いつも通る道沿いに、 お猿が出没するようになった。

自然保護地区みたいのが近所にあるらしい。

見物人が食べ物を与えるので、 寄ってくるようになってしまった。

TVの取材や、 ヤジ馬の渋滞まであって、 どうなのよ。

お猿さんは、 毛色はモナで、 お尻の形はジローに、 そっくり。

さあさあ、 食べ物をくださいと、 ふてぶてしい。



*

サダが噛み魔なので、 マチャルが高い所に避難。
1511302.jpg
サダも、 階段登ってみたいし~



もうちょっと身体がでかくなったら、 登れるかもね。



サダは、 驚異的スピードで、 増大中~




*


今日もこれからホワイチ点滴。
黄疸またでてきて、ぱっとしないです。
午後になると熱がでるのもしんどそうです。。
今日は偉い先生で、待ち時間長いだろうけど、がんばってきます~。


マチャルは、 暑がりなので、 だいたい大股開きで、 寝ている。


1511282.jpg
こんな感じ~。 失礼。



*


5回の抗生物質注射が終わって、黄疸症状が良くなったホワイチ。
まる2日間、点滴をしなかったけど、いよいよ食べないし吐くので
今日はこれから出陣。
1511283.jpg
思えばずっと風邪の症状がぬけなかったけど、ここまで調子が悪いのは
9月ぐらいから。
体重もあの時が最大の2.9kg、現在は2.5kg。
日本行きの歳に去勢手術をお願いしようと思ってたぐらいだから、
割と良い目のコンディションだった。
結局鼻水でるので手術は見送られたけど、クリニックには1週間滞在。
それがすごい悪かったとは思わないが、以来ずっと体調不良~

この2日点滴を止めて、リカバリーを少しづつ与えて、
ビタミンと抗生物質の飲み薬を与えてみたが、薬も吐いてしまうので
難しい。
点滴づけになっちゃうけど、身体が小さくて薄いので恐ろしい。
とにかく並ぶクリニックに行ってみますわ。
●ガレージの子
ボンボン 男 ? インドネシア生れ

bonbon.jpg
もともと近所周辺に居たらしいが、イカンを追いかけてきたのか1日遅れで登場。
去勢前はひどいケンカをしたが、現在はいっしょにいることができる。
強面だが、実はツンデレで、かわいい声の持主。
去勢後は元の場所に戻るかと思えば、1歩も動かず、ガレージの主となる。
皮膚病は治療できたが、目のにごりと涙がある。
顔の汚さは、徐々に薄らいでいくのではないか。。



--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
イカン 男 ?年まだ若い インドネシア生れ

ikan.jpg

2016.6月、突然登場して以来居座り続ける。
断食月で食べ物がなくなって流れ歩いていたらしい。
おしゃべりで甘えん坊、 ケンカ早くて、しょ~もない猫代表。
かっちんとは相性悪しで、 かっちんが家出猫に。。
母恋しなのか、、いつもキョーコの側に。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
エモン 男 2016年- インドネシア生れ
1603281.jpg


顔見知りの人が、独りで可哀そうだと、家に連れてきた子。
そんなんで拾ってたら、あっという間に100匹になるわと怒ったが、後の祭り。。
せめてすごい可愛い仔猫ちゃんなら、貰い手もあろうが、難しい柄。
サダの友達候補か??






--------------------------------------------------------------
●お家の中の子になるかもしれなかった子
ケン たぶん男 2016年-2016年 インドネシア生れ
1603093.jpg

ねずみか、他猫に噛まれて足がマヒ。
回虫にひどくやられて、手遅れだった。
全身真っ黒のケン。正真正銘のスイートな黒猫だった。
呼ぶと、顔をあげてこっちを見てくれたのに、残念だ。






--------------------------------------------------------------
●ガレージに遊びに来る子
オッジ 男 ?年- インドネシア生れ
oggi.jpg
うちの猫ではないが、この家に引越す前からのこの周辺の先住猫。
完全ノラなのか、誰かにごはんをもらっているかは謎。
どんなおいしいご飯を差し出しても、絶対食べないが、水を飲みにやってくる。
ガレージ隊とも仲良く寝てるし、大人しくナデナデもできる。
片目が白濁してるるので、見えてないかも。

