サダの足と隊員見習い


サダの後左足は常に前側に真っすぐになってて、 麻痺しているので、 動かせない。

サダはその足を利用して、 耳をゴシゴシして、 その後、 足を舐めるのはいいのだが、

感覚がないせいからか、 ひどくかじってしまう。

もう長いことそんな感じで、 傷になっていたのだが、 ひどくなってしまったので、

クリニックで化膿止めをもらって、 なるべくかじらないように、 包帯で防御。


1402182.jpg
起きてるうちはいいのだが、 寝ている間にケージの中で取れてしまって、

いまひとつ治りがぱっとしないのです。

本人は痛くもないので、 無関心ですが。



*


1402183.jpg
ボンボンが居なくなって、 サルも来たけど、 外猫もどんどん攻めてくる。

唯一の男子ジローでは、 全くもって、 役にたたないのだ。

その中の1匹、 マチャルにそっくりの、 キー坊。


1402184.jpg
この子はまだ若くて、 ボンボンが居た頃は、 外でよっちゃんやマミの尻を追いかけていた。

ボンボンが居なくなったので、 ご飯もここで食べるようになってしまった子だ。

綺麗な子なので、 子供のころは、 人にご飯をもらっていたと想像される。

もう少し慣れさせて、 うまくいけば、 去勢してあげたい。


1402185.jpg
おい、 キー坊、 お前大食いだね。

ここの飯は、 タ〇タ〇と引き換えだって、 教えてあげるよ~ン。



コメント

非公開コメント