FC2ブログ

ココナ&ジジ一緒にワクチン



クリニックがレバラン休暇からあけたので、 ココナとジジを、 ワクチンに連れていく。

2匹それぞれキャリー入れて、 車の後ろに乗せたら、、

うるさい、 うるさいの、 大合唱~


300617kj2.gif

そういえば、 ココナもケージに閉じ込めたらうるさすぎて、 小さいうちから自由に走り回っていた。

普段は割と無駄口多くないのだが、 閉じ込められるのが、 嫌いみたい。


300617kj3.gif
あまりべたべた甘えないけど、 要求があるときは、 うるさい女子、 1.24kg。


300617kj4.gif

そして、 口数多すぎな男子、 ジジ、 1.14kg。

右も左も食にうるさい諸先輩ばかり、 いい手本を見て、 育つのだ~。


300617kj5.gif

身長は、 測らなくてよかったみたいよ~


スポンサーサイト




登場猫(2017.9更新)

●預かりの子
ジジ 男 2017年- インドネシア生れ
jiji2017.gif
訳あって、日本に帰れるまで預かっている子。
まだ小さく渡航できないので、ワクチンや諸手続きが済む来年まで預かっている子。
本人は居候の意識なく、誰よりも大きな声でご飯を催促。
人間も猫も誰でも仲良くなれる、食べ物以外はほどほどの積極性。
真っ黒黒猫に見えるが、赤身が入ってるこげ茶系。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ココナ 女 2017年- インドネシア生れ
230617k3.gif
家の前に捨て置かれた子。
目撃者情報では近所のヤシの木がある家の住人が捨てたとのことで、
名前はココナ。
黒いしっぽがふさふさで可愛いが、あまり愛想はよくない。
子供のくせにしっかりとした感じがあるが、遊びは大好き。
ちびっ子が多い時期で、楽しそう。
たまにしか甘えないが、甘えるとかわいい奴。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
アン&グリ 男女 2017年- インドネシア生れ
190617ag3.gif
家の前の川に置かれた兄妹or姉弟。
当初は、三毛柄なので姉妹と思っていたら、アンは珍しい三毛男子だった。
成長とともに黄色い部分が薄くなってきてる。
アン(男子)は、別名バッキュームカー、食べるのがすごく早くて大デブに。
性格ものんびりな感じ。
グリ(女子)は、食べても成長が遅いおチビちゃん。
女子らしくかしましい。
2猫ともあまり声をださないので、うるさくなくてよろし。
里親さんの機会を逃し続けるが、不妊手術後に再チャレンジしようかと思っている。


2017.9

アン、お試しを経て譲渡へ。



--------------------------------------------------------------

●お家の中の子
ダイ
 男 2017年- インドネシア生れ

1704121d.jpg
近所のごみ箱に居た子。
自力で家までたどり着いて志願したので、家の子に。
小さい時は、家中にいても人から逃げ回ってサバイバルしていたが、
去勢が終わった頃から甘えん坊でおしゃべりに。
それでもお客様がきたら速攻隠れる、内弁慶。
どうせでかい黒猫になるだろうと思って、名前はダイに。



--------------------------------------------------------------

●ガレージの子→前の餌場へ
ハク 男 ?年まだ若い インドネシア生れ
1703202h-1.jpg
2017年3月に登場。以前に公園の方で見かけたことがある。
身体がでかいので、小さい時は人にご飯をもらっていたのだと考えられる。
圧倒的に強くて、あっという間にガレージを占領。
去勢手術後にひどい風邪にかかり、行方不明、数日後に息たえだえにってくる。
(この風邪が、タクに伝染?)
しばらく入院して元気になったら、他猫を威嚇して寄せ付けない。
イカンと同じケースで、死人が出る前に、餌場に強制移動。
賢くたくましい、いい猫であった。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
テイ 女 2016年- インドネシア生れ
1701097.jpg
お友達の家の前の川に落ちてた子。
遠目美人と言われる、ちょっと残念なテイちゃん。
尻尾は川に落としてきたので?、ほぼないし、あまり身体は大きくならないみたい。
三毛柄が居ないわが家で、唯一の三毛柄、といえるのかな、一応白三毛。
すごくうるさい子だったけど、ちびっ子が増えて主張がとおらず、ちょっといじけ虫に。
今でもタクが一番の理解者。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
タク 男 2016年- インドネシア生れ

