FC2ブログ

かっちん失敗/キョーコ退院


先日、 建物の中に入り込んで、 降りられなくなり救出された、 かっちん。

猫好きおじさんが、 居なければ、 飢え死にしてたかもよ~、 なのだ。

君だったのかぁ!



かっちんは、 登場した時すでに、 少年だった。

頭はデカイのに、 身体が小さく、 怖がりだけど、 人慣れはしてる。

おそらく、 まだ1歳未満だろう。

本日、 去勢の予約済み、 だった。

 
先日、 捕獲ネットで捕まえたので、 ネットは学習しただろうから、 

大人しいのをいいことに、 今朝は、 抱っこして捕まえる。

ほぼ成功してたのに、 オーマイガッ!、 キャリーの扉が、 壊れてて、

中に入れたのに、 脱出される。。

外猫用の2つのキャリーの1つが、 キョーコちゃんといっしょに病院にあって、

ちょっと調子がよろしくない方の、 キャリーだった。

懲りずに、 3回も捕まえて、 3回もキャリーに入れるのだが、

けっこう力もちのかっちん。 完全に扉を閉める前に、 逃げられた。。



かっちんは、 すごくかわいい奴で、 この前捕まえた時も、 足を噛まれたし、

今朝も、 手を噛まれたけど、 手加減してくれるので、 ともに軽傷。

こんないい子ちゃんを、 無理に捕まえて、 恐怖心を覚えさせてはいけないので、

本日は、 非常に残念だが、 あきらめる。

日を、 改めよう。



***


そして、 キョーコちゃん。 

11日間の入院をへて、 やっと退院。

長いよ、 高いよ~。 でも元気だよ~。



淑女?らしく、 ゆったりと、 キャリーから出てきた、 キョーコさま。

記憶が、 よみがえったようです。



猫好きおじさんが、 キョーコちゃんの子供を、 連れてきました。


1408237.jpg
子供は、 母に飛びつくものの、 すっかり忘れたのか~、 覚えてるのか~、

とりあへず叩く、 キョーコ。



留守中のチェックをしながら、 ゆっくりと、 食堂に戻っていきました。

別に食堂の人が、 飼ってるわけではないんですが、、(笑)。

キョーコちゃん、 お疲れさま。



コメント

非公開コメント