FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はりきりワタル婆ちゃん


やせやせワタル、 膀胱炎が良くなってきて、 体調もいい感じ。

モナが先に逝っちゃって、 ヤル気がでたのか?、 むしろ元気。

とはいえ、 その高さによ~登るわ、 見てる方が怖いわ。


3103182.jpg
いいお顔。

一度にたくさん食べれないので、 1日5~6回もちょっとづつ食べる。

少し体重が増えた気がする。

昨日は、 大好物マグロのお刺身もニャむにゃむ。


3103183.jpg
登ったはいいけど、 もう最近は自分では、 降りられない。

なので救出にむかう。


3103184.jpg
ワタル、 お耳のお薬つけようか~



*

 
3103187.jpg
数年前は綺麗に咲いてたブーゲンビリア、 今は全然色づかない。

3月は、、 いや年が明けてから、 出来事が多くて、 時間が早い。


3103188.jpg

今日、 ジジの飼い主さんから、嬉しい元気な便りを頂いた。

ジジが日本に行ってから、 まだ3週間しかたってない。

この香りのしないジャスミンは、 数年前はこんな感じでか細そかったけど、 

今じゃ切っても切っても巨大化、 水しかあげてないのに、 花もいつでも満開。

月日は、 後ろに戻らない、 良いことも悪いことも、 平等に通り過ぎていくのみ。

だけど時は優しくて、 様々な想い出に、 花を添えてくれるかな。



**


3103185.jpg
携帯に残っていた、 モナのお写真。


3103186.jpg

スポンサーサイト

犬猫シェルター2018.03

モナや私に優しい言葉をいただき、本当にありがとうございます。

モナの灰壺は、フミちゃんのそれと並んで、棚のそこにあるのですが、

実感として、モナが居ないという感覚がまだ薄いので、元気にやっています。


後で落ち込む前に、昨日のシェルターの様子の写真を整理しておきます。



***


2803181.jpg
ちょっと長いこと御無沙汰していた、 犬猫シェルター。


2803182.jpg
保護されている犬猫は、 100匹以上。

クリニック、 ペットホテル、 ペットの土葬、火葬をしてくれる。

ここに居る子らは、 里親を募集してるけど、 限りなく難しいので、

不妊手術を施され、 ここで一生を過ごす子がほとんどではないか。

初めて行った7年前から、 スタッフの顔ぶれが一緒だけど、

全体的に衛生面が低下していて、 痒がっている子が多い。

人手もお金もない感じ。

要らなくなった犬猫を、 ここに捨てていく人は多いけど、

ここに暮らす犬猫のために、 寄付をする人は、 とっても少ない。


2803183.jpg
人気者の3本足ワンちゃんは、 お歳で亡くなったそうで、 

元気印、 黒白くんが走り回る。


2803184.jpg
待合室で、 いい子を発見。


2803185.jpg
素敵なジンジャー、 茶トラくん、 ちゃん?


