チビッ子のことは、 どうでもいいワタルだが、 エモンの事は大嫌い。

昨日も、 エモンから逃げるワタルは、 どこかにぶつけたのか、

肉珠が少しすりむけて、出血が。。



ジローやマチャルが、 ワタルを攻撃することはない。

まあ、 ワタルも歳をとって、 エモンの教育がなってないらしい。

元気だけどご老体になっていくワタルを、 守らねば。



元気いっぱいすぎる、 エモン。

なんか当初に比べて、 小奇麗になったとは思うが、

どうも猫とちがう小動物くささが、 ぬけないと思うのは、 私だけ?

最近夜は、 頭にジロー、 腹にエモン、 足にマチャルで、 寝苦しい。



そういえばこのマチャルも、 肉珠がセンシティブ。

高い所から飛び降り、 肉珠からすごい出血して、 びっくらしたこともある。



エモンとマチャル。

取り組み、 3秒前。

2016.10.28 つんつんサダ

ツンデレの、 ツンの方が、 多くなってきた、 サダ。

皆、 2階にあがっちゃって、 独りぼっち。



パンパース取換え、 ズボン履かされ、 風呂にも入れられて(週一ね)、

すっかり、 ご機嫌斜めなのだ。



サダも大人といっしょに2階に上がってみたいかと、 連れていけば、

落ち着かず、 いそいそ降りていくし、

顔はむっつりだが、 慣れ親しんだこの床の上が、 いいのかもね。



身体もでかくなって、 顔もオヤジ化してる時があって、 あせります。



これはかわゆく撮れたので、 ここに置いておきましょう。



*



そろそろ目の色が、 変わってくる頃ではと、 思われるタクだが、



ベィビーブルーではないものの、 なんとなく、 グレーブルー。

ブルーが残れば、 ハンサムに箔が付くところだが、、



どうでもいいよ~、 元気なら~

2016.10.26 ザ・お昼寝

三者三様、 いろんな思いはあるものの、 楽しいお昼寝タイム。



ガレージのケージにチビッ子が居るので、 あんまり寄りたくない、 キョーコ。

イカンとの争いで、 身も心も小さくなって(身体だけは大きいままだが。。)

なんとなく、 キョーコの側にいたい、 かっちん。



そして、 サンダルにご執心の、 ボンボン。



ガブリ~、 ガブリ~



へい、 ボンボン! 