1612072.jpg

家の前に捨て置かれた子。
なかなか捕まらず、1週間もひもじい思いを、、そのせいか今では食泥棒猫に。
里親の話もなかなか決まらず、家に居るが、下痢、クラミジアなど病気が多いので、
外に出さなくてよかったかも。
性格はスイートスイートボーイ、いつでもちびっ子の良き兄。
子供の時はコロコロしてたのに、いつもおなかの調子が悪いせいか、ひょろとした子に。



--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
キョーカ 女 2014年- インドネシア生れ
kyoka.jpg
キョーコの最後に産んだ5匹の1匹。
狂暴であまり他猫と合わないので、ずっと餌場に居たが、
餌場の猫も減って終了する際に家に連れてきた。
毎日たらふく食べても、広い食いの癖がぬけなく、超デブ猫に。



--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
ボンボン 男 ? インドネシア生れ

bonbon.jpg
もともと近所周辺に居たらしいが、イカンを追いかけてきたのか1日遅れで登場。
去勢前はひどいケンカをしたが、現在はいっしょにいることができる。
強面だが、実はツンデレで、かわいい声の持主。
去勢後は元の場所に戻るかと思えば、1歩も動かず、ガレージの主となる。
皮膚病は治療できたが、目のにごりと涙がある。
顔の汚さは、徐々に薄らいでいくのではないか。。


かっちん亡き今は、ボンボンがセキュリティとしてがんばっている。
他所の流れ者(猫)が来ても、ボンボンが追い払ってくれる。
すっかり人好き、抱っこ好き。
他猫にも好かれる重宝もん。




--------------------------------------------------------------
●ガレージの子→前の餌場へ
イカン 男 ?年まだ若い インドネシア生れ

ikan.jpg

2016.6月、突然登場して以来居座り続ける。
断食月で食べ物がなくなって流れ歩いていたらしい。
おしゃべりで甘えん坊、 ケンカ早くて、しょ~もない猫代表。
かっちんとは相性悪しで、 かっちんが家出猫に。。
母恋しなのか、、いつもキョーコの側に。


イカンはガレージで悪放題。
他の猫すべてを追い出す勢いで、ケガ人(猫)続出。
しょうがないので、明日には餌場に移動させようと思っていたら、チャッキが死んだ。
イカン悪いわけではないし、憎むこともないが、悔やまれる。
去勢して少しはましと思ったが、やはりグループ向きではない子だった。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
エモン 男 2016年- インドネシア生れ
1603281.jpg


顔見知りの人が、独りで可哀そうだと、家に連れてきた子。
そんなんで拾ってたら、あっという間に100匹になるわと怒ったが、後の祭り。。
せめてすごい可愛い仔猫ちゃんなら、貰い手もあろうが、難しい柄。
サダの友達候補か??


運動神経がよくて、バードエモンと呼ばれる。
最近は少しデブで、その風貌からアラブエモンと変名。
ここんとこヒタムのいじめ対象になったり、ちびっこが増えてストレス多々。
不適切な場所でおPっこするようになってしまった。






--------------------------------------------------------------
●お家の中の子になるかもしれなかった子
ケン たぶん男 2016年-2016年 インドネシア生れ
1603093.jpg

ねずみか、他猫に噛まれて足がマヒ。
回虫にひどくやられて、手遅れだった。
全身真っ黒のケン。正真正銘のスイートな黒猫だった。
呼ぶと、顔をあげてこっちを見てくれたのに、残念だ。






--------------------------------------------------------------
●ガレージに遊びに来る子
オッジ 男 ?年- インドネシア生れ
oggi.jpg
うちの猫ではないが、この家に引越す前からのこの周辺の先住猫。
完全ノラなのか、誰かにごはんをもらっているかは謎。
どんなおいしいご飯を差し出しても、絶対食べないが、水を飲みにやってくる。
ガレージ隊とも仲良く寝てるし、大人しくナデナデもできる。
片目が白濁してるるので、見えてないかも。

花火が大量に上がった2015年年の瀬より行方不明。





--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
メチ 女 2014年-2015年 インドネシア生れ
mechi.jpg
明るく元気でかわいいかわいいメチ。
ガレージ隊のムードメーカーだったのに、交通事故で死なせてしまった。
鈴のような声で鳴きながら、庭をはねていたのに、悔やまれる。。
誰とでもうまくやっていける性格の良い子だった。