花火が大量に上がった2015年年の瀬より行方不明。





--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
メチ 女 2014年-2015年 インドネシア生れ
mechi.jpg
明るく元気でかわいいかわいいメチ。
ガレージ隊のムードメーカーだったのに、交通事故で死なせてしまった。
鈴のような声で鳴きながら、庭をはねていたのに、悔やまれる。。
誰とでもうまくやっていける性格の良い子だった。



--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
よっちゃん 女 2014年- インドネシア生れ
yochan.jpg
交通事故で1カ月行方不明になるも、生き延びていたのを保護。
右後足が複雑骨折していたが、1年あまりでほぼ自然治癒、木にも登れる。
事故後、家猫にしたが、どうしてもヒタムとダメで、1年あまりで外猫に戻す。
勝ち気でおちゃめ。




--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
かっちん 男 2014年- インドネシア生れ
kachin.jpg
頭デッカチヤセヤセの怖がりだったが、いつの間にかスーパーデブに。
家猫だったら最高のウザアマスイートボーイ。
建物に閉じ込められて、腹ぺこを経験したからか、食に貪欲。
若いのに運動嫌いでずっと寝ていたい。 肥満注意。




--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
チャッキ 男 2013年- インドネシア生れ
chaki.jpg
ひ弱で定着しないだろうと思ったら、生き残ったチャッキ。
身体は小さく、皮膚病でマルハゲだったが、現在は毛もはえて、ちょっとデブに。
犬に噛まれて入院してから、人間に触られても平気な子に。
遊び好きで活発。声はださない。



--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
マミ 女 2013年- インドネシア生れ
mami.jpg
餌やりしてたシマちゃんの子供。(シマちゃんと別の兄弟猫はすでに死亡)
人間には甘えるが、あまり他猫とはかかわりたくない。
女子のくせに冒険心が旺盛なので遠出をして、心配をかける。
鳥採り名人。



--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
キョーコ 女 ?年- インドネシア生れ
kyoko.jpg
外で餌やりをして不妊手術をした後に、腹水がたまってしまった。
以来1年以上たつが、元気で食欲も旺盛。
母猫時代は凶暴だったが、今では人間大好き、抱っこも平気。
何度も出産を繰り返し、歯も抜けたバーちゃん猫だが、おもちゃ大好き。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
サダ 男 2015年- インドネシア生れ
sada.jpg
交通事故で腰を打ったらしく両足がマヒ。
幸いにも身体は健康で、すくすく成長、いたずら小僧。
明るく元気で、家猫暮しなら、足のハンデも問題ない。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ホワイチ 男 2014年-2015年 インドネシア生れ
white.jpg
保護した時からずっと病気続きで、ワクチンも去勢もできなかった子。
感染症でケージ暮しが長く大人しいが、呼べば小さくお返事できた。
黄疸がひどくなってきたころは、手遅れだったのかもしれない。
1年と1,2カ月でお星になってしまった。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
マチャル 男 2013年- インドネシア生れ
macharu.jpg
やんちゃで甘えん坊、人間大好きのスイートボーイ。
焼きもちやきだが、前には出られないタイプ。
ちょっと食いしん坊だが、下の子らとも遊べる優しいお兄ちゃん。
ときどきイジケ虫のさみしがりや君。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ジロー 男 2013年- インドネシア生れ
jiro.jpg
目の開かない時に保護して、カイちゃんの母猫にお乳をもらった。
頭が良く繊細、怖がりのくせに、ボス気どり。
早いうつに去勢も済ませたのに、今やPっこマンジローの異名を持つ。
毎日のマーキングや、ヒタムいじめで、問題多し。
早く落ち着いた大人になってほしい。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
カイ 男 2013年- インドネシア生れ
kai.jpg
小さい時はジローの兄役だったが、現在は距離をおいている。
優しくて、大きくてふかふか、性格良しのカイちゃん。
一時足を悪くして心配したが、体重減少で良くなり元気に。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ヒタム 男 2010年- インドネシア生れ
hitam.jpg
デブで大人しくて、のんびりな子だったのに、よっちゃんが加わって凶暴に。
よっちゃんと離してからは、ジローの標的になっている。
本来マイペースで他の猫とあまりかかわりたくないし、人は怖い。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
モナ 女 2007年- 日本生れ→インドネシア
mona.jpg
手のかかる幼少時代だったが、シニアになって我が道をいくババに。
唯一の日本猫だが、母は白黒、シャム風なので顔が丸くない。
しつこく頑固、要望がかなえば淡泊な北国の女子。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ワタル 女 2004年- シンガポール生れ→日本→インドネシア
wataru.jpg
もうダメかと思った時もあったが、10歳超えして問題多きも元気に。
他猫との協調性はなく、甘えん坊で神経質なので、ストレスハゲに。
扱い難しいガラスのハートだが、かわいい奴。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
フミ 女 2004-2014年 シンガポール生れ→日本→インドネシア
fumi.jpg
永遠の天使だったフミちゃん。
もっと長生きしてほしかったのに、大所帯になって苦労をかけた。
フミが逝ってしまって、猫飼いの一区切りがついてしまった気がした。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ムガ 男 2004年 シンガポール生れ
muga.jpg
フミちゃんの兄弟。
タローの面影を求めて探した子。
元気いっぱいだったのに、ある日高熱が出てあっけなく死んでしまった。
フミとムガの兄弟愛