強面の、 甘タレになっています。



*



こちらは、 かわいいお顔で、 ガブリガブリのガブリンチョ。


1610267.jpg
月曜から、 ウンPのお薬飲んで、 少おしづつ良くなっている感の、 タク。

月曜時点で、 600g。

少し食欲が増したよう。


1610268.jpg
足長と、 言われてます。


先日の一時帰国の際に、 ジローだけは、 クリニックお預けだった。

なじみの箱など、 ケージの中に入れてあげたが、

怖くて、 小さくなっていたジロー。

お迎えにいった時、 すでに1週間以上もそこに居たのに、 

同じ体勢で、 小さくなっていた。

なので、 身体もすっかり、 スリムに。。



4日ほどは、 私にしがみつくように、 いっしょに寝ていたジロー。

不適切なPのことなど、 すっかり忘れたかのよう。

ヒタムに対しての威嚇は、 ちょとひどくなった感があるが、

Pっこされないなら、 もう少しぐらいのことは、 大目にみるさ~

と、 喜んでいたが、、、



戻ってきて5日めに、 日常の記憶が、 よみがえったらしい。。



Pっこ戦争、 ふたたび。。



*



催眠術にかけられる、 タク


なんとなくクリスタル、 キョーコと、 よっちゃんの耳。

雨が多いが、 暑くても晴れてる方が、 気持ちいい。



綺麗におすまし、 チャッキ。



*


里親募集してます
1610232.jpg
超元気なものの、 すこおしまだウンPがやわらかい、 タク。

今日、 クリニックに連れて行く予定だったが、 車なくて明日にします。

食べるより遊ぶのが忙しい。

2016.10.22 あきらめる力

私の居なかった間に、 かっちんは、 耳をかじられ、 血だらけに。



ケンカしない意思表示の、 腹見せをしてるのに、 腹までひっかかれ、



すっかり意気消沈の、 マイボーイ。

最近は、 ご飯時に、 戻ってこないことも。。


犯人は、 邪悪すぎる猫、 イカン。

もともとガレージ隊のメンバーは、 連れて来る時に組合わせを考えていたので、

メチが死んだり、 よっちゃんが加わっても、 仲はそんなに悪くなかった。

雨の日は、 皆でガレージで寝転がっていれたのだ。

それが、 イカンとボンボンの登場で、 すっかり狂ってしまった。

ボンボンは、 昔のオッジのように他猫は邪魔しないので、 OKなのだが、

問題なのは、 イカン。

誰にでも牙をむく、 人に甘えるくせに、 いまだ真剣にかじってくる。

特にかっちんとの相性は、 最悪。

何度もケンカしていて、 このところかっちんは、 もう降参してるのに、

敷地から追い出そうとする。

ご贔屓のかっちんが、 庭でゴロゴロしてるのが、 嬉しかったのに、

すっかり悲しげな、 顔つきで、 外を歩いていて 心が痛む。

綺麗な水をたくさん用意してるのに、 イカンに追い出され、

近所のバケツの汚い水を飲んでいて、 母悔し涙よ。

本人(猫)は、 なんとも思ってないかもだけど、 すっかり不健康体。

物事は思うように進まないことは、 重々承知で、 

事のなりゆきを、 あきらめる力を最大限発揮して、 見守るのだが、

不憫なことよ。



イカン、 いいかげんにしなさいよ!



*


そしてチビッ子

君はどういう大人になるんかい?



耳と顔のバランスが、 少しとれてきたかも。

眼の色は、 あいかわらずの、 ベィビィブルー。



中途半端な尻尾も、 ご愛嬌で。

2016.10.20 チャッキ回復
ボケ写真ですが

長い入院をさせてしまったが、 チャッキの足の怪我は、 すっかり回復。

毛がはえるのを、 まつばかり。



ちょっと甘えん坊になったチャッキ。

キョーコの愛情パンチで、 日常をとりもどす。

これからは、 車の下は、 う~んと気をつけてね。



*


そして、 チビっこ

タクは、 まだ少しウンPがやわらかめだけど、 すこぶる元気。



あんなに怖がりだったくせに、 1日で、 人間大好きっ子に、 変身くん。



タクの名前の由来は、 インドネシア語のタクット(怖い~)、 から。

それはそれは独りぼっちで、 外で耐えてたから、 怖かったよね~。



勇敢な、 ボール大好き少年になる、 予定す。


里親さん、 大募集しま~す。


北国は秋どころか、 寒くて寒くて、 カイロを3つ貼っても、 寒かった。

 

時間と争う1週間で、 自分が猫飼いなのも、 忘れる程だったが、



南国に戻ってみれば、 あっちからこっちから、 三角耳がやってくる。



待ってないかもしれないけど、、 待っている猫が居た、 幸せよ。



*


そして、 なぜか+1。

450gの男子。



一週間も雨に打たれて、 飲まず食わずだったが、 そこそこ健康。



どうして君は、 家の前に落ちていたんだい??



コードネームは、 「 タク 」。

前回と柄がかぶるのが、 気になる。。

2016.10.07 北国は秋

婆用ができて、 北国へ出向くこととなった。

猫は人に頼むしかないのだが、 大悪ジローは、 クリニック預けとする。



前回は、 ワンちゃんたちと同じ部屋で、 ご飯ものどを通らなかったらしいが、

今回は奮発して、 猫部屋専用だ。

どうだ、 嬉しいか?