--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
よっちゃん 女 2014年- インドネシア生れ
yochan.jpg
交通事故で1カ月行方不明になるも、生き延びていたのを保護。
右後足が複雑骨折していたが、1年あまりでほぼ自然治癒、木にも登れる。
事故後、家猫にしたが、どうしてもヒタムとダメで、1年あまりで外猫に戻す。
勝ち気でおちゃめ。


マミと同じくジローにいじめられ、敷地内には入れなくなった。
車の下に居ることが多いので心配だが、家に近寄るとジローにやられる。
ほんとはもっと甘えたいんだけど、不憫なよっちゃん、でも頑張ろうね。






--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
かっちん 男 2014年-2017年 インドネシア生れ
kachin.jpg
頭デッカチヤセヤセの怖がりだったが、いつの間にかスーパーデブに。
家猫だったら最高のウザアマスイートボーイ。
建物に閉じ込められて、腹ぺこを経験したからか、食に貪欲。
若いのに運動嫌いでずっと寝ていたい。 肥満注意。


逃げる時は、かっちんだけを連れてと思ったマイボーイだったのに、
極悪バイクにはねられた。
かっちんは車道に出る子ではなかったが、外は危険と隣あわせ。
いつだって玄関周りで腹をみせていたのに、、外に出るのもさみしくなった。





--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
チャッキ 男 2013年-2016年 インドネシア生れ
chaki.jpg
ひ弱で定着しないだろうと思ったら、生き残ったチャッキ。
身体は小さく、皮膚病でマルハゲだったが、現在は毛もはえて、ちょっとデブに。
犬に噛まれて入院してから、人間に触られても平気な子に。
遊び好きで活発。声はださない。


誰が来ても中立、ひょうひょうとして、スキを見て甘えるチャッキ。
綺麗な緑の目を持つチャッキ。
悲しいことだが、 イカンに追われて車にはねられた。
素早く片付けられたということで、 2週間以上もその死を知らなかった。




--------------------------------------------------------------
●ガレージの子
マミ 女 2013年- インドネシア生れ
mami.jpg
餌やりしてたシマちゃんの子供。(シマちゃんと別の兄弟猫はすでに死亡)
人間には甘えるが、あまり他猫とはかかわりたくない。
女子のくせに冒険心が旺盛なので遠出をして、心配をかける。
鳥採り名人。


いい感じでガレージ暮らしをしていたのに、猫の出入りがあり、
とどめにジローが入隊して、敷地内から追い出される。
ご飯の時だけ戻るが、普段は少し離れた空き家に住むように。
マミちゃんのためのガレージだったのに、悔やまれる。




--------------------------------------------------------------
●ガレージの子→お家の中の子
キョーコ 女 ?年- インドネシア生れ
kyoko.jpg
外で餌やりをして不妊手術をした後に、腹水がたまってしまった。
以来1年以上たつが、元気で食欲も旺盛。
母猫時代は凶暴だったが、今では人間大好き、抱っこも平気。
何度も出産を繰り返し、歯も抜けたバーちゃん猫だが、おもちゃ大好き。


腕を怪我したり、歯も全部ぬけて、乳癌摘出手術もした。
本人はいたって元気だが、動作がのろいので、ガレージ暮しから家猫に。
猫の乳腺がんは難しいらしいが、強靭な精神と肉体で長生きして欲しい。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
サダ 男 2015年- インドネシア生れ
sada.jpg
交通事故で腰を打ったらしく両足がマヒ。
幸いにも身体は健康で、すくすく成長、いたずら小僧。
明るく元気で、家猫暮しなら、足のハンデも問題ない。


かわいかったサダもそろそろ親父化。
風呂にいれたり、おむつを替えたり、嫌なことが多いので、超狂暴に。
声に迫力があるので、ヒタムですら、サダが怖い。
つまるとろころ、サダがラスボス?