2803186.jpg
怖くないでしゅよ~

誰かもらってくれませんか? お手伝いしますよん。


2803187.jpg
日向ぼっこコーナー。


2803188.jpg
手術が終わった子ら。


2803189.jpg
人恋しい猫さんが、 寄ってくる。


28031810.jpg
この美人三毛さん、 耳の問題なのかな、 顔が傾いていて、 足も引きずっている。

ちょっと真っすぐ歩けないけど、 慣れた様子で目的地に向かえる。

綺麗オーラが、 バリバリ出てて、 気高いお方。


28031811.jpg
ワンもいますよ。


28031813.jpg
問題のない子は、 自由だけど、 大半は檻の中で、 ちょっとかわいそう。


28031821.jpg
この子も元気そうだけど、 来たばかりなのかな。


28031814.jpg
顔見知りのスタッフのおじさんが、 外で猫を洗ってました。


28031815.jpg
洗われてる猫さんは長毛で、 結構ダイナミックにゴシゴシされていたのですが、

見とれすぎて、 写真撮り忘れ。

この子らも、 洗われるのか、 ケージが洗われるのか。


28031816.jpg
おじさんお勧めの、 かわい子ちゃん。

兄弟の白っぽい子もいるそうですが、 発見できず。


28031817.jpg
かわいいね、 長毛ミックスさんかな。

誰か欲しい方いませんか? 飼い時ですよ~


28031818.jpg
甘えん坊さんらは、 人の側に寄ってきたい。


28031819.jpg
スタッフのおばちゃんが、 安そうなキャットフードを、 ボールに投入。


28031820.jpg
順番待てない~、 舌がでちゃいました。




犬猫シェルター2012.07

犬猫シェルター2014.03

犬猫シェルター2014.07

犬猫シェルター2014.08


犬猫シェルター2015.03



青いお星


モナのために祈ってくださり、 本当にありがとうございます。

モナは昨日の朝は少し落ち着いたように見えたのですが、 午後は発作が続き、

夜には、 息を引き取ってしまいました。

とても苦しんでもがいていたので、 モナにとっては長かったかもしれないけれど、

私は、 その苦しみが何日も続かなかったことを、 感謝しています。



今日、 火葬に行って、 灰になって、 壺に入れられて、、

なんだか灰の量が、 少ない気がして、、

フミちゃんの時はもっとたくさんあったのでは、 嫌、 壺が大きいからかもしれないなどと、、

それでも、 もっといっぱいの、 モナの灰が欲しい、 気がしました。



当地で生まれた子らは、 亡くなった時は皆、 ここで埋めてもらっているのですが、

モナは日本生れなので、 いつか灰を、 持ち帰ってあげたいかもしれない。


2703182.jpg
これが一番近々の写真になってしまいました。


2703183.jpg
いつもおばちゃんのスリッパを、 抱えている子でした。

モナ、 もう痛くないね、 ゆっくり寝な。

合唱



*

モナの子猫時代は可愛いかった記憶だが、写真が少なくて残念だ。

風邪がまだ治ってない時の目が小さいモナ。

日曜の想い出モナピン



モナ10歳6か月ぐらい


モナちゃんは、 一日食欲がないと思ったら、 昨日の朝には、 叫んでのたうち回って

足腰が立たず、 呼吸困難になって、 すぐにクリニックに行った。

当地のクリニックでは、 たいした治療もできず、 家に連れ帰ってきてからも

呼吸は苦しく、 よだれを出して、 あえいでいたので、 このままダメなのかと思ったが、

今朝は少しは、 落ち着いていた。

とはいえ、 発作のように呼吸困難になり、 水を飲ませることも難しい。

昨日のクリニックでは、 すでに左右の瞳孔の大きさも全く異なり、 けいれんしていて

手のほどこしようがない感じであった。

綺麗だったモナのお目目も、 みるかげもなくゆがみ、 瞳ももう見えているようではない。

なによりも、 辛そうな呼吸で麻痺してしまった身体をのけぞらせているのを見ると、

安楽死させてあげた方が良い気もしてくる。



私なりに調べてみたし、 日本の獣医さんに質問できるネットなので、 問い合わせてもみた。

勝手な推測だが、 この突然の悪夢は、 血栓症で、 モナは、 もともと心筋症だったんだと思う。

モナは雑種だが、 シャムかなんかの血が濃そうなので、 その病気の遺伝的要因もあったのかも。

