



***



今日の本題


ちょうど2週間前に登場した、 反則ドクター

猫業界、すごい反則



再登場。

だいたい、 あん時の首輪猫さんは、 以来1度も見たことがない。

さすがに、 連れて帰ったのかと、 思ってたが、、



あの猫は、 置きざり行方知れずで、 また別猫連れてきた。

家の近所で、1週間ほど面倒みたが、 治らないので、 連れて来たとのこと。

彼女は一応人間のドクターなので、 抗生物質とか、 飲ませたらしい。

そして、 ここで皆といっしょに、 ごはんを食べさせてくれと、 お願いする。

絶句。。

まして、 他所から連れてきた仔猫が、 定着できるはずがないし、

そのように、 弱っているわけだし、 可哀そうだと言って、 面倒をみたいのなら、

自分のできる範囲で、 行えばいいわけで、 できないなら、 見捨てるしかない。

この前の猫だって、 そうやって、 勝手に知らない場所に移動させられて、

行方不明になっているわけでしょう~。



確かに、 私はここに来る子たちには、 ご飯はあげてる。

できる限りの子らに、 不妊手術を受けさせている。

だけど、 たったそれだけ。 魔法使いじゃないので、 全ての子らを救えない。

現実問題、 費用もかさむ。

いろんな猫好きが、 ここで餌をもらえと、 猫を置いていくことがあるけど、

定着できる子は、 まず居ない。 皆、猫を知らなさすぎ、 邪魔しすぎ。

飢えて死ぬ子は、 そういう運命。

ごはんを食べる猫をみて、 満足感をあじわっているのは、 エゴな人間。

気分よく餌やりすることで、 望まれない仔猫を増やし続けているかもという事実に

気付いていますか? 

かわいそ~、 かわいそ~は、 誰でも言える。

それでも放っておくことが、 どんなに優しいか、 考えたこともないでしょう~。

皆、 目先の可哀そうさを軽減できればよくて、 物事の本質を考えていない。



ま、 そんな風にマジ怒ったけどね、、(自分にもあてはまるからしんどいし)



ひとつ特徴的なのは、 ああいうタイプの現地の方は、自分で動物病院に

連れていくという発想は、 まったく無い。

お金がかかる問題もさておき(たぶんドクターは金持ちだと思うが。。)