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ホワイチ 男 2014年-2015年 インドネシア生れ
white.jpg
保護した時からずっと病気続きで、ワクチンも去勢もできなかった子。
感染症でケージ暮しが長く大人しいが、呼べば小さくお返事できた。
黄疸がひどくなってきたころは、手遅れだったのかもしれない。
1年と1,2カ月でお星になってしまった。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
マチャル 男 2013年- インドネシア生れ
macharu.jpg
やんちゃで甘えん坊、人間大好きのスイートボーイ。
焼きもちやきだが、前には出られないタイプ。
ちょっと食いしん坊だが、下の子らとも遊べる優しいお兄ちゃん。
ときどきイジケ虫のさみしがりや君。


男子が多すぎる問題か、ヒタムの標的に。
最初は逃げていたが、最近は自分の方が強いことに気づき、喧嘩好きに。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子→ガレージの子
ジロー 男 2013年- インドネシア生れ
jiro.jpg
目の開かない時に保護して、カイちゃんの母猫にお乳をもらった。
頭が良く繊細、怖がりのくせに、ボス気どり。
早いうちに去勢も済ませたのに、今やPっこマンジローの異名を持つ。
毎日のマーキングや、ヒタムいじめで、問題多し。
早く落ち着いた大人になってほしい。


3年こらえたPっこ問題。
ぷらすヒタムとのおお喧嘩で、人間も限界。
悩んだ末に、ガレージ猫に移動。
1年かけて慣れさせようと思ったが、半年たった現在、そこそこ楽しく暮らしている。
しかし、ガレージ隊のよっちゃん&マミを敷地から追い出すという、新たな問題。
問題猫はやはりどこに置いても難しい。
本人は相変わらずの甘えん坊、ストレスが少なくなったのか適正体重&鼻クシュが改善。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
カイ 男 2013年- インドネシア生れ
kai.jpg
小さい時はジローの兄役だったが、現在は距離をおいている。
優しくて、大きくてふかふか、性格良しのカイちゃん。
一時足を悪くして心配したが、体重減少で良くなり元気に。


あいかわらずの天使カイちゃん。
時々荒くれヒタムをたしなめる。
身体が大きいので、実は喧嘩したらかなり強い、ヒタムもたじたじ。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ヒタム 男 2010年- インドネシア生れ
hitam.jpg
デブで大人しくて、のんびりな子だったのに、よっちゃんが加わって凶暴に。
よっちゃんと離してからは、ジローの標的になっている。
本来マイペースで他の猫とあまりかかわりたくないし、人は怖い。


ジローににいじめられたせいか、荒くれ親父に。
ジローと隔離後は、マチャル、エモン、キョーコを標的に暴れる。
もう7歳だから、もう少しで諦めるのではと期待。
家庭内暴力の最大問題猫になるとは、小さい頃に想像できなかったのに。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
モナ 女 2007年- 日本生れ→インドネシア
mona.jpg
手のかかる幼少時代だったが、シニアになって我が道をいくババに。
唯一の日本猫だが、母は白黒、シャム風なので顔が丸くない。
しつこく頑固、要望がかなえば淡泊な北国の女子。


永遠の女学生も10歳。
最近はよく吐くようになってきて少し心配。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ワタル 女 2004年- シンガポール生れ→日本→インドネシア
wataru.jpg
もうダメかと思った時もあったが、10歳超えして問題多きも元気に。
他猫との協調性はなく、甘えん坊で神経質なので、ストレスハゲに。
扱い難しいガラスのハートだが、かわいい奴。


13歳を超えた現在、何度も乗り越えて何とか生きてる。
昼間は邪魔されない台所で、夜は独りで部屋に閉じ込める。
ストレスはげも舐めるのが少なくなったので、毛がはえて黒々。
嫌な咳が出るときがあるが、病気を追いかけず、最低限の治療しかしないと決めている。
猫が多くて嫌だろうが、まだまだ側にいて欲しい。




--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
フミ 女 2004-2014年 シンガポール生れ→日本→インドネシア
fumi.jpg
永遠の天使だったフミちゃん。
もっと長生きしてほしかったのに、大所帯になって苦労をかけた。
フミが逝ってしまって、猫飼いの一区切りがついてしまった気がした。



--------------------------------------------------------------
●お家の中の子
ムガ 男 2004年 シンガポール生れ
muga.jpg
フミちゃんの兄弟。
タローの面影を求めて探した子。
元気いっぱいだったのに、ある日高熱が出てあっけなく死んでしまった。
フミとムガの兄弟愛



--------------------------------------------------------------
●半家猫の子
タロー 男 ~2004~年 シンガポール生れ
taro.jpg
近所の地域猫で、すでに耳カットされていた。
半家猫で暮していたが、行方不明に。
翌年の日本帰国の際に連れて帰って完全家猫計画だったのだが、残念。。
始まりはタローだった









