期待は全然してなかった


ダイちゃんはもともと、 3軒ほど隣のゴミ箱に独りでいた。 

こうして育ったということは、 母猫もその辺にいたのではないかと思う。

何度かフードを置いてみたが、 まだ小さくて食べれないし、 
人をみると逃げた。

放置すること1月あまり、 通りすがりの荒らし者ハクが登場して、 
何度か道端で餌やりをした。

ダイちゃんはそれを見ていたのか、 ある日恐る恐る家の敷地に侵入。


130717d2.jpg
みすぼらしかったダイちゃんは、 多くは期待されず、 どうせ大食いで、 
でかくなるだろうと、 名前も大(ダイ)と適当につけて、 家の住人となった。


130717d3.jpg
家中でたらふく食べて、 ふかふかベッドで寝て、 皆と遊んでも、

いまだサバイバルしている気分のダイちゃんは、 あまり人には慣れなかった。

おばちゃんの顔すら、 外出して戻ると忘れるのか、、

脳みそ少ない系かなと、、 疑われていた、 ダイちゃん。


130717d6.jpg
でも去勢が済んだ頃から、 キャラがはっきりしてきて、 とても成長。

年上年下猫、 人間との関係、 きちんと立ち振る舞いができるようになった。

加えて、 ツンデレではない、 デレデレのスイートボーイになってきた。


130717d4.jpg
おばちゃんが、 ヨッコイショと座ると、 ちびっこ軍団が集まって、 
そばに寄り添うものだが、 ダイちゃんは更に、 
おばちゃんを捕まえるサービスもできる、 超かわいい奴なのだ。

は~、 思春期反抗期なんて来ないで、
ずっとこんな感じの子でいてくれたらいいのにね。


130717d5.jpg
ダイちゃんは、 最初インドネシア製の目薬さして治らず、
ニュージーランド製のお高い目薬さして、 お目目が、 綺麗になりました。


コメント

非公開コメント