FC2ブログ

マイクロチップだジジ


預かりっこジジは、 準備が整い次第、 日本の飼い主さんの元へ行く予定だ。

今日は、 マイクロチップ挿入&狂犬病ワクチンに、 ちょっと遠いクリニックへ。

渋滞はたいしたことなかったが、 行って帰ってきて、 およそ3時間の旅。


3107172.jpg
やっとお家について、 水を飲んで一息。

行きは、 鳴きっぱなし。

運悪く、 クリニックではワンちゃんが吠えまくって、 怖かったよね。


3107173.jpg
おまけに混合ワクチンの3回目まで、 断ったのに、 

クリニックの方針とかで、 打たれちゃって、 金儲け主義クリニックめ。 

(でも他では、日本行きの手続きが難しいの)

(通常初年度の混合ワクチンは2回、 日本でも3回打つとこもあるらしいけど。。)


3107174.jpg
特別に、 おやつをふるまうと、

いつものごとく、 真ん中にしゃしゃり出て、 平らげるので、

元気はあり。


3107175.jpg
マイクロチップは、 毛を少し剃って、 ちょっと太めの針で刺すので、 

傷ができて、 そこに抗生物質の粉状の薬を添付。

粉は帰りのキャリーの中で、 落ちちゃっているけど、 血はほとんどなし。

ジジは、 いつも車の中はうるさいけど、 クリニックで注射されても

いい子で、 暴れることは全然ないので、 ドクターもやりやすそう。


3107177.jpg
お疲れ~、 ジジ。

さあさあ、 今日はスペシャルに甘えていいよ~。



スポンサーサイト

じぃ~

2807177.jpg
夜、 何やら2人(猫)が、 窓の上を一生懸命みつめている。


2807173.jpg
下の方から、 ダイちゃんも見ている。


2807172.jpg
こうしてみると、 ティちゃんのお尻も、 大きくなったもんだ。


2807174.jpg
話しかけるも、 相手にされず。


2807175.jpg
さらに、 こらえる。


2807176.jpg
テイちゃん、 何見てんの?



スリッパフェチ


少し中高年になってきたモナちゃん、 毛の色が薄くなってきた感じがする。

ちょっと吐いたりすることも増えてきて、 心配もあるが、 まあ元気。


2607172.jpg
モナちゃんのスリッパ好きは、 今に始まったことではない。。

あのスリッパ、 このスリッパということではなくて、

脱ぎたてのスリッパが、 大好きなのだ。。


2607173.jpg
おばちゃんは南国に暮らせと、 冷え性で、 あまり足の裏に汗はかかない。

無臭~とは言えないが、 スタンダードよりは、 低めの香りでやっているのさ。

でもきっと、、 猫には強烈なのかな???


2607174.jpg
お邪魔虫、 グリちゃん、 登場。


2607175.jpg
グリちゃん、 かまってもらえず。


2607176.jpg
しばし、 スリッパを堪能したら、、


2607177.jpg
我にかえる。



女は許さない


タクがお気に入りのカゴで、 まったりしてたら、 アンが隣で、 添い寝してた。


2407172.jpg
気づいたテイちゃん、 すごい剣幕で、 駆け込み、


2407173.jpg
タクを、 せめる。


2407174.jpg
アンも、 あきらめて、 出ればいいものを、、


2407175.jpg
男どもは割と、 おおらかで。。



身体が小さい、ナニも小さい


不妊の時期は学説も多々だが、 個人的には、 なるべく早い時期に行いたい。
仔猫と思っていても4か月にもなっていれば、 妊娠する子はたくさんいる。
現在我が家の未不妊手術猫は、 4匹。
先日ジジをクリニックに連れていくついでに、 この兄妹の成長度合いを確認。
それらしい兆候はみられないが、 アンの身体がでかいので、 早く済ませたい。


2207173.jpg
グリちゃん、 身体小さすぎ~。

よく食べてるんだけど、 ぜんぜん大きくなんないの~


2207172.jpg
痩せてないし、 コロコロしてるけど、 身体が短い。


2207174.jpg
連れて行かなかったけど、 ココナの方が少し大きい。


2207175.jpg
そして、 問題の男子アン。

こんなに身体は立派なのに、、


2207176.jpg
タ〇が、 小さすぎなんだって、、、


2207177.jpg
まだまだ、 子供なんだって、 タ〇が!