高いチーズケーキ

290617j2.gif

ジローが、 行方不明になった。


290617j3.gif

ジローはもともと家猫で、 ひどいP問題やケンカ騒ぎで、 
家中におけず、 ガレージに暮らし半年。

よっちゃん&マミちゃんを追い出して、 ガレージキングとなる。


290617j4.gif

遠出もしないので、 ご飯時居ないということは、 ないはずなのに、
気配すらなくて、 ぞっとした。

一日探すも見当たらず、 はねられたのなら、 身体がどっかにあるのではと、
道の端もみるがない。

レバラン休みでご近所に多くのお客が来てたこと、 又新しい猫が複数歩いていること、、

考えれば、 怪しいことはたくさんあった。

チャッキのように2週間たって、 車にはねられたのが解った事例を踏まえて、
覚悟するしかなかった。

外飼いといういのは、 そういうことだ。。


290617j5.gif

翌朝庭にいたら、 ジローの声が聞こえる気がした。

考えすぎだ、 いかんいかんと思ってやり過ごしていたのだが、

なんだかやっぱり、 聞こえるみたい。


290617j1.gif

この辺の家は高い塀で区切られているものの、 隣同士くっついているつくり。

ジローは隣の家の窓が開いていたのか、 ガレージが開いていたのか、 中に侵入して、

閉じ込められていたのだ。



290617j6.gif

お隣の住人がいい人とか、 悪い人とか、 いろいろあるけど、、

なんとか数時間後には、 ジローを救出することができたので、 ありがとうございました。


290617j7.gif

ジローは、 どこ見てるかわからない眼だが、 スーパーキャット系で、 
いろんな能力にすぐれている。

そしてお前にはどれほど苦しめられたか、、という歴史を経て、 家猫の座を追われた。

ジローのせいではないが、 1匹飼いなら、 素敵な奴なんだけど。。


290617j8.gif

ジローちゃん、 もう2度とこういうまねは、 やめてくださいね。

お隣の謝礼は、 私もまだ食べたことのない、 高いチーズケーキに、 奮発しましたよ。

 

キョーコ先生に聞け


キョーコ先生、 キョーコ先生。

正しい、 ジャラシの遊び方、 教えてくださ~い。。


270617i2.gif
ふむふむ。。


270617i3.gif
ほうほう。。


270617i4.gif
・・


270617i5.gif
・・・


270617i9.gif
集中!