--------------------------------------------------------------
●半家猫の子
タロー 男 ~2004~年 シンガポール生れ
taro.jpg
近所の地域猫で、すでに耳カットされていた。
半家猫で暮していたが、行方不明に。
翌年の日本帰国の際に連れて帰って完全家猫計画だったのだが、残念。。
始まりはタローだった









変りばえしないガレージ隊だが、 マミは少し、 怒りっぽくなった。



よっちゃんが加わってからのことだが、 対よっちゃんは、 問題ない。

なぜか、 かっちんにあたることが、 多い。



ね、 マミ。 あんまり遠くへ行かないでね。



*


先週新しいクリニックで血液検査を受けた時点で、食が細かったホワイチ。

土曜日に再訪して以来、抗生物質と点滴を打っている。

抗生物質の注射は5回なので、今日で終わるはず。

自力でも少しは食べるけど、点滴は続くのかな。。

昨日のドクターの話では、先週より黄疸症状が良くなっているとのこと。

体重も500g回復して、2.6kg。

すっかり病院が嫌いになってるホワイチ。

待ち時間も長いし、ワンちゃんの多いしね。

もう少し辛抱して、良くなる兆しを掴みたいのだ。



新しいクリニックに通いつめて少し状況が解ってきた。

最初にサダやホワイチが診てもらった先生は、実は雇われドクターで
クリニックには、院長先生を含めて3人のドクターが居る。
院長先生は経験豊かそうで、すごいぞオーラを出しまくっているが、
別の2人の先生もかなり経験値は高い。。
ここは、夕方4時から実質夜中の12時まですごい数の犬猫が訪れる。
その大半がけっこうな重症患者。
待ち時間の長さは、犬猫にもこたえることだろうが、他所ではらちが開かないので、
皆辛抱強く順番を待つ。
院長先生の診断では肝臓の値の悪さは、まるで毒物を飲んだかのようで、
ネズミ捕りの薬でも食べたのではないかと聞かれたが、そんなものは家にない。
猫の肝臓は人や犬と違って代謝機能が弱いので、回復が難しいとのこと。
とりあへず体力を回復しなければ、どんどん弱って取り返しがつかないぞと脅される。
なので、食べれるようになるまでは点滴で栄養補給とビタミン投与。
最初のドクターが処方した血を増やす薬は、まだ時期早ということで保留。
薬づけでかわいそうだが、今はついていくしなかい。
この点滴が、前足を縮めると止まってしまうので、伸ばしておかないといけない。
で、伸ばさせると今度は、腕枕にして又ストップ。
見張ってるのが大変なのだ。
がんばれ~ホワイチ。




先日、 サダがこの水飲み器の先っちょに、 耳を入れたらしく、

耳の中に水が入るという事件(?)が、 起きた。

クリニックで、 綺麗に拭いてもらい、 特に問題はなかったのだが、

以来、 水飲み器は、 かなり下方に取り付けている。


1511201.jpg
もともとサダが、 水飲みカップを枕にしたり、 尻を浸したりで、

きれいな飲み水の管理が難しかったので、 水飲み器を取り付けたいきさつ。

まさか、 耳に水が入るとは、、


1511201.jpg
2度目のワクチンも終わり、 順調に成長中~、 

でかくなるのが早すぎる感の、 サダ。

現1.8kg。


1511201.jpg
しこは、 踏みません。

ちょっとデブかしら??



