FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絨毯の裏側

1209141
思えば、 この絨毯、 8年は、 使ってる。


1209141
ワタルとフミちゃんと、 同い年。


1209141
いや、 時には、 洗濯にだしたり、 自前でこすったり、 してるが、


1209141
フレーメン、 ですね。。



外ニャン無事にリリースしました。
カメラ持っていったけど、眼をあわせられなくて、撮りませんでした。
明日はごはん食べに来てくれるか心配ですが、信じましょう。

リリースは本当は朝か夕方が良いとは思ってたのですが、病院の時間や交通事情で昼間にしました。
案の定、人や車の通りが多くて、夕方まで車にのせておこうか悩んだのですが、キャリーに閉じ込めておくのもかわいそうなので、人々に訳分からん言い訳を言いながら、変な外人に徹しました。
途中、店から中国系おばちゃんが出てきて、「小さい犬が欲しいのよ」とか注文を受けたりして(苦笑)、逃げてきました。

人慣れしてない外猫をTNRするには、ここでは日本と違う問題があります。
まず、捕獲器の類はおそらく置いたとたん人間に持ってかれるので、捕まえるのが難しい。
ドクターの言ってた魚網は、テクニックはもちろん、その長い網を人々の目の前で振りかざす、勇気が(笑)、ちと必要です。
外人=お金持ちが、何かしていると集まる野次馬や、人目は避けられない人口密度。
そんな事情から、現地の猫ボラさんは小さいうちに家にかくまって、結果、ウン10匹の大所帯になることが多いです。地域猫というのは、まだ難しいのかもしれません。

まあでも、もう1匹の仔猫はなんとかトライしてみたいと思います。
毎朝挨拶してくれるセキュリティのおじさんは猫好きなので、救われます。
それに今回使った病院のドクターも好意的で、いろいろとアドバイスをくれました。
毎朝怪しいお散歩に行くおばちゃんを黙認する家の猫sもあわせて、感謝、感謝。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。