2207178.jpg
しっかりお手入れ、 してなさい。


2207179.jpg
顔も親父化、 してきちゃってねぇ~~


ジジも猫カビ


一般的に猫カビと言われる、 皮膚糸状菌症による皮膚病。
痒みや痛みはないことが多いが、 水虫のように治りにくい。
人間にもうつるので、 要注意。


アン&グリも、 長いこと治療してるが、 ここにきてやっとおさまってきた感じ。
菌を持っている猫がいるから、 うつったのかもしれないけど、
南国のせいもあって、 半分ぐらいの仔猫は、 多かれ少なかれ猫カビになると思う。


200717j2.jpg
ほおっておいても、 だんだん治る子も多いけど、 ハゲが多くなってくるようなので、
クリニックで診てもらい、 塗り薬をもらう。
これ以上広がるようなら、 アン&グリも試した薬湯してもいいかも。


200717j3.jpg
ご本人は全く元気で、 大騒ぎでクリニックへ。
今日の体重は1.5キロ。
ついでに爪も切ってもらう。


200717j4.jpg
日増しに声はでかいわ、 うるさいわ、 抱っこをせがむわで、
末っ子の座を、 エンジョイしている。


200717j5.jpg
お薬塗って、 カビ菌、 早く治そうね~。


子供らは毎日絶好調


ヒタムとマチャルのケンカを、 安全に遠隔から止めるために、 水鉄砲を買ったら、

セール中で、 1個かったら、 おまけにもう1個くれた。


170717i2.jpg
こんな立派な水鉄砲より、 入ってた箱の方が、 気になるタク。

小さいけど、 ぴったり感が、 なかなかよろし。


170717i3.jpg
お邪魔虫ならまかせての、 グリちゃん登場。

すったもんだの末、、


170717i4.jpg
アンが、 もう一つの箱に。

と思いきや、、


170717i5.jpg
虫飛んだ??

新しいおもちゃに、 皆集中。

それにつけても、、 アンの成長の早さよ。


170717i6.jpg
兄ちゃんが、 虫をとってくれるのをまつ、 グリと、

虫は好かん、 ジジ。





壊れる/白黒コーナー


テイちゃんが、 例のごとくけたたましく、 走り回っている。

どんな狭い場所でも、 物を落とさず歩ける子もいる、 が、、


150717i2.jpg
そこまで散らかすか、 という奴もいる。

ギリセーフ。。


150717i3.jpg
これも不思議だけど、 皿が壁にぶつかって、 毎度割れるみたい。

瀬戸物の方が、 水がおいしかろと、 気をつかっていたが、

もうやめた。

セルロイドで飲め!


***


白黒コーナー
150717i4.jpg
エモンとキョーコは仲が悪いんだけど、 寝てる時はいいんだね。


150717i5.jpg
ほんと白黒&黒白いっぱいね、 うちは。


150717i6.jpg
はいはい、 わかりました~



期待は全然してなかった


ダイちゃんはもともと、 3軒ほど隣のゴミ箱に独りでいた。 

こうして育ったということは、 母猫もその辺にいたのではないかと思う。

何度かフードを置いてみたが、 まだ小さくて食べれないし、 
人をみると逃げた。

放置すること1月あまり、 通りすがりの荒らし者ハクが登場して、 
何度か道端で餌やりをした。

ダイちゃんはそれを見ていたのか、 ある日恐る恐る家の敷地に侵入。


130717d2.jpg
みすぼらしかったダイちゃんは、 多くは期待されず、 どうせ大食いで、 
でかくなるだろうと、 名前も大(ダイ)と適当につけて、 家の住人となった。


130717d3.jpg
家中でたらふく食べて、 ふかふかベッドで寝て、 皆と遊んでも、

いまだサバイバルしている気分のダイちゃんは、 あまり人には慣れなかった。

おばちゃんの顔すら、 外出して戻ると忘れるのか、、

脳みそ少ない系かなと、、 疑われていた、 ダイちゃん。


130717d6.jpg
でも去勢が済んだ頃から、 キャラがはっきりしてきて、 とても成長。

年上年下猫、 人間との関係、 きちんと立ち振る舞いができるようになった。

加えて、 ツンデレではない、 デレデレのスイートボーイになってきた。


130717d4.jpg
おばちゃんが、 ヨッコイショと座ると、 ちびっこ軍団が集まって、 
そばに寄り添うものだが、 ダイちゃんは更に、 
おばちゃんを捕まえるサービスもできる、 超かわいい奴なのだ。