*

今ホワイトが世話になってる、カリスマクリニックで、 サダもワクチンしました。

クリニックには、サダと同じように足がマヒしてる仔猫が、レスキューされてるそうで、

もう1匹飼わないかと、勧められました(オイオイ~)。

誰かがクリニックまで連れてきたけど、そのまま置きざりになってるそうです。

もう13匹いるのでと、お断りしたのですが、

ずっとクリニックのケージの中かもですね。


新しいクリニックにて、 ホワイチの病気が、 少し判明してきた。

今までずっと、 猫風邪と言われ、 抗生物質とリジンのサプリ、

ビタミンと、 呼吸を楽にするための吸入を、 続けてきたのだけど、

いっこうに良くならない。

1歳超えと思われるのに、 身体は小さいまま。

2.9kgまであった体重も、 最近食欲不振で2.6kgに。

調子が悪いときは、 身体が黄色っぽくなることもあり(黄疸)、

ちょっと遊べば、 息があがる。

1月に登場して、  治ったのは疥癬ぐらいなのだ。

猫業界、すごい反則2



評判の良いと言われるクリニックにて、 血液検査をしてもらったところ、

まずは肝臓の数値が非常に悪い。 

その他もろもろに問題が。。

肝疾患とか、 溶血性貧血とか、 胆管肝炎とか、 いろいろと疑われる。

もちろん、 猫風邪などの感染症もあるので、白血球の値も高くでる。

病気はひとつではなく、 からみあって、 足をひっぱりあうので、

だんだんと悪い方に向かっていく。。

新しい種類の抗生物質、 血液(血小板)増加薬、 ビタミンも増量して

2週間、 体力をつけて、 再度血液検査の予定となった。



こんどこそ、 こんどこそ回復にむかってほしい、 ホワイチ。

元気になって、 身体も大きくなって、 毛もふわふわになって

やんちゃでいいから、 いたずらしておくれよ。



1519114.jpg
評判の良いクリニックの話は以前から聞いていたが、 

診療時間が、夕方4時~夜8時までなので、 躊躇していた。

行ってみれば、 噂どおりの長蛇の列。

中華系の多い地帯なので、 犬を連れている人が大半。

夕方3時半にスタンバイしてみるも、 すでに受付済みの人が数名。

先生の登場は4時15分~4時30。

なので、 だいたい1時間は必ず待たなくてはならない。

先生は弟子数名に教えながら診察を進めてゆく。

大きくないクリニックには、 血液検査も、 レントゲンも、 手術場も

その他の高そうな機械も、 おおよそ揃っている。 

が、 全くそうは見えない雑然とした、 野戦病院の雰囲気がある。

先生は、 経験値も高そうで、 この先生が言うなら、 まちがいない、 

と思わせるオーラも、 バリバリ出してる。

てか、 他のクリニックのドクターが、 あまりにもひよっこ過ぎて、

むしろ、 こういうドクターが、 現地にも居るんだと、 感涙もの。

人の話では、 そういうドクターも数名いるらしいけど、 皆予約が大変そう。

とにもかくにも、、 今はこの先生についていくしか、 ないのら。


カイちゃんが入ってるキャリーケースは、 カレー臭い。

というのも、 インスタントラーメン(カレー味)の中見が破れて飛び出し、

キャリーケースの中で、 いい感じにシェイクされたからだ。。



クエン酸で洗って干して、  ローズマリー精油を投入してみたが、

恐るべし、 カリー味。。

でも、 カイちゃんは、 結構好きみたい。



*



元気いっぱいサダは、 誰とでもあそびたいのだが、



しつこく尻尾をかじるので、 煙たがれている。



大人は皆、 かかわりたくないのだ。

 

日曜の定例餌やり。

ルミちゃんコーナーにルミちゃんが居なくて、 心配。



もう居なくなってしまったかと思ってた、 モドキ。

前足のケガが腫れていて、 3本足だけど、 元気。



ときどき登場の、 クーカイ。

今日は腹空き、 よく食べた。



フクちゃん。



いよいよダメかもの、 アナアキ。

先週は食べたけど、 今日は食べれなかった。



***


PCのモニターに、 Pっこかけられたことはあるけど、、

なぜ? そこに

ノートブックってのは、 新しい。

Pっこは、 キーボードのすき間から、 中に侵入して、 

その位置が、 パワーボタンの周辺だったからか、、

一度は電源が入るも、 きっと永遠にサヨナラと、 なったのである。



蓋は、 閉めて寝た方がいいよ~って、 忠告してたんだけどね。。

恐ろしや恐ろしや~



若い猫おばちゃが、 日本で、 おむつを買ってきてくれました。

サダ、 感激。

どうもありがとうございます。



オムツカバーしなくても、 脱げずに、 快適に遊べま~す。



元気なサダ、 今日は、 2度目のワクチンへ。

体重1.7kg、 ひと月で、 700gも増えました。



すっかり準備万端、 いざワクチンを打つぞの段階で、

肝心のワクチンの在庫がないことが、 発覚!?