行ったことも見たこともないので、 自分が行く場所だとは思わない。

それに、 とにかく、

あれぐらいの歳のおばはんのゴネって、 かなわない部分があるのよ。

たぶん同年代だろうけど(笑)、 私には、 勝てないのよ。 外人だし。

まして、 その病気の仔猫が、 隣で、 咳込んでたりしてさ。。。

ずるい作戦なのよさ。。



で、 2時間後

コードネーム ホワイト(ごめん、 顔もみてなくて、何も浮かばなかったし)
体重1キロ弱、 男子。 推定生後4カ月~

猫風邪(鼻づまり、咳、熱)、 疥癬、 衰弱などなど



あ~、 宇宙人系だ~



ワタル専用王様の座布団も、 ジローのP毒牙にかかり、

こんな薄々のせんべい布団で、 寝ていて、 かわいそうなのだ。



ジローの 「不適切な場所 de P」 により、 フカフカ類はもとより、

家の中の、 いろんな物が、 消えていく。

もちろん、 洗えたり、 きれいに掃除できるものは、 がんばって再利用。

日本製の猫の尿臭消しスプレーは、 もう2本めさ。



だけど、 身体の薄いワタルが、 床ずれしたら、 かわいそうなので、

もう、 数回目の、 座布団を作ってあげる。



やっぱり、 身体が、 楽ちんでしょう~



ま、 又餌食になる日が、 来るとは思うけど。。



それまで、 骨休め。



***


最近の不適切な場所、 ナンバー1に、 輝いたのは、、
1501307.jpg
PCモニター。

ありえんよね~


少し前から、 カイちゃんが、 たまに足をひきずることがある。

観察すると、 しばらく寝ていて、 起き上がった時などに、 ひきずる。

左後足だというのも、 わかった。

寝ていて、 身体の重みで、 しびれることがあるのかなと、 思うが、

くわしくは、 わからない。

症状がでるのは、 ごくわずかで、 すぐに普通に歩いている。



抱っこして、 くまなく、 ていねいに、 足をニギニギしてみるが、 

別にどこも、 痛くなさそうだ。。

心地よくて、 グーグー言っている。



心配よ~、 カイちゃん。



***


昨日の話。

雨の中、 遅れてきた、 ヤッっくんが、 ピカピカの首輪をしていた。 

やっくんも、 慣れない物を、 はめられて、 動作があやしい。

やっとこさ、 はずしてみると、



ビニールテープ。

どうして、 こういう事をするかね。。

やっくんは、 大人しいけど、 そんなに人間にすり寄るわけじゃない。

けど、 人間の側に寄らないと、 ご飯がもらえないからね。

昨日、 今日と、 ルミちゃんが来ないので、 気をもむ。


最近、 仲良しの、 2人(猫)。



おちゃめで、 積極的な、 肉食系女子と、



ちょっと、 奥手の、 草食系男子。



こんなに、 素敵なカップルなのに、、、



取り組み、 3秒前。。

2015年1月の第1ポイント&第2ポイントの皆さん

最近、 訪問回数10回未満の、 ご新規が多い。

右側手前の白っぽい子は、 今朝初めて登場。

なじんでるし。。


第2ポイント = ルミちゃんコーナー
1501254.jpg
いろんなチビッ子登場して消えたが、 チビ2匹が定着?

あいかわらずマアちゃん、 ルール無用の極悪っぷり。



ルミちゃん、 お手入れ中。


不妊手術後、 傷口がふさがらない、 みけピン。

徐々に、 肉が盛り上がってきてるけど、 後1週間ぐらいは、 外は無理。

やっと、 クリニックにも慣れて、 ごはんも食べれるように。



外では、 触れなかった、 みけピン。 

実は、 なでなで、 大好きの、 アマアマちゃんだった。

顔も身体も、 きれいになって、 毛並みも美しい、 みけピン。

家猫さんにしてあげたい、 ぐらいなのだ。

もうちょっと、 がんばろうね~。



***


懐かしい子たちの便りをいただいた。

思い起こせば、 2013年の8月。。。



ショコラちゃんという、 天使と、



サビちゃんという、 妖精。



ショコラちゃんは、 猫好き邦人の方々に保護されて、
兄弟は残念ながら亡くなり、 たった1匹残った、 愛らしいお子だった。
そして、 たまたま同時期に保護されて、 すでにクリニックに居た、 
サビちゃんと、 マチャル。
後に、 残されたマチャルを、 引取ることとなったのも含めて、
想い出深い、 お子たちだ。





あれから、 1年半~
いただいた写真が、 これだ! 

はい、 1 2 3~



いや~、 たまらんす。
天使&妖精度が、 ギュウギュウにアップしてました。

なので、 失礼ながら、 無断でアップいたします。



そして、 ママからのコメントにこうありました。

「さびとショコラは、少し痩せました。」

 

ほんと、 よだれもんに、 かわいいす。

なぜに、 遠くをみつめる???



いや~、 猫は、 何度噛んでも、 おいしいす。

(良い子は噛んではいけませんが~)


雨が続く。 異常気象なので、 南国らしからぬ、 1日中雨となる。



小雨になったので、 レギュラーメンバーは、 ぱらぱらと登場。



雨なのに、 おいしいパウチをもらえなくて、 すねる、 かっちん。



雨なので、 お腹をすかしたご新規さんも、 やってくる。



だけど、 居なくなる子も多い。

茶とらのチビ、 定着するかと思ったが、 来ない。

お騒がせメーカーの、 キョージも、 5日来ていない。

キョージはどこかに、 入り込んで、 出られないのじゃないかしら。。

あの歳の男子は、 元気があって、 だいたい危ない目にあう。



そして、 どんな大雨、嵐でも、 休んだことがない、 キョーコ。

今朝は来なかった。

昨日は変わらない様子だったが、 食が細くなってきたようで、

調子が良くないのか、、 心配するしかない。



***


病院のみけピンは、 傷口がまだふさがらない。

缶詰あげたら、 自分で食べれるようになったらしいが、

天候がこんなんなので、 もう少し我慢してもらうしかない。


ちょっとは、 ふっくらしてきたかな、 よっちゃん。

NHKの、 「ダーウィンが来た」が始まったら、 テレビにくぎづけ。

特に、 鳥さんが、 好きよね。



おてんば、 よっちゃん。 

安定感が悪いものの、 高い場所でも、 平気なの。



誰が悪いとは、 言わんが(笑)、、 よっちゃんは、 本当に、 性格よし。

周囲との距離間も、 素晴らしくて、 外猫だったからか、 もともとか。。



お腹はいいけど、 三角尻尾は、 触っちゃダメなんです~




不妊手術は無事に終了のみけピン。
エリザベスはつけられてるものの、日曜日に自分ではずして、
傷口をかなり舐めてしまったようです。

なおかつ、ストレスでご飯が自分で食べれないよう。
女子はだいたい、1,2日は食べれないことが多いのですが、
みけピンはちょっと、神経質だったのかも。
早く自分で食べれるように、おいしい缶づめをあげてもらうようお願いしましたが。。