は~、 思春期反抗期なんて来ないで、
ずっとこんな感じの子でいてくれたらいいのにね。


130717d5.jpg
ダイちゃんは、 最初インドネシア製の目薬さして治らず、
ニュージーランド製のお高い目薬さして、 お目目が、 綺麗になりました。


なんでも、おもちゃ


家中猫は15匹、 トイレは13個 (ガレージは5匹で、 3個+花畑トイレ)。

ちびっ子が多く使う、 下の5個のトイレは、 フル回転。

一日中掃除しても、 P and PPがきれいに片付くことはない。

あと2、3個増やしてもいいんだけど。。


110717t2.jpg
毎日のようにどれかのトイレは洗われて、 陽にあてるようにしてる。

これはカバー付きトイレの、 カバー部分ね。

遊ばれないよう、 高い所に干しておいたのだが、 子供たちの能力進化中。


110717t3.jpg
ジジも入りたいよね。


110717t4.jpg
アンあんどグリ兄妹、 仲良く中で、 まったり。


110717t5.jpg
トイレの上カバーの中とは思えない、 幻想的な空間。


110717t6.jpg
でもグリちゃんに、 悪魔がやどる。


110717t7.jpg
なのでアンは、 退散。


110717t8.jpg
身体がでかくて、 足がひっかかり、 カバーはひっくり返る。

それはそれで、 また愉快。


110717t9.jpg
子供らは、 いいね。




痛い話は続くよ


バードエモンにとって、 扉の上に飛び乗るなんて、 朝飯前。

飛び乗った反動で、 扉がスイングしたりして、 なお楽し。


100717e2.jpg
下から見ると、 魚チックでもある。

エモンは、 アラブでもあり、 バードでもあり、 魚でもあって

大変楽しめる、 お得な猫だ。


100717e3.jpg
そんなんで、 洗濯の星竿にも、 よく登る。

登り慣れているのに、 今朝の出来事、 足がどっかに挟まって、 抜けなくなった。

叫ぶエモン、 救出に向かう、 おばちゃん。

エモンの身体をささえる、 おばちゃんの指、 咬まれる。。

ギャ~~アゲイン。


100717e4.jpg
エモンも痛かったのだろう、 しばし足をひきずるが、 たいしたことはない様子。

一方おばちゃんの右手人差し指、 夕方になって腫れもましてきた。。

もちろん、 アルコール消毒したよん。

まだ抗生物質飲んでたから、 ちょうど良かったって。。



**

この前家の更新をした時に、例の不動産屋にあって、
エモンを連れてきた時の写真をもらった。
100717e5.jpg


私は無実だ




サンデー、全然癒されない話

0907172h2.gif
2日前、 またもやヒタムに、 足を咬まれた。

実は4か月前にも咬まれて、 そん時は右足で、 今回は左足。。

元の原因は、 ヒタムとマチャルのケンカで、、 ホントやめてくださいね。

前回は咬み傷が深くて、 1週間は歩行すらできず、 1月は足をひきずり、

現在に至っても、 痛くてお座りができんのですよ。

ま、 グ~たらな海外生活で、 お座りすることもないんですが。。.

090717h3.gif
今回は、 薄手だけど長ズボン着用だったのが良かったか、 
すぐにアルコール消毒が効いたか、

前回よりはぜんぜん軽症、 腫れもちょっと。

踊るのは辛いけど、 歩くのはまあまあ、 でも靴を履くのはちょっと痛いわ~

なので今回は病院もいかず、 家にある抗生物質を飲んでみたりしております。


**
あまり飼い猫にマジ咬みされることはないかもだけど、犬に咬まれるより猫の方が
重症になりやすいんだそうです。
それは歯が細くて尖っているからとのこと。
ヒタムはもともと怖がりで、ストレスも多々でしょうし、前は敵はよっちゃんだったけど、
よっちゃんが移動したので、標的はマチャルに集中。
最近マチャルも強くなったので、ヒタムも怖くてしょうがないんでしょうね。
決しておばちゃんを憎んでいるから咬むわけでなくて、朝はいつもくっついて寝ているぐらいの
特別待遇お坊ちゃんなのです。
家中で2猫を別々の空間に分けたり、いろいろ試みましたが難しいです。。


