もぐりもぐり

1202181
ケージの上の敷物が、 怪しく盛り上がっていると思ったら、


1202182
キャ~、 怪獣出没!?


1202183
ではなく、 ジジが、 潜っていました。


1202184.jpg
ジジは、 このす巻き遊びが、 結構お気に入り。


1202185.jpg
ジジが飛行機乗る時のキャリーの中に、 潜れるハウスを手作り。

 
1202186.jpg
ちょっと不格好な桃ハウスだけど、 どうよ、 入ってみい~。


1202187.jpg
ハイ練習、 おしまい。



みっちり

風邪をひきまして、 しかも日本からの輸入風邪、 イェ~い!

だるいので、 お昼寝をしましたら、 気温が低いのもあいまって、

身動きとれない状態に。



咳の一つもしようものなら、 皆ににらまれるという、 不条理な現象が。。



*


0702181.jpg
エモンとダイちゃんが向き合って寝ていたら、 グリちゃんが真ん中に入り込んで、 ぬくぬく。


0702182.jpg
だんだんと、 寝乱れて、


0702183.jpg
エモンはグリちゃんの、 尻に、 ぴったし。


0702184.jpg
幸せだね、 エモン。


お便利グッズと不便な台所


先日の猫友来イで、 持ってきてもらった、  もう一つの品、

爪とぎホルダー。

とってもシンプル、 爪とぎの上下を、 固定するだけ。

壁には取り付けられないけどね。


0402182.jpg
爪とぎもこうして、 立ち上がって使う方が、 楽し気。


0402183.jpg
ジジも挑戦。


0402184.jpg
お姉ちゃんグリに、 なめてもらって、 超しあわせだけど、 たいていの場合、、


0402185.jpg
その体制で、 プロレスに、 なだれ込む。



*


午後4時30分(家中猫の夕飯は4時45分)
0402186.jpg
使い勝手の悪い台所。


0402187.jpg
全ての動線は、 ブロックされた。。



サルの襲来


ただならぬ気配を感じて、 振り返ってみると、 2匹のサルが、 ケーブルをつたって

屋根から降りてくるところだった、 ゲゲ。


0302182.jpg
少し離れたところに、 自然保護地区があって、 野生のサルがいるのだが、

アホな人間がおもしろがって、 餌付けをしたので、 今やその近辺はサルだらけ。

おそらく迷って、 ここまで来てしまったのだろう。


0302183.jpg
サルは人間は全然怖くなくて、 可愛い顔して、 食べ物をねだって、 寄ってくる。

とはいえ、 野生のサル、 怖いので、 竹ぼうきで応戦。


0302184.jpg
別に猫の餌が欲しいわけでは、 ないようだ。


0302185.jpg
大きさは、 ジローぐらい。

尻尾が長いね。


0302186.jpg
よっちゃんは、 一目散に逃げていったけど、 マミは、 意外と平気。


0302187.jpg
キョーカは、 猫には強いけど、 サルは怖かったようだ。


ここにサルが来たのは、3回目。
危険なので取り押さえたのか、今日は来なかった。
山に帰っておくれ~。



旅の途中


ボンボンのお茶碗は、 青色で、 ボンボンブルーと、 呼んでいた。

近所の人の話では、 ボンボンは先日、 大きくて狂暴な犬に背中を噛まれて、

それから、 戻ってこない。

あの木の下、 そのくぼみに、 うずくまっていたという情報もあったが、

探せど探せど、 ボンボンは消えてしまったようだ。


0202182.jpg
ボンボンが、 悪猫イカンと大ゲンカしながら登場して、 ほぼ2年。

去勢してからのボンボンは、 猫の鏡で、 働きもので、 愛嬌もふりまいてくれた。


0202183.jpg

ボンボンは、 外敵が来れば追い払い、 先住とはケンカせず、

不思議なくらいどの子でも、 ボンボンが好きで、 ボンボンの側にいた。

猫だけじゃなくて、 遊び好きで、 抱っこ好きなボンボンは、 人間も大好き。


0202184.jpg
最近は、 耳の病気のせいで、 顔が傾いてはいたが、 まだ食欲も旺盛で

セキュリティ業務もおこたりなく、 いつもガレージの子らを守っていた。


0202185.jpg
ボンボン、 ずっとここに居て欲しかった。

だけど、 寄ってくれてありがとう。

また来てね、 いつでもいいから、 また来てね。