雨季なのでなおさら、傷口が乾燥してからじゃないとリリースするのは、よろしくないです。
たまに、術後の傷がふさがりにくい子がいるようです。
昔だけど、フミちゃんもすごく時間がかかって、何度もクリニックへ行った記憶。

がんばれ、みけピン。
クリニックは厭だろうけど、すぐに帰れるからね。


今いる中で、 いちばんチビの、 茶とらの子。

昨晩、 すごい大雨で、 流されてしまったのではと、 心配だったが、

今朝も元気に、 やってきた。

 

食べてる時なら、 少し触れる。



***


毎朝毎朝、 もう何年も、 猫にごはんをあげてる外人も変だと思うだろうが、

良くも悪くも、知る人ぞ知る的な、、 まずい(笑)ポジションにある。。

そしてときどき、不思議な人たちに捕まってしまうのだ。。


思いおこせば、 1年半前、、

アパートの下に、ドクターが保護したという母&仔猫が5匹いたけど、

早々に、ドクターが家に連れていったという話があった。


土曜のお外、特典付!



そして昨日、 そのドクター初登場~。

ちょっと高齢の女性(同い年ぐらいかもね(笑))、

アパートの下にある診療所の内科のドクターとのこと。

彼女は猫好きで、家にもすでに何匹も猫を飼っているらしい。

そりゃいいんだが、、 このアパートの近くで、 餌やりしてる

という話を聞いたドクターは、 それは好都合と、 余った?猫を

離れた自宅から、 車に乗せて連れてきた。

急に知らない土地に連れて来られた猫さんは、 パニクって、

車の下に隠れる。

ドクターは、 猫さんを無理無理に抱っこして、 餌やりおばさんに

紹介してきた。



いや、そう言われても~ね~。。

この場所に定着できて、ご飯を食べにくるなら、食べればいいけど、

腹はもうでかくて、どうすんのぉ!? って感じよ。

ドクターいわく、 キャットフードも高くて、 安い魚をあげてたけど(たぶん生で)

たくさんの猫が病気になって、 困っていた。

雨が降って、 道が悪くなり、 猫もかわいそうなので、 ここへ連れてきた。

餌をやる人がいて、 ああ~良かった。

そのうち慣れるでしょう。

出産が終わったら、 この猫も不妊手術していいよ、、、、、って、、、、

そういうもんかい!!!?????



ありえんわ~。。。。でも、ここでは、 ありがち現地人的思考~~。。

飼ってるっていう自覚もないしね~。

だったら、首輪つけんなって、言いたいけどね~。


そんなんで、 とにかく、 餌はここに置いているから、 と説明。

その後、 猫さんは置きざりにされたのかどうか、 不明。

夜は大雨。 

今朝は、 どうしたものか、 まあ、 来るわけないし。。



他人のことは言えん立場だけど、 あまり猫さんの自然環境に干渉するのは、

結局どうなんだろうと、 常々考えさせられる。

人のエゴを押しつけると、 その代償を払わなくてはいけないと、

猫の行動心理学者ジャクソンさんも言ってるし。

そのまま、 自分にもあてはまるから、、 反省


腹水は治らないものの、 調子良かった、 キョーコちゃん。

年を越えてから、 少し食欲が、 落ちた。

そして、 彼女の遊びのブームは、 草かくれんぼに、 移行。

隠れて、 脅かす、 隠れて、 脅かす。



キョーコ、 まだまだ、 キレイだよ。



***


先日の、 大変大変、 猫がいっぱい~の、 1人(猫)