子供のころはぜんそくがひどい子だったが、 膀胱炎に一度なったくらいで、 元気な様子だったが、

ときどき抱き上げると、 胸が圧迫されるのか、 せき込むことがあったのは、 胸水がたまっていたのか。

各々の症状が、 おおよそ当てはまるので、 今はそう考えているが、 ここで打つ手はない。

人間でいえば、 脳梗塞のようなものなのだろうから、 重症であることにまちがいない。

せめて痛みがなければ、 身体が動かせなくても、 とも思うのだが、、

モナがんばれ、 とは言えない。


2603182.jpg
苦しいなかでも、 側にいるとわかるのか、 ウ~ウ~と訴えてくる。

モナも突然の身体の異変にとまどっている。

安易だけど、 奇跡が欲しい。



マチャルのストレス/モナ発熱


つまらん顔の、 マチャル。

マチャルの添い寝ローテーションは取りやめ、 夜のおばちゃんの寝室、 出入り禁止中。

なぜならマチャルは朝2時~3時に、 遊びモードになって、 足を甘噛みする。

甘噛みぐらいなら許すが、 だんだん真剣になって、 マジ噛みして、

おばちゃんの堪忍袋の緒も、 切ってしまったのだ。


2403182.jpg
なので、 楽しいボール遊びもなし。

残念ね、 マチャルくん。


2403183.jpg
しょうがないので、 ヒタムにケンカをふっかける。


2403184.jpg
ヒタムおじ、 さあさあ、 ストレス解消に、 一発ケンカしましょうぜ。


2403185.jpg
マチャル小僧、 お前のような奴と、 遊んでいるヒマは、 ないぞ。


2403186.jpg
そして飽きもせず、 鳴きあいを続けるが、 ヒタムが飛びかからない限り、

ホントの喧嘩にはならない事が多い。

いったん、 ヒタムが攻撃したら、 マチャルは待ってましたとばかりに

応戦して、 噛みついて、  ゴロンゴロンになって、、

互いが体制を立て直した時は、 2猫とも、 本気になっていて、

めくるめく地獄絵図が、 繰り広げられるのだ。


2403187.jpg
でも今回は、 鳴きあいだけそうなので、、 放っておく。



**


2403188.jpg
ワタルも心配なのに、 モナちゃんまで、 コンデションダウン。

昨日まで普通だったのに、 今朝からご飯を食べない。

昼間には、 熱があるようで、 だるそうに寝ていた。

水分を補給して、 静かにしてたら、 夕方は少し食べれるようになってきた。


2403189.jpg
婆猫も、 繊細で怖い。

明日は回復に向かいますように。



グリちゃんのフクロウ芸は、 スルーで。。




やせやせワタル/ガレージ隊のお食事


婆ちゃんだけの、 おやつタイム。


2203182.jpg
ワタルは、 膀胱炎もはっきりしないうえに、 耳の中がグチュグチュになって、

病院でえらい高い、 ベルギー製のさし薬をもらってきた。


2203183.jpg
先月からますます、 体重が減っているワタル。

1.65kg。

ドクターは血液検査を進めるが、 今までの過程を考えて、 乗り気ではない。

9歳の時にもうダメと言われてから5年、 ワタルはスーパー強いキャットだった。

今、 血液検査して数値がよろしいはずがない。

効果的な治療をのぞめない当地の医療では、ワタルの大切な残りの時間を

苦しめるばかりな気がするのだ。。


2203184.jpg
まだまだご飯も食べるし、 爪もとぐ。

他猫がいなければ、 ワタルらしく甘々もする。

だけど抵抗力が弱っているだろうから、 細心の注意を払わなければ。



**


2203185.jpg
ガレージ隊の夕ご飯。


2203186.jpg
キー坊もジローにいじめられて、 いじめられ組に仲良く配置。


2203187.jpg
キョーカは一匹オオカミ、 車の上で食べる。


2203188.jpg
皆の安全な食事を守るために、 元凶ジローは、 ケージの中にしばし閉じ込める。

とっても声がでかくて、 近所迷惑なので、 長くは置いとけない。

いじめられ組は、 急いで食べて、 外に散っていくのである。

全く困ったもんだよ、 ジローくん。。


グリとダイちゃん


ジジが日本に行って、 ちょっと静かになったグリちゃん。

でも八方美人なので、 誰ともうまいこと、 つきあう。

ダイちゃんに優しく、 ベロンベロン。


2003184.jpg
ダイちゃんからお返し、 ベロンベロン。


2003185.jpg
まずい、 友達いないエモン兄が、 邪魔しにきた~。