**
2013年に指をかまれた時
この時は指を少し切って消毒したので、治りは早かった。
狂犬病と破傷風のワクチン


●2017年2月右足を咬まれる
暗闇でモップと間違えて(モップでケンカの仲裁をすることが多かった)咬んだのか、
痛いよりは衝撃的な感覚・・なので重症。
すぐに水で洗って、朝クリニックで消毒、抗生物質大量に。
狂犬病の追加ワクチン
お写真、、あまりに怖いので控え


●2017年2月左足を咬まれる
怒り真っ最中にマチャルを封鎖したので、八つ当たり。
一応おばちゃんの足と認識があったか、少しは手加減したか。。
すぐにアルコール消毒と一応抗生物質
ひっかき傷が派手だけど、腫れるのはやはり咬み傷

こんな写真載せていいのかしら(ババの生足にも注意)




お口なおしのキョーコちゃん
090717h4.gif

キョーコちゃんは歯が1本もないから、 咬まれると、 
プニプニしてて気持ちがいいの~






遠目美人(猫)と言わないで~


新人にきびしいテイちゃん、 嫌がらせは、 かかせない。


060717t2.gif
なので、 ジジのカゴで、 タヌキ寝入り。

ってか、 このジジカゴは、 皆お気にいりで、 いつも誰かが入っている。

ジジは、 ソファの上で伸びて寝るのが好きなので、 カゴに執着がない。


060717t3.gif
さてテイちゃん、 8か月ぐらい。

いつまでも身体が小さくて、 ますます色白に。

残念なのは、 テイちゃん鼻クソ、ピ、 だけで、 なかなか美人??


060717t4.gif
性格は、 いたって、 女子。

ちびっこ多くていじけているけど、 スキあらば、 ベタベタに甘えてくる。

とてもしつこいところが、 モナに似てるかも。。

なのでモナとは相性悪いが、 ワタルと仲が良い、、、ってか、 ワタル根負け。。


060717t5.gif
それにテイちゃんは、 我が家で数少ない、 三毛猫なのだ。


060717t6.gif
近目でも、 まあまあ~、 かわいいよ。


子供社会もいろいろ


いつもお相撲とってる、 アンとココナが、 仲良く、 寝んねしている。


030717ak3.gif
時に女子は、 自分の思いどおりになる男子が、 好きだったりして、、


030717ak4.gif
一方、 男子も、 まんざらでもなかったりして。。


030717ak5.gif
グリちゃん、 兄ちゃんとられてるよ~。




030717ak6.gif
鼻毛も抜かれたい男子、 アン、 でした。



タクもうすぐ1歳ぐらい


タクは去勢が済んだ頃から、 下痢気味になり、 いろんな治療を試みたが、 
改善せず、、。

元気だし、 食欲はあったものの、 原因不明。。


020717t2.gif
そんな時、 外の流れ者タクがひどい風邪で長く入院して、 
やっと退院したころ、 なぜかタクに伝染。

一応クラミジアと診断され、 ワクチンは済んでるものの、 
目ヤニ鼻水で呼吸もできず、 入院。

それは4月の話。


020717t3.gif
1月以上入退院を繰り返し、 一時は死んじゃうかと思ったけど、 復活。

クラミジアは治ったものの、 下痢は治らないまま、 現在に至る。



020717t4.gif
食事療法も、 いろんなメーカーを試すが、 これというのに当たらない。

量を減らすことで、 下痢は改善するけど、 食べたい時期で、 かわいそう。

それに彼の場合、 何でも盗んで口に入れてしまうので、 危険でしょうがない。


020717t5.gif
食ドロボーと、 下痢問題以外は、 性格花丸の、 スイートボーイ。

お兄ちゃんとしても、 優秀。

人に甘えるのも上手で、 ホントかわいい奴なのよ。


020717t6.gif
テイちゃんは、 タク兄がいたから、 幸せな仔猫時代を過ごせたね。

今でも、 さみしくなれば、 タクの側へ。


020717t7.gif
タクのうんPが、 もすこし固くなりますよ~に。