3兄弟ということだが、 この子だけ餌場に登場。

1日で消える。



この子も、 少し前に、 1週間はいたけど、 消えた。



ルミちゃんコーナーのチビチビ。

このサイズで、 人に慣れない子は、 やっぱり消える。。


仔猫は次から次と、 登場するが、 定着する子は、 わずか。

独りぼっちで、 いつも尻尾を身体に巻いて、 がんばってきた、 みけピン。



素敵な、 白三毛さんになりました。

愛想が良かったら、 里親さんだって、 探せる美人さんだったのに、、

いかんせん、 人嫌い。

捕まえることができるか、 心配だったけど、

この1カ月は、 触ることができるまでになったので、

肩つかみ練習も充分、

今朝、 不妊手術のために、 クリニックへ。


1501158.jpg
みけピンは、 車の中では、 死んだように静かにしてましたが、

クリニックで、 おばちゃんの顔をみると、 

大声で鳴いて、 文句を言いました。

意外に、 みけピンは、 賢く、 かわいい奴でした。


ジローのマーキングは、 今始まったことではないけど、

よっちゃんが来たあたりから、 頻繁にはなった。

どのくらい頻繁かと言うと、 ほぼ毎日、 数ヵ所で、 発見される。

ジローのマーキングは、 スプレーというより、 壁に向かって

普通にするので、 けっこうな量となり、 被害も大きい。

不適切な排尿と、 マーキングは、 分けて考えるということだが、

検討の結果、 不適切な排尿風マーキングと、 結論してみた(笑)。

 

オス猫、 超短毛種、 自己主張が強く、 独占欲が強い、 神経質、

多頭飼いなどの特徴も、 よくあてはまる。

いろいろ策をつくすが、 猫社会の力関係や、 テリトリーの問題などで、 

劇的には、 解決できない。 

飼主の妥協と許容が、 重要だったりするのだ(あきらめ?)。。



モナちゃんのように、 たまに布やカーペットに、 おPっこするのは、

メス猫の消極的なマーキングらしい。

他とからまず、 単独でいたがるというのも、 あてはまる。

まあ、 モナちゃんの場合、 幼少のころの、 フカフカお布団癖が

ぬけないのかもしれない。。

そういえば当時、 フェリウェイというフェイシャルフェロモンも、 試したはず。。

あまり効果のほどは、 なかったようだが、 今調べると、

最初は、 ものすごい量を使うのが、 いいらしい。



なかなか、 この問題はね、、 難しいのでありますよん。

といいながら、 今日も、 陽がくれる~


よっちゃんは、 独りでも平気だけど、  マチャルが、 大好き。



手頃な、 おもちゃと、 思っているようだ。



マチャルは、 嬉しくはないけど、 性格ゆるめで、 厭でもない。



寛容な、 兄を、 装っている。



***


昨年からのことだけど、 ルミちゃんコーナーに行く途中、
家をもたない家族が、 道で寝るようになった。
父は、昼間は道で歌ってお金をもらっているようだ。

1家族だったのは束の間、あっというまに3~4家族分ぐらいの人数に。
(彼らを管理するボス組織もあるらしい)
ま、それはそれなのだが、、 



最近、大通りへの抜け道ギリギリに、寝るようになって、、
ほとんど、人をまたいで行く感じで、まだ早朝だし、なんとも申し訳ないような、
道で寝るからだろう、でも家ないし~みたいな。。