270617i6.gif
キミ達、 わかりましたか。。


270617i8.gif
立派な大人に、 なるのですよお。



*****



おまけ

270617iomake.gif

でっかいカイちゃんと、 小っちゃいジジ。

手前はココナ



ややこしい男ども

250617y5.gif
世はレバラン、 すっかり正月気分だというのに、 今日も荒れ狂う男子。

相性の悪い者を隔離しても、 もめる奴は必ず別の子と、 もめる。

この数年で、 それがよお~く、 理解できたのだ。

ジローが家中に居た時は、 尻を縫うぐらいのケガをさせられても、

自分からは、 立ち向かわなかった、 ヒタム。

今や、 からむ相手を探し回る、 ケンカ好きに。

猫って、 結構習慣にとらわれる動物だから、 昨日ケンカしたら、 今日もする。


250617y1.gif
弱い標的、 エモン。

コーナーに追い詰められ、 思わずおもらしして、 叫んで助けを呼ぶ。

エモンは気は荒い子じゃなかったのだが、 いたぶられたせいか、

もっと弱い、 キョーコをいじめるようになった。

ヒタムも、 キョーコをいじめるから、 キョーコはちょっとかわいそう。


250617y2.gif
エモンも運動神経いいのだから、 ヒタムのおっさんに捕まってないで、

バードエモンしていればいいものを。

後、 大のおもらしは、 やめてくれ~


250617y3.gif
一番の標的、 マチャル。

なんでそうなってしまったのか、 マチャルも最初は逃げていたのだが、

最近は対抗するようになって、 ニワトリをさばいたような惨状となる。


250617y4.gif
マチャルは嫌々ケンカして、 だんだん上達して、 ヒタムに負けなくなってきて、

そしたらヤル気満々で、 エスカレートするという、 悪循環。


250617y6.gif
まあ今のとこ、 ケンカの元凶は、 ヒタムなのだが、

彼にも、 苦手で怖い男が、 存在する。


250617y7.gif
泣く子も黙る、 サダ~マン。

サダは普段は誰に対しても、 関わりたくない、 独りでいい系。

でもヒタムは許さない。

前足だけで歩くので、 当然スピードとかは劣ると思うのだが、

その威嚇の声の恐ろしさで、 ヒタムはびびる。


2506178.gif
ヒタムくんも、 もう7歳。

この騒動もあと数年と、 願うのだが、、 どうなることやら。。

あまり人間がかかわっても、 いい結果にならないようだし、

爪を切ること、 なるべく鉢合わせないよう、 立ち位置に配慮すること。

そして、 一番肝心なのは、 あきらめること、、 かな。。


エンジンかからず


ココナを、 2度目のワクチンに連れていこうと思ったら、 車動かず。



2日前に、 エマージェンシーを呼んだばかりなのに、 嘘つき修理屋め。



時はすでに、 レバランカウントダウン。

いやいや休暇あげまで、 車使えないとか。。

考えたくないわ~



そんなんで、 クリニックにも行けず、 カゴから出された、 ココナ。

ブサイクと言われんよう、 精一杯美しく、 撮られてみろ。

どうして口元が、 黒いんだぁ~



来週のクリニックの休み明けまで、 自由時間決定。

カゴに拘束も、 思いの外早く解放されて、 安堵の眠り。。




預かりっ子ジジ

220617j1
訳あって、 仔猫を預かることとなった。

名前は、 ジジ。

男子3か月弱ぐらい。


220617j2.gif
女子はいつの時代も、 騒がしいものだが、、


220617j3.gif
ジジは、 あんまり動じない。

一応は、 新居だというのに、 普通に食べて、 普通に出してる。


220617j4.gif
黒猫仲間ができて、 嬉しいダイちゃん。

おもちゃを見せびらかして、 アプローチ。


220617j5.gif
ジジは、 ダイちゃんを一発なぐって、


220617j6.gif
お外探検の旅に出る。


220617j7.gif
つきまとう、 ダイちゃん。


220617j8.gif
そうそう、 ジジは真っ黒クロかと思いきや、 綺麗なコゲ茶が混じってる。


220617j9
ダイちゃん、 しつこくすると、 嫌われるよ~。




アリの巣ころりとか


南国なので、 アリが出る。

どんな高級住宅も、 そ~じゃない家も、 もれなくアリさんは、 活動する。



ある程度は許すのだが、 台所のアリは、 悪いが殺生される。

猫もいるので、 怖い殺虫剤も使いたくない。

そこで登場、 やっぱり効くのね、 メイドインジャパン。

一時帰国の際の、 お買い物マスト商品。。

だいたい3日置いておけば、 とりあへず、 アリさんのお姿は、 見えなくなる。

・・・またいつか出るけどね。。



猫が遊ばないよう、 流し台の横の棚に、 テープで貼り付けておいたのだが、、

こんなとこに、、

かつて、 こんな事はなかったんだけど、、



何が起きてもおかしくない、 現在の我が家、 ワンダーランド?



小さいからだで、 意外にアクティブ、 グリちゃん。



気になる、 もしくは気に入らない物は、 砂に埋めるのが、 彼女流。

それとも綺麗好き??



今朝は、 ドアストッパーを、 埋めました。

臭かった?



ダイちゃんストーカー


先日、 去勢を済ませたばかりの、 ダイちゃん。



だいたい男子は、 退院した後は、 すごい甘えん坊ストーカーになる。

黒猫男子は、 どうも怖がりで、 内弁慶的な子が多い気がする。

知らない人が来たら、 あっという間に姿を消す。



身体も大きくなって、 ワタルと間違うことが多いが、 

顔はヒタムに似てるかも。。



3件隣のごみ箱に住んでいた、 小さく汚い黒猫だったが、

ある時、 意を決して我が家に侵入、 家猫の座をゲットする。

大きくなるだろうから、 ダイちゃん。




ニックネームは、 「 ダイチ~ 」。

そうささやかれるのが、 嬉しいみたい。

これまた性格良しの、、  そんなんばっかの、、 ちびっこ隊員です。


ビジュアルの賞味期限が、、


なんとなく、 里親募集に失敗し続ける、 アン&グリ。

これはまだ、 可愛かった頃の写真。



女子グリは、 食べるのも遅いせいか、 身体が小さい。

割に持久力があって、 ずっと起きっぱで、 遊んでいる。



人も大好き、 甘えん坊で、 抱っこすればゴロゴロ。

ほどほどに、 現役かわいい仔猫ちゃん。


190617ag6.gif
問題のアン、 男子。

目がでかすぎたのが、 変顔進化中の原因か??