2003186.jpg
ダイちゃん、 グリの側を離れる。


2003187.jpg
デレデレしてるのを、 見られるのは、 恥ずかしいbyダイチ。


2003188.jpg
グリちゃんは、 誰も嫌わず、 嫌われず、 お得なタイプ。

キョーコちゃんも、 グリが近くで寝るのは、 許してるぐらい。



**


2003181.jpg
ガレージのキョーカの寝床をチェックしている、 カー坊。

結構慣れてきた感があったのに、 昨日今日と現れない。


2003182.jpg
カー坊だけは許してるジローだけど、 カー坊は旅に行っちゃったかもよ。

あんまり皆をいじめて、 キー坊もマミもいじめられて、 夕飯に来れなかった。

ジローのバ〇タ〇!

 

キョーコちゃん運動する


本当はもっとアクティブしたいキョーコなのだが、 動き回ると、 悪い男子が

大体椅子の上で寝ている。


1803182.jpg
乳癌の摘出手術から1年は過ぎているのだが、 今のところ、 いたって元気。

このまま、 何事も起こらないで欲しいと、 切に願う。


1803183.jpg
キョーコの食事量は、 かなり少なくしているし、 キョーコも欲しがらない。

でも体重は実は、 けっこうあるの。


1803184.jpg
運動不足よね。


1803185.jpg
キョーコ デラックス。



**


1803186.jpg
若年寄り、 タク。

相変らず、 ヒョロヒョロ~、 元気、 時々お腹P~。


1803187.jpg
最近はドロボーも減って、 おいしいとこだけ食べる美食家に。

大人になっちゃったのよね~


そこに棚があるからニャ


最近エモンが、 高い棚の上に、 乗るようになってしまった。

もうマイブームといういか、 しょっちゅう登っている。


1603182.jpg
おそらく、 階段の手すりに登って、 そこから飛んでるらしい。


1603183.jpg
バードエモンにしてみれば、 朝飯前か。


1603184.jpg
この棚の上は、 猫の手が届かない唯一の場所だったので、

ちょっと食べ物とか、 触られたくない物を、 置いて置ける唯一の場所だったのに、、


1603185.jpg
もう安全な場所は、 この家にはない。


1603186.jpg
バード アラブ ときどきフィッシュ エモン。

お顔のスミは、 ついたまま。。



ジローのお気に入り/キー坊&マチャル


ボンボンが消えてから登場した猫は、 キー坊の他にもいる。

以前は、 ジローが頭が上がらない猫=ジローの上司と呼んでいたが、

都合上、 カー坊としておこう。

カー坊は、 もう長いこと、 ガレージのジローの置き餌を、 盗み食いしてた。

寄ると逃げるので、 知らん顔してたが、 最近は少し慣れてきたようだ。


1403182.jpg
若猫だが、 眼つきがするどい。

なぜか、 葉っぱとか、 紙くずとか、 いろんなガラクタを運んでくるのが、 好きな奴だ。

鳥の巣づくり?、 あるいは、 盗み食いの代金か??


1403183.jpg
ジローはカー坊には好意的で、  大すきだったボンボンが帰ってきたと、 思ってるのか。。

ガレージの中に入っても、 全然怒らないどころか、 ウエルカムだ。

キー坊が入ると、 怒るくせに。


1403185.jpg
同じ柄かとも思うが、 よっちゃん&マミちゃんは、 執拗に追い払い、

女子が嫌いなのかと思えば、 キョーカに対しては、 ノーアクション。


1403184.jpg
つまるところ、 相性の問題なのか。。

ジローは自分が弱虫だから、 強い猫が好きなのかも。

カー坊が横に居れば、 幸せそう。

でも、 カー坊はガレージ隊見習いにもなっていないから、 毎日は来ないのよね~。


1403186.jpg
去勢が済んで落ち着いて、 ますます優しい顔になったキー坊。

愛想はいまいち。


1403187.jpg
家中のそっくりさん、 マチャル。


1403188.jpg
顔の大きさは違うけど、 チャトラ類でもよく似てる方だと思うわ。


1403189.jpg
夢の中では、 トリプルアクセル。

ロシアからのお呼びは、 ない。



飛行機


昨日ジジの飼い主さまが撮ってくれた、

ジジの乗ってる飛行機が、 日本にたどりついた写真。

とてもかっこいいので、 勝手に使っちゃいました~。

この飛行機のどの辺で、 ジジは、 怖い怖いしてたのかな?