ありがちだけど、、 ときどきこの国は、 疲れるのよ。。



いっしょにホワイトも診てもらい、 

又抗生物質のお薬をもらい、 吸入をする。

吸入は家でもしてるけど、 ミネラルウォーターだけ。

クリニックでは、 鼻水が出る薬と、 酸素も送りこむので、 効果大。

しばらく通って、 この吸入を続けてみることに。

そして、 血液も検査した方がいいと、 言われるが、

機械が壊れているので、 別のクリニックでやって下さいとのこと。。

ああ~また、 クリニック探しの旅かしら???

2015.11.07 ルノワール風

腹水なのか、 デブなのか、 とにかく元気で、 良く食べ、 良く寝る。



皮膚の状態も良好で、 毛並みもばっちし、 絶好調~の、 キョーコ。


1511076.jpg

裸婦?



*


どうも最近、 かっちんやよっちゃんと折合い悪い、 マミ。

丸1日半、 家出していた。

マミの家出は良くある事だが、 心配だから、 やめてほしい。

写真嫌いのマミと、 2人+猫で自撮り。



マミの家出をそそのかしたか、 そそのかされたかの、 オッジ。

いっしょに、 帰ってきたよ。



2015.11.06 サダ前進中~

ケージ周辺で、 ジャラシで遊ぶだけのサダだったが、 社会性向上中。



男は、 旅に出る、 ガウゥ~。



外の風を、 感じて、



ホワイチ兄いと、 ジャレじゃれ。

風邪がうつるので、 そこまで。



隅っこにも、 入ってみたい。



うんPが固くなりがちなサダ。

自分でふんばれないので、 固いうんPを出すのは、 一苦労。

バターやオリーブオイルもちょっと試しているけど、 運動が大事みたい。


それ以外は、 たぶん健康優良児のサダ。

来週は、 2度目のワクチンの予定です。

2015.11.03 悲しい時は

わが家にお客は多くはないが、 たまのゲスト様は、 猫好きが多々。

まあ、 類は類を呼ぶ業界系?なので、 そういうことだ。



なのに、 どいつもこいつも怖がり人見知りで、 すぐに姿を消してしまう。

お客様にかわいがってもらえるのは、 マチャルぐらいなのだ。

マチャルもそれを心得て、 お客の前にそそと、 しゃしゃり出て、、

「まあ~かわいいねぇ~」 と、 ナデナデしてもらい、

有頂天になって腹をみせ、 ゴロゴロするのが、 極上の楽しみ。



如何せん、 今日のお客は、、

犬猫?、 別に気にしたことありません、 飼ったことないし。。

居たら厭とというわけでもないけど。。

という、 業界系のお方であったのだ。



さすがのマチャルも、 いくら目の前で待っても、 目もあわないし、、

これは違うなと思ったが、 しつこく待ってみた。

極上の楽しみのために。。

 

だから今宵は、 モミモミ枕を、 いつもより多く、 揉まねばならぬ。

揉んで、 揉んで、 全てを忘れるのら~。



ワタルに、 覗かれる。



マチャル、 残念だったね。

2015.11.01 もう11月

ガレージ暮しで、 ストレスフリー、 ますます美し、 よっちゃん。


151112.jpg
あ~かわいい、 かわいい。

腹毛、 モフモフ~



家の中で使ってた、 ワンちゃん用の丸いテント。

Pっこマンの攻撃にギブアップ、 洗いすぎて、 クタっとなる。

ガレージ隊にプレゼント。

よろこぶ、 チャッキ。



皆でかわるがわる、 中に入ってるけど、 上で遊ぶのが好きな、 チャッキ。



チャッキ、 いいお顔!



*



黄パンツサダと、 かかわりたくない、 マチャル。



しつこい、 サダ