加えて、 カビ菌で顔も体も、 ブツブツだらけ、 現在薬湯&塗り薬中。

ドクターにも驚かれた、 三毛男子だったが、 黄色の部分が薄くなり、、

価値観ダウン中~



そして大問題、 この若さで、 止められない超デブに。。

オツムはいたってシンプル、 おっとりデブを絵にかいたよう。


性格は2猫とも中の上以上なんだけどね。。


住人(猫)の白黒率up


最年少ココナ、 3-4か月。

目撃者情報によると、 近所のヤシの木がある家の住人が

うちの前に置き去ったとのこと。

なので名前は、 ココナ。



あまりに仔猫が立て続いて、 里親募集も停滞してるので、

ハナっつから諦めて家にいるが、 まあ普通の女子。



しいて言えば、 しっぽが長くてフサフサ。

身体が白くて、 コントラストが綺麗。

裏面は、 黒丸模様。

とてもお転婆、 走りまわって、 写真は撮れず。


サダの大切な・・

150617s1.gif
サダは下半身まひなので、 ケージの外ではおむつを使用。

かわいい顔だが、 超狂暴なので、 取扱いは要注意。

毎日なるべく清潔に、 大暴れの風呂も週1でこなしてきたが、

最近になって、 大切なチ〇チ〇が、 ただれてしまった。

なので、 投薬&頻繁な薬湯治療中。

クリニックで3人がかりで、 爪を切ってもらったのだが、

歯は抜くわけにいかないので、 ワンちゃんが使ったりする

噛みつき防止の口輪でも使ったろうかと、 思ったのだが

それでは薬が飲ませられない、、 ことに気づくのだ。


永遠の童


キョーコ(年齢不詳)は何度も出産して、 不妊して、 腹水がたまり、 歯もぬけて、

乳癌の摘出手術もして、 もうゆっくり過ごしてほしいと、 家中にいれた。



130617k2.jpg
子供は好きではないが、 子供とおもちゃで遊ぶのが、 一番の楽しみ。


130617k3.jpg
お外時代は、 狂暴のキョーコだったが、 今では幼子よりあどけない、

抱きぐるみキョーコ。


130617k4.jpg
上も下も歯は全部ありません。

何でも食べて、 すこぶる元気。


お久しぶりです、ワタルです

120617w1.jpg

サボりで休んでたこのブログ、 気の向くままに、 細々記録します。

ワタル13歳、 ヤセヤセだけど、 なんとか生きてる。

ますます猫がうよって、 居場所に苦慮するので、 夜だけ一人部屋。

特別待遇~

コンデションが悪くなると、 ひやひやするが、 まだまだ維持してほしい。


このブログについて2

2016年11月にお休みして、記録帳にだけ使っていたこのブログ、細々と再会してみようと思います。
猫も減ったり増えたり増えたりで(笑)、どんなにあがいても自分の力じゃどうすることもできない状況であります。
つくづく嫌だなと思う事も多いのですが、自分でまいた種でもあるわけで、進むしかないという開きなおりな猫生活です。
残念なのはここまで頭数が増えると、個々のケアも十分にはできなくて、飼い猫なのに大変な思いもさせています。
猫も文句はあるでしょうが、お互い我慢我慢の日々です。

南国インドネシア生活も早7年の月日がたち、アンティことおばちゃんももう数年で還暦になるわけです。
もう本当に猫の寿命を考えないと、終生の面倒はどっちがみるかやばくなりそうです。
そんな風にグチりながらもやってるのは、ありがたいことなのかもしれません。

おばちゃんにしてみると、ブログは後で事件を調べやすいこともあるのですが、皆さんにはあまりためになることはないかもしれません。へ~大変だね~、猫ちゃん可愛いね~と通りすぎていただければ嬉しいです。
インドネシアの猫さん、日本の猫さん、世界の猫さんに、なるべく多くの幸が届きますように。