その後ジジは、 無事に飼い主さまのお家に着き、 ご飯も食べて

新しい環境で、 新しい生活の始まりだい。

ジジの日本行きには、 たくさんの方のご協力と応援をいただいた。

ジジ、 頑張れ!


1103182.jpg
うるさいジジがいなくて、 ポォ~っとする、 ダイちゃんと、 グリちゃん。


1103183.jpg
今まで、 ジジとグリの声がいつもうるさかったのは、 2猫でおしゃべりしてたらしい。

独りになったグリちゃん、 すごい無口。

変わらず元気に遊んでいるけど、 口数少なく。。


1103184.jpg
そんな時は、 タク兄。


1103186.jpg
タク兄が、 チチャック捕まえてくれるよって、

窓ガラスの向こうだから、 どうかな?


ジジ達者でな~/ヒタム耳

0903181
ジジは明日朝、 飛行機のって、 ジャパ~ンに、 旅立つ。

ケージを最終確認してたら、 グリちゃんチェックが入った。


0903182
中をのぞくグリちゃんと、 その尻のニホヒをかぐジジ。


0903183
グリ、 怒る。


0903184
グリちゃんに叱られるのも、 最後だね、 ホェ~。


0903185.jpg
ジジが入ったら、 結束バンドで扉があかないよう、 固定すべしは、 エアラインお達し。

失くしたらダメだよ~



**


0903186.jpg
先日の夜中の戦闘で、 耳の中が切れて、 ヤバい感じのヒタム。

鳴きあいの声はでかいが、 取り組んだら、 もうマチャルにかなわないのに、

困ったもんだ。


0903187.jpg
明日ジジを送ってから、 クリニックかな。



ジジ再練習/ざぶざぶキー坊


昨晩、 どうしてもヒタムが部屋に入らないので、 諦めて寝てしまった。

マチャルとヒタムの夜中の闘いの荒野となった、 リビングは、

むしれた毛や、 血痕や、 ゲロゲロや、 なぜかPまであって(誰や?)、

ひどい荒れようだったけど、 たいしたケガ人(猫)もいない様子。



**


最終チェックも終わって、 よいよいのジジに、 思わぬ嫌な知らせが、、
0703181.jpg
なんと、 この3月からペットの輸出の規定が改訂され、 ペットは事前に検疫所に行かないと、