そして大通りへでると、別家族の子供が、朝の水浴びさせられている。
あれ!? ここはどこだっけ??と、毎朝、目をみはってしまうのです。

小さい子供が、事故にあいませんように。



***


そして夕方、、

いやいや、おまえのおかげで、どんだけ危ない猫に合わせてもらったか。。

彼に悪気は全くなくて、猫がピュアに好きな、おっさんなのだ。
彼のおかげで、いろんな猫情報を得ることができているし、
命びろいした子もいるわけだ。

けど、彼は理解していない。
この変な外人猫おばさんは、猫のコレクションをしてる訳ではないのだ。
もう今ので十分、十二分。 お願いだから増やさないで~~

明日朝、現場に居たら、対処するし~
今日はみのがしてくだせぇ~




唯一の北国生れの、 モナちゃん。 

当時の女医さんに、 この子は手がかかるわよ、 と言われたのを、

いつも想い出す。

いろんな意味で、 事実だから(笑)。



かわいい妖精タイムは、 短めで、



だいたい、 荒くれタヌキ、 ときどき凶暴ヒグマ、 なのら。




***


カワイコちゃんを、 ご紹介。
pluitcat.jpg
里親さんを募集中。

左前足にケガとマヒがあります。

里親さんが決まれば、治療する予定だそうですが、マヒは残るとのこと。
(費用の面で据え置かれているらしい)。

この子を保護した方は、家で飼うことができないので、又道に放すと言うので、
クリニックで、里親を探しています。

fbなどでも聞いていますが、最初から障害のある子を欲しがる人は、
普通に考えても、少ないでしょうね。

とてもかわいいお顔で、仮に3本足(可能性があるそうです)になったとしても、
家で暮すには、問題ないんです。

じゃ~、お前が飼えよと言われそうですが、、誰か理解のある方の登場を、
お祈りするのです。

2015.01.08 北国は雪

チビっ子祭りが終焉。 ほうけすぎて、 風邪ひきそうな感じ。。

しかし、 ジローのおPっこ旋風は、 まだまだ吹き荒れるのだ。



皆大好き、 ビーンズクッションも、 たび重なる攻撃に、 さよならを決意。

せめて中身を取り出して、 再利用したいと思ったのだが、、

知ってた? あれって、 開けると増えるのよ、 でかいゴミ袋に3杯。



そしてその大袋3つを、 どこにしまうのよ~。。

猫の爪で、 簡単に中身は、 飛び散るのさ。

大変しのびないが、 ゴミ場に、 持っていったら、



1分もたたないうちに、 誰か持っていった。。

再利用してね~


雪かきを想い出した。
2005年のクリスマス
ワタルが太ってる。
christmas2005

ブラッキーナを追って、 昨日、 ハティも、 お星になった。

朝はまだ、 ご飯も食べたのに、 クリニックに着いた時は、 虫の息だった。

150gしかない身体、 状態が悪くなるのが、 秒刻みで、 怖かった。

人間のイタズラで、 5兄弟を別の場所で死なせてしまったけど、

魂は、 すでに、 皆出会えてるのだろうか。

合掌



***


クリニックのまるちゃん。
maruchan2015.jpg
まるちゃんママが、 お迎えに来た。

まるちゃんは、 3度目の駆虫の結果、 回虫も卵もみつからず、

うんPが少しやわらかめなものの、 とても元気に退院できた。

まるちゃんママの胸に抱かれて、 甘えるまるちゃんが、 嬉しそう。

まるちゃんには、 先住ワンちゃんと、 人間お兄ちゃんができた。


1501051.jpg
まだかわいいお兄ちゃんも、 まるちゃんとの再会を、 とても楽しみにしていた。

まるちゃん、 やったね、 がんばったね。

もう、 さみしくないよ。


裏玄関に異変があるので、 皆、 ト~ゼン、 落ち着かない。

かまって、 かまって~の、 1、2、3、4、5、6、7 cats、 なのだ。

筆頭姉さまになった、 ワタル、 踊ってみる。



右眉毛、 切れてるよ。



新春、 足なめ~の芸を、 ご披露しております。



ハティの下痢Pの、 回数が多いので、 タオル足りず、 おねしょシーツに。

お尻がただれて、 かわいそうなことに。。

今日は半身浴してみたが、 イロイロがっつりと、 こびりついている。



上半身も、 みごとに、 汚いし、 ビジュアルは、 猫として、 どうよ?

これが、 かわいい仔猫ちゃんに、 なってくれなきゃ、 困るのだが。。

下痢Pも早く落ち着いて、 とにかく、 元気に育つんだよ。

2015.01.02 2015年

新春そうそう、 悲しい話だけど、 ブラッキーナは、 お星になった。

クリニックに対して、 言いたいことは、 たくさんあるけど、 

託したのも、 自分だから、 何も言えない。

死なせずに、 済んだのではないかと、 とても悔やみ、 悔やむ。

ごめんね。



残されたハティも、 状態はぱっと、 しない。

コテコテに、 汚れてる。(給餌とか、 下痢とか)

でもクリニックでも、 これ以上いいことは、 できなそうだったので、

家に連れてきた。

声もでるし、 ご飯も食べれるようだ。



***


まるちゃん、 写真撮ったけど、ごめんなさい本当に全て失敗してしまった。

年の瀬に会った時と、 かわりない。  むしろ今日は、 元気。

遊びたい気持ちが、 いっぱいあふれてきたようで、

お目目も、 キラキラ。

1501023.jpg
動きが早くて、 部屋が暗くて、 my携帯で、 撮れなかったでし。

すみまへん。