どのみち内弁慶のジローは、 家から出れば、 臆病すぎる猫で、

クリニックのスタッフからも、 こんなに怖がる子は、 珍しいねと言われる。



Pっこ問題も、 夜のケンカもあいかわらずなので、 いたしかたない。

元気で暮せ。

迎えにはいくさ。



そして訪れる、 ヒタムのバカンス。

楽しみッピョ~

2016.10.06 白黒同盟
もひとつ、 エモン。

少し大人になって、 2階で過ごすことが多くなった、 エモン。

サダがかわいそ~



エモンの身体も大きくなって、 たまにカイちゃんと見間違うこともあるが、



カイちゃん、 イケメン、 あんど、 善。



エモン、 ヤクザ、 あんど、 小悪。

誰が、 大悪かは、、 おほほ~




小さかったカイちゃん。
今朝思うたこと




顔のスミは、 とれないが、 こぎれいになった、 少年エモン。



すでに立派な、 体型だが、 頭は、 あいかわらず小さい。



来た当初は、 臭くて汚かったが、 随分と垢ぬけしたもんだ。

特に、 尻は、 ピカピカ。



マチャル兄と、 ツーショット。



イタズラ程度も、 食いしん坊程度も、 想定内で、

まあギリ、 普通の成長過程を、 たどっている。



ちょっと、 まだ鳥が、 抜けないが。。

2016.10.02 ペット病院
写真は文章と関係ありませんです。

あれからチャッキを、 良いクリニックに連れて行き、

良いドクターが一目みて、

この傷は、 縫わなきゃダメでしょう、 ということになった。

そして良いドクターの別のクリニックで、 集中して診てもらうことになった。



私たちは今、 北方面に住んでいて、 使っているペット病院は3つある。

一つは、 24時間オープンのクリニックで、 街全体で考えても

24時間開いてるペット病院は、 2つしかないので、 貴重である。

ここは一日を3シフトに分けて、 複数のドクターが、 在駐している。

いかんせん、 ドクターの能力は、 かなりマチマチで、 当たり外れが多い。

チャッキもここで、 縫うほどではないと言われたのだが、、 まちがいだったか。。

抗生物質と塗り薬で1週間、 進展がなかった。。



2つめのクリニックは、 あまりにもドクターのレベルがどうよなのだが、

たくさん処方食を売っているので、 もっぱっら、 フード買いとして、 使用。



***


やっくん

そしてたどり着くべきして、 たどりついた、 3つ目の良いクリニック。

この街の獣医で、 名医と言われる2女医のうちの一人を中心に、 3ドクター。

曜日によってドクターはシフトしているが、 どちらも先鋭。

問題は、 診療時間は夕方から夜にかけてなのと、 とにかく混むこと。

予約なしの早いもの順なのだが、 待ち時間が長いので、 辛い。


はなちゃん

だけどこのクリニックで診てもらうと、 あきらかに他所とは違うのが、 解る。

当地では、 レントゲンすらないクリニックも多いのだが、 ここでは

すぐにレントゲン、 エコー検査、 血液検査もその場で結果が出る。

何しろその臨床の多さは、 群を抜いているだろうし、 

ていねいな診察、 手際の良さは、 知ってる中ではぴか一。




KFCに居たチビ

今回もチャッキが朝、 足をひきずって、 血だらけで、、 

急きょ、 開いてるクリニックに連れて行ってしまったが、

早い段階で、 良いクリニックで、 診てもらうべきだった。。




KFCに居たチビ2

日本でも、 良いペット病院にめぐりあうのは、 難しいし、

ましてや、 このお国がら。




KFCに居た母猫

昨日、 一度家に連れ帰ったチャッキ、 大好き缶詰食べて、 又入院。

チャッキ、 早く治ってね~。




1週間入院して、 抗生物質の薬も飲み終えた、 チャッキ。

怪我の状態は、 あまりかんばしくない。

まだ全然乾燥してないし、 血もにじんでいる。

ただ痛みは、 かなりひいたようだ。

この先は、 塗り薬と、 患部を清潔にするしかないとのこと。



今日、 クリニックから一応退院したが、 別のクリニックに、 再入院の予定。

ガレージのケージで数週間閉じ込めるのは、 難しいのだ。

チャッキは大のケージ嫌い。

かといって、 この雨の多い季節、 外にでれば、 感染症が怖い。



チャッキはすばしこいから、 車にぶつからないかと思っていたけど、

やはり原因は、 車の下で寝てたのだろうか。。。

足の怪我だけで、 身体は元気で、 食欲も、 甘々もあるチャッキ。

早く、 車の上に乗りたいね。