輸出許可書を作らんというのだ、 この渡航72時間前に。

昨日その担当業者が、 「これで、 後は書類を受け取って、 空港に持っていくだけです」

と言ったくせに、  「私も今日、 初めて知りました、 へへへ」 って、 お前。。。

この国のぬるさは、 重々わかっているのだが、、 力抜けるわい。

この担当者とは、メールで50回以上のやりとり、 電話も10回以上かけて、

私としては、 ぬかりのないように、 気をつけてやってきた。

この業者がボケだったのか、 政府機関がボケだったのか、 たぶん両方ともだろうが。。

結局は、 明日、 ジジが検疫に行くことで解決するのだが、 

そんなに何度も連れ出される、 動物の気持ちなど、 考えたことがないだろ。

この手の事は腹を立てても、 何も進まない、 強い心をもって、 対処するしかない。

3月より改訂という事なので、 1週間しかたってない今、 教えてくれてありがとうの心意気。。


0703182.jpg
だから明日は、 検疫に行くのよ、 ジジ、 わかった。


0703183.jpg
幸い、 検疫所は空港の近くで、 ここから近いのが、 ラッキー。



***


昨日退院して、 リリースしたキー坊。

男子猫に多いのだが、 退院する段になって、 ケージに入れて、

車に入れて、 エンジンをかけると、 ザ~と漏らしてしまう。

そこで、 怖さがピークになるのか。。

もう何匹も、 私の車の後部で、 漏らした輩がいるので、 かぐわしいかも。。

家について、 カゴから出したら、 足元ザブザブで、 逃げていった。

さすがに、 夕飯には登場しなかったが、 今朝にはお腹がすいて、 やってきた。
0703185.jpg

ジローが、 ブウブウ言うので、 キー坊はここではゆっくりできないらしい。

やっぱ、 ボンボンのような偉大なセキュリティには、 なれないかな。

とにかく、 キー坊お疲れ様、 もう怖いことないよ。


ジジの最終ヘルスチェック


ジジの日本への渡航の日が迫ってきた。

今日は、 輸出許可書のための、 最終健康診断。


0503182.jpg
体重がやっと3kを超えた、 健康体。

たぶんもうすぐ1歳で、 身体が小さい方だけど、 この先、

エモンのように小型猫になるのか、 マチャルのようにでか猫になるのか、、

まだまだ、 わからないね。


0503183.jpg
ずっと末っ子だったから、 相変らず、 抱っこ抱っこの甘えん坊。


0503184.jpg
グリ姉も、 ジジが居なくなったら、 寂しいかもよ。


0503185.jpg
渡航のリハサールのために、 本番のケージでクリニックへ、 4時間の旅。

ジジがケージの中のハウスに潜るので、 弱い部分を補強してみた。

エアコンがっつりのタクシーの中でも、 中がフカフカで、 寒さは大丈夫。


0503186.jpg
ジジは、 練習は大好きだけど、 本番は、 嫌いらしい。





敗者復活!してやったり~


ふふふ~、 のキー坊。

戻ってきたのが、 運のつき、 オス猫放浪生活とは、 さらばなのジャ~。

戻ってきたキー坊は、 ちょっとキャリーに警戒心が強くなっていたので、 作戦変更,。

幸い、 肩つかみ練習もしてたので、出たとこ勝負ではあるが、

肩つかみ、 ケージは縦型で落とし込む、 以前は良くこうして捕まえていたが、

最近はケガしたくないので、 あまりやってなかった、 に急きょ挑戦。

そしてサクセス!!

あ~、ちょろくて、 良かったよ~。

肩つかみ練習とは、、


0203182.jpg
まずは、 食べてる横にしゃがむ。

慣れてきたら、 食べてる時に、 背中をやさしく撫でてあげる。

夢中で食べてる時は、 結構触れたりするけど、

良い子は、 マネしたらいけませんわ。


0203184.jpg
撫でれるようなら、 両肩をさわる練習。

いきなり持ち上げては、 いけません。

何日も練習して、 危険がないようなら、


0203183.jpg
少し上半身を、 持ち上げてみて、 すぐおろします。

これも、 何日か練習すると、 本番で身体を持ち上げた時に

パニックになりません。


0203185.jpg
そして本番。

捕まえてやるの気を消して、 なごやかな気持ちで、 持ち上げて、

必ずケージは縦型に、 上から落とし込みます。

足でケージの端っこで踏ん張って、 抵抗する子もいますが、

足が地についてなくて怖いので、 両足をやさしくつかんでそろえて、 

ケージに落とし込むと、 成功率が高まりますが、 死闘になることもあるので、

ダメな子は、 1回あきらめた方がいい時もあります。



とにもかくにも、 キー坊を捕まえられて、 良かった。

今日は夕方に食べてしまったので、 去勢手術は、 明日3月3日のひな祭り~です。

めでたいわ。



昔の肩つかみで捕まえた子ら

白三毛 みけピン
あな恐ろしや
チャッキ察知する

チャッキは、 子供の時から見てるので、 チョロいと思ったのに、 何度か失敗した記憶。

思えば、不妊手術した子は、 もう随分たくさん病気や事故で、 亡くなってしまった。

外猫の不妊をすることが、 正しいと今も考えているが、 時々虚しい気もする。

いろいろ限界もあるしね。

キー坊は、 ボンボンの後釜で、 もうたくさんタダ飯食べたからね、 と言い訳にしよう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。